日本語
ログイン
ホーム
ホーム
利用を始める
たったの5週間で全社をつなぐことができます。
Workplaceを選ぶ
Workplaceが貴社に適している理由をすべてご覧ください。
ソリューション
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
顧客事例
ビジネスの最重要課題をWorkplaceで解決した組織の事例をご覧ください。
Workplaceの利点
Workplaceの利点馴染みのある使用感、モバイル対応、セキュリティ、統合性、そして全社をつなぐ機能。ほかを選ぶ理由はありません。
ダイバーシティとインクルージョン
社員1人1人が尊重され、注目され、自分の意見に耳を傾けてもらえていると感じられるようにすることで、微力ながらも世界をより良くできるよう取り組んでいます。
働き方の未来
Metaのハードウェアとソフトウェアのソリューションにより、メタバースの実現に向けた第一歩を踏み出す方法をご紹介します。
Workplaceを利用するメリット
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
ビジネスコミュニケーション
使いやすいツールで、大切なメッセージを見逃さず、イントラネットを感動的なものにします。
社員のエンゲージメント
電子メールではなく、社員一人ひとりの声が聞こえてくるような、より魅力的な全社的な会話を実現します。
文化の強化
誰もが最高の自分自身になれるようにすることで、文化の強化に真剣に取り組む姿勢を示すことができます。
つながる
メールアドレスを持っていない人でも、Workplaceを使えば組織全体の連携を深めることができます。
フロントラインワーカー
フロントラインマネージャの61%は、本社とのコミュニケーションが分断されていると答えています。Workplaceが、その解消をお手伝いします。
リモートワークとハイブリッドワーク
Workplaceは、在宅勤務でもオフィス勤務でも、社員と企業文化のつながりを保ちます。
すべて見る
形態や規模によらず、さまざまな組織がWorkplaceで競争力を獲得しています。気になる事例を見つけましょう。
ポッドキャスト
パイオニアポッドキャストでは、すばらしい成功事例を聞くことができます。
ニュース
Vodafone、ハイブリッドな勤務環境に架け橋を築くWorkplaceとのパートナーシップを更新
人気のトピック
新しい働き方に関する最新のインサイト。
ブログ
これからの働き方に備えて、重要なビジネストピックに関する記事、インサイト、インタビューをご覧ください。
働き方の未来
メタバースは私たちの働き方をこれからどう変えるのでしょうか?
従業員体験
従業員体験の戦略をWorkplaceで提供する
働き方の未来
メタバースで働き方はどう変わるのでしょうか?Infinite Officeとはどのようなものでしょうか?早速詳しく見てみましょう。
ビジネスコミュニケーション
組織の隅々にまで声を届け、1人1人の声を聞く方法(とそれが必要な理由)を確認しましょう。
社員のエンゲージメント
社員とのつながりを強める方法をお探しですか?仕事にさらなる意義を持たせ、社員に目的意識を与える方法をご紹介します。
リーダーシップ
テクノロジーを取り巻く環境が変化している今、経営幹部はどのような舵取りをするべきでしょうか?そして、より良いリーダーになる方法とは?こちらでご確認ください。
文化を強化する
文化とは何でしょうか?本当の価値を築くにはどのような方法があり、なぜ文化はそれほど重要なのでしょうか?こちらでご確認ください。
リモートワーク
リモートワークも重要ですが、ハイブリッドの重要性はその上を行きます。では、新しい勤務環境で社員同士のつながりを保つにはどうすればよいのでしょうか?
チームのコラボレーション
パフォーマンスの高いチームと、コラボレーションの文化を築くために本当に必要なものは何なのでしょうか?
生産性
生産性とは何か、生産性をどう測るか、ビジネスにどのような効果があるかについて、見てみましょう。
技術リソースセンター
Workplaceの設定方法やドメインの管理方法、またその他の技術的な問題のヒントをご覧ください。
Workplaceの機能を使いこなす
Workplaceについて誰よりも詳しくなりましょう。詳細なガイド、利用者向けの詳しい手順、リソースハブを利用して、主な機能を細部にわたるまで学べます。
技術リソース
Workplaceの導入にITの専門知識は不要ですが、こちらにIT技術者向けのリソースをまとめました。
ヘルプセンター
詳しい説明や、よくある質問への回答を確認できます。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
Workplaceの新機能
Workplaceのイノベーション、機能発表、製品アップデートの最新情報を逃さずチェックしましょう。
設定ガイド
ドメインの追加やユーザーの招待など、Workplaceの設定時に必要な手順を説明したガイドです。
ドメインの管理
ドメインの管理が重要な理由と管理を適切に行う方法を説明します。
Workplace統合
すべてのツールを統合する方法をご紹介します。必要なものが見つからない場合は、カスタム統合の開発方法を確認しましょう。
アカウント管理
ユーザーアカウントの作成、管理、停止を行って、Workplaceを最新の状態に保ちましょう。
認証
現在利用中のアイデンティティソリューションを統合して、適切なユーザーにのみアクセス許可を割り当てましょう。
IT設定
ネットワーク、メールアドレスのホワイトリスト、ドメインに関する情報を使って、Workplaceのスムーズな運用を維持する方法をご紹介します。
アカウントのライフサイクル
組織のメンバーを招待してアカウントを取得してもらうプロセスを理解しましょう。
セキュリティとガバナンス
ユーザーと情報の安全を確保するためのWorkplaceのしくみについて、重要な情報を確認できます。追加で技術用語についても説明しています。
Workplace API
当社のAPIを使用して、カスタムソリューションを自動化してWorkplaceと統合する方法を説明します。
はじめに
Workplaceの運用開始から支払いまで、導入開始にあたっての重要な手順を説明します。
Workplaceの活用
Workplaceの隠れた可能性について説明した、主要な機能に関するアドバイスと情報をご覧ください。
Workplaceの管理
コンテンツ、データ、社員の管理について具体的な質問がある場合は、こちらからお問い合わせください。
ITと開発者のサポート
セキュリティや統合などについてより技術的な質問への回答が必要な場合は、こちらをご覧ください。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
お問い合わせはこちら
Workplaceアカウントで役立つリソースこのフォームに必要事項を入力すると、適切な回答をカスタマーサポートから受けられます。
セキュリティ
    Workplace for Good
      はじめに
        インタラクティブなデモ
          料金プラン
            ForresterによるROI調査
              イベントとオンラインセミナー
                電子書籍とガイド
                  ニュースルーム
                    パートナーになる
                      サービスパートナーとリセラーパートナー
                        統合パートナー
                          Workplaceの利用を始める
                            Workplaceの機能を使いこなす
                            Workplaceのユースケース
                              ワークアカデミー
                                顧客コミュニティ
                                  日本語

