日本語
ログイン
ホーム
ホーム
はじめに
たったの5週間で社内のつながりを強化できます。
Workplaceを選ぶ
Workplaceが貴社に適している理由をすべてご覧ください。
ソリューション
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
顧客事例
ビジネスの最重要課題をWorkplaceで解決した組織の事例をご覧ください。
Workplaceの利点
Workplaceの利点馴染みのある使用感、モバイル対応、セキュリティ、統合性、そして全社をつなぐ機能。他に選択肢はありません。
ダイバーシティとインクルージョン
社員1人1人が尊重され、注目され、自分の意見に耳を傾けてもらえていると感じられるようにすることで、微力ながらも世界をより良くできるよう取り組んでいます。
未来の働き方
Metaのハードウェアとソフトウェアのソリューションにより、メタバースの実現に向けた第一歩を踏み出す方法をご紹介します。
Workplaceを利用するメリット
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
ビジネスコミュニケーション
使いやすいツールで、大切なメッセージを見逃さず、イントラネットを感動的なものにします。
社員のエンゲージメント
電子メールではなく、社員一人ひとりの声が聞こえてくるような、より魅力的な全社的な会話を実現します。
文化の強化
誰もが最高の自分自身になれるようにすることで、文化の強化に真剣に取り組む姿勢を示すことができます。
つながる
メールアドレスを持っていない人でも、Workplaceを使えば組織全体の連携を深めることができます。
フロントラインワーカー
フロントラインマネージャの61%は、本社とのコミュニケーションが分断されていると答えています。Workplaceが、その解消をお手伝いします。
リモートワークとハイブリッドワーク
Workplaceは、在宅勤務でもオフィス勤務でも、社員と企業文化のつながりを保ちます。
すべて見る
形態や規模によらず、さまざまな組織がWorkplaceで競争力を獲得しています。気になる事例を見つけましょう。
ポッドキャスト
パイオニアポッドキャストでは、すばらしい成功事例を聞くことができます。
ニュース
Vodafone、ハイブリッドな勤務環境に架け橋を築くWorkplaceとのパートナーシップを更新
ブログ
これからの働き方に備えて、重要なビジネストピックに関する記事、インサイト、インタビューをご覧ください。
未来の働き方
メタバースで働き方はどう変わるのでしょうか。Infinite Officeとはどのようなものでしょうか?早速詳しく見てみましょう。
ビジネスコミュニケーション
組織の隅々にまで声を届け、1人1人の声を聞く方法(とそれが必要な理由)を確認しましょう。
社員のエンゲージメント
社員とのつながりを強める方法をお探しですか?仕事にさらなる意義を持たせ、社員に目的意識を与える方法をご紹介します。
リーダーシップ
テクノロジーを取り巻く環境が変化している今、経営幹部はどのような舵取りをするべきでしょうか?そして、より良いリーダーになる方法とは?こちらでご確認ください。
文化を強化する
文化とは何でしょうか?本当の価値を築くにはどのような方法があり、なぜ文化はそれほど重要なのでしょうか?こちらでご確認ください。
リモートワーク
リモートワークも重要ですが、ハイブリッドの重要性はその上を行きます。では、新しい勤務環境で社員同士のつながりを保つにはどうすればよいのでしょうか?
チームのコラボレーション
パフォーマンスの高いチームと、コラボレーションの文化を築くために本当に必要なものは何なのでしょうか?
生産性
生産性とは何か、生産性をどう測るか、ビジネスにどのような効果があるかについて、みてみましょう。
技術リソースセンター
Workplaceの設定方法やドメインの管理方法、またその他の技術的な問題のヒントをご覧ください。
カスタマーリソースセンター
Workplaceの導入後、次に何をすべきか迷っている方のために、必要な情報をこちらにまとめました。
技術リソース
Workplaceの導入にITの専門知識は不要ですが、こちらにIT技術者向けのリソースをまとめました。
詳細情報ハブ
こちらのリソースハブを利用し、Workplaceでよく使われている機能をマスターして新しい働き方に対応しましょう。
ヘルプセンター
詳しい説明や、よくある質問への回答を確認できます。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
Workplaceの利用を始める
役立つチュートリアルから詳細なローンチガイドやツールキットまで、迅速で簡単なローンチに必要なすべてのリソースを入手できます。
ビジネスコミュニケーション
情報ライブラリの立ち上げから、会社のニュースの共有まで、Workplaceでビジネスコミュニケーションを強化するために必要なトレーニングやガイダンスがすべて揃っています。
社員のエンゲージメント
これらのガイドを参考に、チームと仕事、そして組織の間に真のつながりを生み出しましょう。
文化の強化
仕事を背後から支えている人々を称えることで組織の文化を強化し、Workplaceで真のコミュニティを築きましょう。
設定ガイド
ドメインの追加やユーザーの招待など、Workplaceの設定時に必要な手順を説明したガイドです。
ドメインの管理
ドメインの管理が重要な理由と管理を適切に行う方法を説明します。
Workplace統合
すべてのツールを統合する方法をご紹介します。必要なものが見つからない場合は、カスタム統合の開発方法を確認しましょう。
アカウント管理
ユーザーアカウントの作成、管理、停止を行って、Workplaceを最新の状態に保ちましょう。
認証
現在利用中のアイデンティティソリューションを統合して、適切なユーザーにのみアクセス許可を割り当てましょう。
IT設定
ネットワーク、メールアドレスのホワイトリスト、ドメインに関する情報を使って、Workplaceのスムーズな運用を維持する方法をご紹介します。
アカウントのライフサイクル
組織のメンバーを招待してアカウントを取得してもらうプロセスを理解しましょう。
セキュリティとガバナンス
ユーザーと情報の安全を確保するためのWorkplaceのしくみについて、重要な情報を確認できます。追加で技術用語についても説明しています。
Workplace API
弊社のAPIを使用して、カスタムソリューションを自動化してWorkplaceと統合する方法を説明します。
ライブ動画のリソース
ライブ動画で全社ミーティングを変えませんか?ライブ動画に関するアドバイス、ガイド、実用的なインサイトをこちらにまとめました。
情報ライブラリのリソース
イントラネットからもう少しヒントになる情報が得られればと考えている場合は、こちらのリソースを使って情報ライブラリの利用を始めましょう。
従業員体験
帰属意識の高い文化の構築を開始しましょう。Workplaceは従業員体験の戦略を推進するうえで役立ちます。
利用の開始
Workplaceの運用開始から支払いまで、導入開始にあたっての重要な手順を説明します。
Workplaceの活用
Workplaceの隠れた可能性について説明した、主要な機能に関するアドバイスと情報をご覧ください。
Workplaceの管理
コンテンツ、データ、社員の管理について具体的な質問がある場合は、こちらからお問い合わせください。
ITと開発者のサポート
セキュリティや統合などについてより技術的な質問への回答が必要な場合は、こちらをご覧ください。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
お問い合わせはこちら
Workplaceアカウントで役立つリソースこのフォームに必要事項を入力すると、適切な回答をカスタマーサポートから受けられます。
セキュリティ
    Workplace for Good
      はじめに
        インタラクティブなデモ
          料金プラン
            ForresterによるROI調査
              イベントとオンラインセミナー
                eブックとガイド
                  ニュースルーム
                    パートナーになる
                      サービスパートナー・再販パートナー
                        統合パートナー
                          Workplaceアカデミー
                            顧客コミュニティ
                              Workplaceの新機能
                                日本語

