アカウントのライフサイクル

組織のメンバーにアカウントを要求するよう依頼するプロセスについて理解します。

概要

概要

要求プロセスは、招待された利用者が自分のWorkplaceのアカウントをアクティブ化するプロセスです。メンバーは、Workplaceに招待されるまで、Workplaceアカウントがあることを知りません。招待されたら、利用者は次の3つの方法で自分のアカウントを要求できます。

  • 要求リンク: 利用者がアカウントをアクティブ化してパスワードを設定できる専用のアクティベーションリンクです(通常、組織でシングルサインオンが有効になっていないが利用者が社内メールアドレスを持っている場合に使用されます)。
  • シングルサインオン: 社内認証情報を入力してアカウントをアクティブ化できます。詳細は、「Workplaceのシングルサインオン(SSO)の設定」をご覧ください。
  • アクセスコード: 利用者がモバイルアプリでアカウントを直接アクティブ化してユーザーネームとパスワードを設定するための専用のアクセスコードです(通常、組織に利用者の社内メールアドレスがない場合に使用されます)。詳細は、「割り当て済みメールアドレスがない場合にアカウントを管理する」をご覧ください。
?
会社がインスタンス用にSSOを有効にしている場合、メンバーはアカウント要求のプロセスに進む前に、SSOシステムにログインするよう求められます。
Workplaceへの最初のアクセス

Workplaceへの最初のアクセス

管理者パネルで選択した設定によっては、Workplaceの使用を開始する前に一連の手順を完了するよう利用者に要求できます。

規約に同意して、プロフィール詳細を確認する

会社の利用規約への同意、プロフィールの詳細情報の確認、入力、修正、プロフィール写真の設定を求められます。

パスワードの設定

パスワードの設定を求められます。

?
SSOが有効な利用者では、この手順は省略されます。シングルサインオン(SSO)が有効になっている利用者は、要求プロセスの際にアイデンティティプロバイダーのログインページにリダイレクトされます。

デフォルトグループの選択

メンバーは、いくつかの選択肢の中から、または特定の名前を検索することによって、メンバーになるグループを選択できます。 ニュースフィードに移動し、Workplaceの利用を開始できます。

利用者の要求リンクの取得

利用者の要求リンクの取得

メンバーにアカウント要求のリンクを予備的な招待方法で渡すこともできます。例えば、Workplaceのシステムが生成したメールのフォローアップとして、印刷用のフォーマットや、社内SMSゲートウェイで招待を配信したり、マネージャから社員に個人メールを一斉配信したりできます。

アカウント要求リンクをエクスポートすると、メンバーの情報に合わせて個別に、または一括で招待を配信できます。アカウント要求リンクは社員の情報が記載されたCSVファイルでダウンロードできます。

1
管理者の役割に割り当てられたアカウントの追加と削除を行うアクセス許可を持つ管理者としてログインします。

2
[管理者用パネル]に進み、[利用者]セクションに移動します。

3
要求リンクを取得する利用者を検索バーでフィルタリングします(例: 招待されているが要求されていないアカウントのみ)。

4
上部のバーで[...]ボタンをクリックし、[社員情報をエクスポート]を選択します。

5
間もなく全メンバーのデータが記載されたCSVへのリンクがメールで送信されます。ファイルにはすでに招待が送信されているが、まだ取得されていないアカウントの要求リンクが含まれています。