                                  統合



                                  Workplaceインスタンスに他のツールを統合する方法について説明します。

                                  目次

                                  概要

                                  概要

                                  WorkplaceとMicrosoftの提携の一環として、Workplaceには、MicrosoftのツールをWorkplaceに統合したり、反対にMicrosoftのツールにWorkplaceを統合できるツールがあらかじめ用意されています。

                                  WorkplaceとMicrosoftのツールで利用できる統合について以下で説明します。

                                  Teamsの統合

                                  Microsoft Teams - コンテンツの埋め込み

                                  Microsoft Teams統合を使用すると、Workplaceのニュースフィード、グループ、または投稿のコンテンツをTeamsに簡単に埋め込むことができます。これにより、利用者は、そのコンテンツを閲覧し、コメントやリアクションができるようになります。

                                  WorkplaceとTeamsの統合を設定するには、Workplaceの統合にアクセスできる管理者であり、かつTeamsの管理者でもある必要があります。この条件を満たす場合は、以下の手順を実行できます。

                                  • WorkplaceでMicrosoft Teams統合を有効にする。
                                  • Microsoft TeamsにWorkplaceアプリを追加する。
                                  • Microsoft TeamsでWorkplaceのコンテンツを見る方法を選択する。

                                  WorkplaceでMicrosoft Teams統合を有効にするには:

                                  1
                                  管理者用パネルの[統合]セクションに移動し、[Workplaceからのシェア]タブをクリックします。

                                  2
                                  [Microsoft Teams]セクションの[編集]をクリックします。

                                  3
                                  [Microsoft TeamsでWorkplaceのコンテンツにアクセス]の横にある切り替えボタンをオンにします。

                                  管理者としてMicrosoft TeamsにWorkplaceアプリを追加するには:

                                  1
                                  組織のMicrosoft Teamsでサードパーティアプリが許可されていることを確認します。

                                  2
                                  Microsoft Teamsのアプリセンター(管理者)でWorkplaceアプリを許可します。

                                  3
                                  Microsoft Teamsに戻り、左下にある[アプリ]をクリックします。

                                  4
                                  検索バーでWorkplaceを検索し、Workplaceアプリをクリックします。

                                  5
                                  情報を確認し、[追加]ボタンをクリックします。

                                  Microsoft TeamsでWorkplaceのコンテンツを見る方法を選択するには:

