日本語
ログイン
ホーム
ホーム
はじめに
たったの5週間で社内のつながりを強化できます。
Workplaceを選ぶ
Workplaceが貴社に適している理由をすべてご覧ください。
ソリューション
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
顧客事例
ビジネスの最重要課題をWorkplaceで解決した組織の事例をご覧ください。
Workplaceの利点
Workplaceの利点馴染みのある使用感、モバイル対応、セキュリティ、統合性、そして全社をつなぐ機能。他に選択肢はありません。
ダイバーシティとインクルージョン
社員1人1人が尊重され、注目され、自分の意見に耳を傾けてもらえていると感じられるようにすることで、微力ながらも世界をより良くできるよう取り組んでいます。
未来の働き方
Metaのハードウェアとソフトウェアのソリューションにより、メタバースの実現に向けた第一歩を踏み出す方法をご紹介します。
Workplaceを利用するメリット
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
ビジネスコミュニケーション
使いやすいツールで、大切なメッセージを見逃さず、イントラネットを感動的なものにします。
社員のエンゲージメント
電子メールではなく、社員一人ひとりの声が聞こえてくるような、より魅力的な全社的な会話を実現します。
文化の強化
誰もが最高の自分自身になれるようにすることで、文化の強化に真剣に取り組む姿勢を示すことができます。
つながる
メールアドレスを持っていない人でも、Workplaceを使えば組織全体の連携を深めることができます。
フロントラインワーカー
フロントラインマネージャの61%は、本社とのコミュニケーションが分断されていると答えています。Workplaceが、その解消をお手伝いします。
リモートワークとハイブリッドワーク
Workplaceは、在宅勤務でもオフィス勤務でも、社員と企業文化のつながりを保ちます。
すべて見る
形態や規模によらず、さまざまな組織がWorkplaceで競争力を獲得しています。気になる事例を見つけましょう。
ポッドキャスト
パイオニアポッドキャストでは、すばらしい成功事例を聞くことができます。
ニュース
Vodafone、ハイブリッドな勤務環境に架け橋を築くWorkplaceとのパートナーシップを更新
ブログ
これからの働き方に備えて、重要なビジネストピックに関する記事、インサイト、インタビューをご覧ください。
未来の働き方
メタバースで働き方はどう変わるのでしょうか。Infinite Officeとはどのようなものでしょうか?早速詳しく見てみましょう。
ビジネスコミュニケーション
組織の隅々にまで声を届け、1人1人の声を聞く方法(とそれが必要な理由)を確認しましょう。
社員のエンゲージメント
社員とのつながりを強める方法をお探しですか?仕事にさらなる意義を持たせ、社員に目的意識を与える方法をご紹介します。
リーダーシップ
テクノロジーを取り巻く環境が変化している今、経営幹部はどのような舵取りをするべきでしょうか?そして、より良いリーダーになる方法とは?こちらでご確認ください。
文化を強化する
文化とは何でしょうか?本当の価値を築くにはどのような方法があり、なぜ文化はそれほど重要なのでしょうか?こちらでご確認ください。
リモートワーク
リモートワークも重要ですが、ハイブリッドの重要性はその上を行きます。では、新しい勤務環境で社員同士のつながりを保つにはどうすればよいのでしょうか?
チームのコラボレーション
パフォーマンスの高いチームと、コラボレーションの文化を築くために本当に必要なものは何なのでしょうか?
生産性
生産性とは何か、生産性をどう測るか、ビジネスにどのような効果があるかについて、みてみましょう。
技術リソースセンター
Workplaceの設定方法やドメインの管理方法、またその他の技術的な問題のヒントをご覧ください。
カスタマーリソースセンター
Workplaceの導入後、次に何をすべきか迷っている方のために、必要な情報をこちらにまとめました。
技術リソース
Workplaceの導入にITの専門知識は不要ですが、こちらにIT技術者向けのリソースをまとめました。
詳細情報ハブ
こちらのリソースハブを利用し、Workplaceでよく使われている機能をマスターして新しい働き方に対応しましょう。
ヘルプセンター
詳しい説明や、よくある質問への回答を確認できます。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
Workplaceの利用を始める
役立つチュートリアルから詳細なローンチガイドやツールキットまで、迅速で簡単なローンチに必要なすべてのリソースを入手できます。
ビジネスコミュニケーション
情報ライブラリの立ち上げから、会社のニュースの共有まで、Workplaceでビジネスコミュニケーションを強化するために必要なトレーニングやガイダンスがすべて揃っています。
社員のエンゲージメント
これらのガイドを参考に、チームと仕事、そして組織の間に真のつながりを生み出しましょう。
文化の強化
仕事を背後から支えている人々を称えることで組織の文化を強化し、Workplaceで真のコミュニティを築きましょう。
設定ガイド
ドメインの追加やユーザーの招待など、Workplaceの設定時に必要な手順を説明したガイドです。
ドメインの管理
ドメインの管理が重要な理由と管理を適切に行う方法を説明します。
Workplace統合
すべてのツールを統合する方法をご紹介します。必要なものが見つからない場合は、カスタム統合の開発方法を確認しましょう。
アカウント管理
ユーザーアカウントの作成、管理、停止を行って、Workplaceを最新の状態に保ちましょう。
認証
現在利用中のアイデンティティソリューションを統合して、適切なユーザーにのみアクセス許可を割り当てましょう。
IT設定
ネットワーク、メールアドレスのホワイトリスト、ドメインに関する情報を使って、Workplaceのスムーズな運用を維持する方法をご紹介します。
アカウントのライフサイクル
組織のメンバーを招待してアカウントを取得してもらうプロセスを理解しましょう。
セキュリティとガバナンス
ユーザーと情報の安全を確保するためのWorkplaceのしくみについて、重要な情報を確認できます。追加で技術用語についても説明しています。
Workplace API
弊社のAPIを使用して、カスタムソリューションを自動化してWorkplaceと統合する方法を説明します。
ライブ動画のリソース
ライブ動画で全社ミーティングを変えませんか?ライブ動画に関するアドバイス、ガイド、実用的なインサイトをこちらにまとめました。
情報ライブラリのリソース
イントラネットからもう少しヒントになる情報が得られればと考えている場合は、こちらのリソースを使って情報ライブラリの利用を始めましょう。
従業員体験
帰属意識の高い文化の構築を開始しましょう。Workplaceは従業員体験の戦略を推進するうえで役立ちます。
利用の開始
Workplaceの運用開始から支払いまで、導入開始にあたっての重要な手順を説明します。
Workplaceの活用
Workplaceの隠れた可能性について説明した、主要な機能に関するアドバイスと情報をご覧ください。
Workplaceの管理
コンテンツ、データ、社員の管理について具体的な質問がある場合は、こちらからお問い合わせください。
ITと開発者のサポート
セキュリティや統合などについてより技術的な質問への回答が必要な場合は、こちらをご覧ください。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
お問い合わせはこちら
Workplaceアカウントで役立つリソースこのフォームに必要事項を入力すると、適切な回答をカスタマーサポートから受けられます。
セキュリティ
    Workplace for Good
      はじめに
        インタラクティブなデモ
          料金プラン
            ForresterによるROI調査
              イベントとオンラインセミナー
                eブックとガイド
                  ニュースルーム
                    パートナーになる
                      サービスパートナー・再販パートナー
                        統合パートナー
                          Workplaceアカデミー
                            顧客コミュニティ
                              Workplaceの新機能
                                日本語