                                セキュリティとガバナンス

                                組織のアカウントを管理・保護する方法を説明します。

                                内容

                                概要

                                概要

                                Workplaceは、Workplaceを使用するすべての人に安全なコミュニティを提供することをその使命の中心に置いています。Workplaceのアカウント情報のセキュリティを維持することは、弊社の最優先事項です。

                                セキュリティ上の問題があるアカウントの認証情報

                                セキュリティ上の問題があるアカウントの認証情報

                                Workplaceでは、アカウントがセキュリティリスクにさらされていることが疑われる場合、コミュニティの管理者に表示されます。データ漏えいのあったFacebook/Workplace以外のサービスでパスワードが使用されていたアカウントには「要注意」マークが表示されます。

                                Workplaceアカウントにセキュリティ上の問題があると、攻撃者がWorkplaceのコミュニティにアクセスできてしまう可能性があります。そのため管理者の皆さまには、影響を受けるユーザーのパスワードを強制的にリセットするか、アカウントを無効にすることをおすすめします。

                                セキュリティ上の問題があるユーザーアカウントを特定するにはどうすればよいですか。

                                セキュリティ上の問題が検出されたことを通知するプロンプトが表示される場合や、[セキュリティ]タブのダッシュボードに問題があるアカウントが表示される場合は、コミュニティの一部のユーザーアカウントのWorkplaceパスワードにセキュリティ上の問題がある可能性があります。ハッカーがその情報をWorkplaceコミュニティへのアクセスに利用するおそれが少しでもある場合は、ユーザーのアカウントを停止するかパスワードを強制的にリセットすることをおすすめします。

                                セキュリティ上の問題があるアカウントを特定するには:

