アカウント管理

Workplaceでユーザーアカウントを作成、更新、利用解除する方法を説明します。

概要

概要

Workplaceでアカウントを管理する最も基本的な方法は、Workplaceインスタンスの管理者用パネルで手動でアカウントを作成することです。アカウントを1つずつ管理したり、スプレッドシートを使用した一括操作をトリガーしたりできます。

アカウントを1つずつ管理する

アカウントを作成する

アカウントを作成する

アカウントの追加と削除を行うアクセス許可を持つ管理者としてログインすると、新しいアカウントを作成できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインしたら、次の手順に従ってアカウントを1つずつ作成します。

1
[管理者用パネル]に進み、[利用者]セクションに移動します。

2
[+ユーザーを追加]ボタンをクリックします。

3
[個別に追加]オプションを選択します。

このオプションを選択したら、関連するすべてのユーザー情報を入力し、[追加]ボタンをクリックしてこれらの値を確定します。

?
この認証方法により、このアカウントがシングルサインオン(SSO)を介してログインする必要があるか、またはアクティベーション中に設定したパスワードを使用してログインする必要があるかが定義されます。
アカウントを更新する

アカウントを更新する

アカウントの追加と削除を行うアクセス許可を持つ管理者としてログインすると、既存のアカウントを更新できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインしたら、次の手順に従ってアカウントを1つずつ更新します。

1
[管理者用パネル]に進み、[利用者]セクションに移動します。

2
更新する利用者を検索します。

3
[...]ボタンをクリックし、[社員情報を編集]を選択します。

ユーザー属性の値を変更したら、[変更を保存]ボタンをクリックして変更を確定します。

?
利用者のメールアドレスは変更できますが、このアドレスがWorkplaceにログインするための新しいユーザーネームになるため、変更した場合は利用者に通知する必要があります。
アカウントを利用解除する

アカウントを利用解除する

アカウントの追加と削除を行うアクセス許可を持つ管理者としてログインすると、既存のアカウントを利用解除できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインしたら、次の手順に従ってアカウントを1つずつ利用解除します。

1
[管理者用パネル]に進み、[利用者]セクションに移動します。

2
利用解除する利用者を検索します。

3
[...]ボタンをクリックし、[アカウントの利用解除]を選択します。
?
アカウントを利用解除すると、その利用者はただちにWorkplaceから切断され、アクティブな利用者のUIにはそのユーザープロフィールが利用解除として表示されます。
アカウントを削除する

アカウントを削除する

アカウントの追加と削除を行うアクセス許可を持つ管理者としてログインすると、既存のアカウントを削除できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインしたら、次の手順に従ってアカウントを1つずつ利用解除します。

1
[管理者用パネル]に進み、[利用者]セクションに移動します。

2
削除する利用者を検索します。

3
[...]ボタンをクリックし、[アカウントを削除]を選択します。
?
削除できるのは、まだ要求されていないアカウントのみです。要求済みのアカウントを削除する場合は、Workplaceサポートチームに連絡して要求済みアカウントの削除を依頼する必要があります。