                                セキュリティとガバナンス

                                組織のアカウントを管理・保護する方法を説明します。

                                概要

                                概要

                                このセクションでは、モバイルアプリの展開について説明し、Workplaceのモバイルセキュリティ機能を使用して組織の人員とデータを保護するためのガイダンスを提供します。

                                Workplaceのモバイルセキュリティ

                                Workplaceのモバイルセキュリティ

                                iOS版とAndroid版のWorkplaceアプリにはセキュリティ機能が搭載されており、組織が追加のセキュリティチェックを適用したり、アプリからの情報のコピーや削除を制限したりするオプションがあります。こうした制限によって、特に会社のデバイスではなく個人のデバイスでWorkplaceにアクセスするような場合に、会社の機密コンテンツを隔離することができ、セキュリティがさらに強化されます。

                                Workplaceアプリは、生体認証による再認証(applock)の要求、コピー・ペーストの制限、ダウンロードの制限、スクリーンショットや画面録画のブロックなどのネイティブ機能を備えています。

                                展開アプローチ

                                展開アプローチ

                                Workplaceアプリのこのような制限を管理するには、2つの独立した方法があります。

                                多くの組織では、モバイルデバイスの一部またはすべてを管理するのにセキュリティプラットフォームを利用しています。このようなプラットフォームは、エンタープライズモビリティ管理(EMM)、モバイルデバイス管理(MDM)、統合エンドポイント管理(UEM)など、さまざまな名称で知られています。社員のデバイスがこれらのプラットフォームのいずれかに登録されていれば、これらのプラットフォームによるWorkplaceのアプリの展開と設定が可能です。その場合、Workplaceのネイティブの保護機能により、EMMソリューションでも有効化できるデバイス設定の制限が補完されます。利用可能な設定のガイドについては、WorkplaceとEMMのドキュメントをご覧ください。

                                Workplaceには、上記のプラットフォームのいずれにも登録されていないデバイスにこれらの制限を管理者用パネルから直接適用できる統合機能があります。これらの制限は、Workplace内の全員または選択した人に適用できます。制限の設定と有効化は、Workplaceアプリ自体の統合機能で行います。このアプローチはモバイルアプリケーション管理(MAM)とも呼ばれ、ライセンスもサードパーティのセキュリティプラットフォームも必要としません。利用可能な設定のガイドについては、Workplace MAMのドキュメントをご覧ください。

                                モバイルデバイスの保有状況に応じて、一方または両方のモデルを実装できます。会社所有のデバイスやBYOD (Bring Your Own Device)アプローチで登録された個人所有のデバイスなどの登録済みデバイスには、EMMを介したアプリ設定を使用します。これを補完するために、MAMを用いて一般的なポリシーを設定し、登録されていないデバイスに適用します。両ソリューションを使用していて、両方から同時にアプリ設定を実装した場合、EMMの設定がMAMの設定よりも優先されます。

                                モバイルセキュリティソリューション

                                アプリ設定のサポート

                                デバイス設定のサポート

                                サードパーティソリューションの必要性

                                MAM

                                あり

                                なし

                                なし

                                EMM

                                あり

                                あり

                                あり