Workplaceの新機能
2019年10月

最新のWorkplace製品発表と機能のリリースについて一挙にご紹介します。

10月はWorkplaceにとって重要な月です。毎年恒例のカンファレンス「Flow」を開催し、新機能を発表します。その多くはすでに皆さまにご利用いただいているものです。以下は、まもなく開催予定のFlowで発表されるWorkplaceの新機能の紹介と、製品アップデートのまとめです。

社員同士の評価を促すお礼機能が登場

社員同士の評価を促すお礼機能が登場

社員の評価は、社員間の交流に欠かせない要素です。ですが、それを大規模に、目に見える形で瞬時に行うのは困難です。お礼機能を使用すると、成果をあげた業務に対する360度評価をその人のタイムラインで直接行うことができるため、社員同士で有意義な取り組みをアピールできます。

同僚に対し、最近の取引の成功や最新のプロジェクトにおけるリーダーシップに感謝を伝えたい場合には、組織内の人にありがとうを送信し、同時にその人の上司にも知らせることができます。これには、感謝を伝える同僚のプロフィールページにアクセスし、カバー写真の下にある[ありがとうを送信]ボタンをクリックします。

Workplaceの評価を通じて社員間の交流を促す方法についてはこちらをご覧ください。

お礼機能で社員同士の評価を促す

お礼機能で同僚を評価しましょう

Workplaceでカスタムステータスを設定

Workplaceでカスタムステータスを設定

ミーティング中でも、作業に集中する時間を確保する際でも、太陽のもとで過ごす休暇中であっても、Workplaceでカスタムステータスを設定し、同僚に自分が今何をしているのかや、「通知をミュート」モードなのかどうかを知らせることができるようになりました。

Workplaceでは、お好みの絵文字を組み合わせてカスタムステータスを設定できます。ウェブの場合は、画面の左下にある笑顔のアイコンをクリックします。モバイルの場合は、Workplaceチャットアプリにアクセスし、プロフィール写真をタップしてから[ステータスを設定]をタップします。その後、絵文字を設定し、ステータスを入力して、そのステータスに設定しておく期間を指定します。[通知をミュート]をオンにして、お知らせを受信しないようにすることもできます。

カスタムステータスを設定する

カスタムステータスを設定して、同僚に自分が今何をしているのかを知らせましょう。

すべてのファイルのファイルビューアーと注釈が一新

すべてのファイルのファイルビューアーと注釈が一新

Workplaceでは先月、ファイルビューアーのデザインを一新し、高精度のプレビュー機能とWorkplace投稿から直接注釈を付けることができる機能を追加しました。この新しいファイルビューアーと注釈機能は、Workplaceのすべての主要なファイルタイプで利用できます。

投稿にファイルが添付されると、Workplaceには自動的に新しいビューアーが表示されます。ビューアーをクリックすると、移動も簡単なリッチプレビューが表示されます。注釈を追加するには、[新しいコメントを付ける]をクリックし、ファイルの任意の場所をクリックして注釈を付けます。注釈はファイル内と投稿のコメントスレッド内にテキストで表示されるため、すぐに見つけることができます。注釈はウェブでのみ追加できます。ただし、Workplaceモバイルアプリではコメントとして表示されます。

アンケートの新機能

アンケートの新機能

Workplaceではアンケートの回答率を上げるため、2つの新機能をリリースしました。1つめは任意質問です。回答者が[任意質問]のチェックボックスを使ってスキップできる質問を、管理者がアンケート作成プロセスで指定できるようになりました。

さらに、2種類の新しいリマインダー機能もリリースしました。「1時間後」や「明日」といったオプション付きの「リマインダーを送信」アクションが追加され、利用者が独自のリマインダーを設定できるようになりました。また、回答者がアンケートの入力もリマインダーの設定も完了していない場合には、最初にアンケートへの招待が送信されてから24時間後に、Workplaceからフォローアップのメッセージが送信されるようになりました。詳しくは、ヘルプセンターの記事をご覧ください。

アンケートの新機能

アンケートに任意質問と2種類の新しいリマインダー機能が追加されました。

既読を表示する機能がグループの規模を問わず利用可能に

既読を表示する機能がグループの規模を問わず利用可能に

既読は、どのくらいの人が投稿を見たかを把握するうえで便利な方法です。このたび、規模を問わずすべてのグループの投稿に既読が表示されるようになりました。

なお、2019年9月20日より前の投稿については従来の制限が引き続き適用され、既読が表示されるのはメンバーが9,000人未満のグループのみです。今後、グループページ内のすべての投稿に既読が表示されるよう取り組んでいきます。

Flowでのその他の最新情報

Flowでのその他の最新情報

ここまでに紹介した情報に加えて、近日予定されているその他の製品改良について以下でご紹介します。これらはすべて「人と人がつながる会社にはなぜ未来が宿るのか」というFlowのテーマに関わるものです。

フロントラインワーカーをつなぐ

Workplaceの効果は、組織全体ですべての人をつなぐ点にあります。これにはナレッジワーカーのみならず、フロントラインワーカーも含まれます。

  • 学習・研修は、グループ管理者が簡単に情報をまとめ、整理し、グループメンバーに共有するうえで役立ちます。最高のコーヒーを入れる方法から工場の安全性を高める方法まで、さまざまな情報に利用できます(今年中にリリース)。
  • 目標は、チームが短期的な目標を設定し、その目標達成に向けて取り組むうえで役立ちます。誰よりも手際よくピザを作れる人や、新商品のコスメを最も多く販売した人を見つけるためにも利用できます(今年中にリリース)。

新しい動画ツールで利用者を支援する

最初のステップは、人と人をつなぐことです。それに加えて、情報を活用できるようにする必要があります。動画はWorkplaceにおいて最も効果の高い機能の1つです。

  • 自動動画キャプションを使用すると、Workplaceにアップロードした動画に簡単にキャプションを追加でき、リーチとエンゲージメントが向上します。利用者は音声のみで動画を再生するか、キャプションを表示して再生するかを選択できます。この機能はすでにリリースされています。
  • エンタープライズLiveストリーミングでは、動画の画質を保ち、組織のネットワークを保護しながら、多数の利用者がWorkplaceで動画を再生できます(対象はWorkplaceエンタープライズのみ、提供状況については営業担当者にお問い合わせください)。
  • Workplace on Portalは、生活者向けのサービスにWorkplaceの全機能と安全性を取り入れており、利用者は同僚とつながり、相手が本当にそこにいるように感じることができます(今年中にリリース)。

組織の社員間のソリューションについて詳しくお知りになりたい場合は、Workplaceチームにお問い合わせください。Workplace on Portalは今年中にご利用いただけるようになります。こちらからご登録ください。

効果を測定する

組織の全員がつながったら、次のステップはその効果を測定することです。

  • インサイトには、管理者のレポートデータの切り取り、組織がどの程度つながっているかの把握、頻繁にアクションを実行している利用者の特定、投稿レベルでのエンゲージメントの収集などに役立つ多くの新しい手段があります(今年中にリリース)。


他のニュース