アカウントのライフサイクル

組織のメンバーにアカウントを要求するよう依頼するプロセスについて理解します。

概要

コミュニティのメンバーのWorkplaceアカウントをプロビジョニングしたら、Workplaceの使用を開始できるようアカウントを要求するようメンバーを招待します。このガイドでは、アカウントを要求するよう利用者を招待するプロセスについて説明します。

定義

  • プロビジョニング: Workplaceインスタンスにユーザーアカウントを作成するには
    詳細は、「アカウント管理」セクションをご覧ください。
  • 招待: プロビジョニングされた利用者にアカウントの要求を許可するには
    詳細は、「招待プロセスについて」セクションをご覧ください。
  • 要求: 招待された利用者が自分のWorkplaceのアカウントをアクティブ化するプロセスです。
    詳細は、「要求プロセスについて」セクションをご覧ください。

招待とプロビジョニング

招待済みのメンバーと未招待のメンバーのステータスが分かれているため、Workplaceの管理者は事前にプロビジョニングを行い、準備が整ってからメンバーを招待できます。Workplaceの管理者はグループを作成し、そのグループにメンバーを追加して、コミュニティを設定できます。その後、管理者は参加するよう利用者を招待できます。こうすれば、Workplaceインスタンスに招待された時点で、利用者は関連グループのメンバーになります。