                                1
                                [管理者用パネル]を開きます。

                                2
                                [セキュリティ]をクリックします。

                                3
                                [ダッシュボード]タブに移動し、[セキュリティ上の問題があるアカウント]の概要を表示します。

                                4
                                [表示]をクリックして、影響を受けるユーザーを確認します。

                                セキュリティ上の問題があるアカウントは赤色で強調表示され、[ユーザー]パネルに[セキュリティ上の問題があるアカウント]というラベルが付きます。ユーザーアカウントを停止したり、パスワードを強制的にリセットしたりするには、セキュリティ上の問題があるアカウントの横をクリックし、[ユーザーのアカウント停止]または[パスワードを強制的にリセット]を選択します。

                                二段階認証(2FA)

                                二段階認証(2FA)

                                二段階認証(2FA)は、自分だけがアクセスできる識別情報の入力が追加で必要となる特別なセキュリティチェックです。通常は、ユーザーがユーザーネームとパスワードを入力した時点で入力を要求されます。

                                Workplaceで2FAを有効にしているユーザーは、新しいデバイスからWorkplaceまたはアプリにログインしようとするたびに、この追加の識別情報を入力するよう求められます。識別情報を入力すると、同じデバイスからログインするたびにこのプロセスを繰り返さずに済むよう、デバイスの情報をアカウントに保存するオプションを選択できるようになります。

                                これには2つの設定オプションがあります。どちらの場合も、Workplaceの認証方法をパスワードに設定する必要があります。

                                • 管理者は、すべてのユーザーまたは選択したユーザーのグループに2FAを設定できます。
                                • ユーザーは、自分のアカウントで2FAを有効にすることができます。

                                どちらの場合も、使用する2FAの方法をQRコードとSMSからユーザーが選択します。

                                ?
                                ユーザーが認証方法をシングルサインオン(SSO)に設定している場合、会社はSSOレベルの2FAを設定する必要があります。Workplaceをスタンドアローンの2FAプロバイダーとして使用することはできません。
                                管理者が2FAをオンにする

                                管理者が2FAをオンにする

                                すべてのユーザーまたは選択したユーザーの2FAをオンにするには:

                                1
                                管理者用パネルで[セキュリティ]を選択し、[その他]ドロップダウンボックスをクリックして、[二段階認証]を選択します。

                                2
                                [二段階認証を必須にする]スライダーをオンの位置に動かします。

                                3
                                [必須化する対象を選択]ドロップダウンで、2FAの使用が必要なユーザーグループを選択します。選択したすべてのユーザーの認証タイプが[パスワード]に設定されている必要があります。

                                4
                                このユーザーグループで2FAを開始する日付を設定します。

                                5
                                [変更を保存]をクリックします。

                                対象となる社員のフィードに、2FAを設定するよう促す通知が表示されます。「ユーザーが2FAをオンにする」の手順に従って、2FAを設定することができます。

                                ユーザーが開始日までに2FAを設定していないと、次のようなロック画面が表示され、2FAを有効にするように求められます。

                                ユーザーが2FAをオンにする

                                ユーザーが2FAをオンにする

                                リクエストに応じて、または自分自身で使用するために2FAをオンにするには:

                                1
                                Workplaceにログインします。

                                2
                                画面左下のプロフィール写真をクリックし、[設定]を選択します。

                                3
                                [セキュリティとログイン]をクリックします。

                                4
                                下へスクロールし、[二段階認証を使用]の行の[編集]をクリックします。[セキュリティの強化方法を選択]で、方法を選ぶよう求められます(パスワードの再入力を求められることもあります)。

                                5
                                [認証アプリを使用]または[SMSを使用]を選択します。
                                • 認証アプリ(DuoやGoogle認証システムなど)を選択すると、QRコード(および英数字コード)が表示されます。これを認証アプリに入力します。
                                • SMSを選択すると、[電話番号を追加]ダイアログボックスが表示されます。電話番号を入力し、SMS経由で届いた認証コードを入力してその番号の所有者であることを認証します。
                                ログインの失敗を確認する

                                ログインの失敗を確認する

                                管理者は、過去7日間にWorkplaceアカウントに登録されたログインの失敗の概要を確認できます。これは、組織内の疑わしいパターンを特定するのに役立ちます。

                                ログインの失敗の概要を表示するには:

                                1
                                [管理者用パネル]を開きます。

                                2
                                [セキュリティ]をクリックします。

                                3
                                [ダッシュボード]タブに移動し、[過去7日間のログイン失敗]の概要を表示します。

                                4
                                詳細を調査するイベントを選択し、[表示]をクリックして、関連するセキュリティログを確認します。