                                  Microsoft TeamsでWorkplaceのコンテンツを見る方法は2つあります。1つ目は、TeamsのサイドバーにWorkplaceアプリをピン留めする方法です。

                                  • Microsoft Teamsの管理者は、Microsoft Teamsの左側のメニューにWorkplaceアプリをピン留めして、組織の全利用者にデフォルトで表示されるようにすることができます。または、利用者が個人用のビューでこれを行うこともできます。
                                  • 利用者がアプリをクリックすると、「重要」に指定されたすべての投稿と、Workplaceのニュースフィードの一部が表示されます。利用者は、Workplaceの投稿の全体を見たり、リアクションしたり、コメントを見たりすることができます。

                                  Microsoft TeamsでWorkplaceのコンテンツを見るためのもう1つの方法は、Microsoft TeamsチャネルにWorkplaceタブを追加する方法です。

                                  • Microsoft Teamsチャネルのメンバーなら誰でもチャネルにWorkplaceタブを追加できます。
                                  • Workplaceタブを使用すると、チャネルのメンバーは所属しているWorkplaceグループのフィードを追加できます。これは、公開または非公開のグループの場合のみ可能です。
                                  • 誰かがWorkplaceでグループに投稿すると、Microsoft TeamsのWorkplaceタブにも自動で投稿されます。
                                  • Workplaceタブには、過去7日間のすべての投稿に加え、それ以前の投稿が最大3件表示されます。
                                  • Workplaceタブが追加されると、Microsoft Teamsチャネルのメンバー全員がそのタブを見ることができます。ただし、Workplaceのコンテンツを見ることができるのは、ログイン済みであり、そのWorkplaceグループのメンバーである、認証を受けたWorkplaceの利用者のみです。
                                  • 利用者はMicrosoft Teamsチャネルで投稿を読み、リアクションし、コメントすることができます。
                                  • Microsoft Teamsチャネルに複数のWorkplaceタブを作成して、複数のWorkplaceグループの最新情報を見ることができます。Microsoft Teamsチャネルに追加するタブの数は上限以内である必要があります。
                                  !
                                  Teams上でWorkplaceのコンテンツを見るには、利用者はWorkplaceにログインしている必要があります。Workplace上でアクセスできるコンテンツのみ、見ることができます。
                                  SharePointとの統合

                                  Microsoft SharePoint - コンテンツの埋め込み

                                  WorkplaceのContent Embed統合を使用すると、管理者はWorkplace上のグループまたは投稿のコンテンツを外部のHTMLウェブサイトに簡単に埋め込むことができます。これにより、利用者はコンテンツを閲覧し、それにリアクションすることができるようになります。Workplace Content Embedについて、詳しくはこちらをご覧ください。

                                  この統合はHTMLのiframeタグを使用できるウェブサイトであればどこでも機能しますが、主な用途は、Microsoft SharePointなどのイントラネットへのWorkplaceコンテンツの埋め込みです。

                                  埋め込めるのは、単一のWorkplaceグループまたは投稿のコンテンツのみです。

                                  WorkplaceとSharePointの統合を設定するには、Workplaceの統合にアクセスできる管理者であり、かつSharePointサイトの所有者である必要があります。この条件を満たす場合は、以下の手順を実行できます。

                                  Workplaceでの操作:

                                  1
                                  管理者用パネルの[統合]セクションに移動し、[Workplaceからのシェア]タブをクリックします。

                                  2
                                  [コンテンツの埋め込み]セクションの[編集]をクリックします。

                                  3
                                  [承認済みサイトでWorkplace投稿をシェア]の横にある切り替えボタンをオンにします。

                                  4
                                  [承認済みサイト]のリストにSharePointサイトのドメインを追加します。

                                  5
                                  Workplaceのグループまたは投稿に移動します。

                                  6
                                  3点ドットのボタンをクリックし、[グループフィードを埋め込む]または[外部サイトに埋め込む]を選択します。

                                  7
                                  (任意)歯車ボタンをクリックすると、iframeの高さと幅を変更できるほか、Workplaceグループを埋め込む場合は表示する投稿の数も変更できます。

                                  8
                                  [コピー]ボタンをクリックします。後の手順でこのコードを使用します。

                                  SharePointでの操作:

                                  1
                                  SharePointサイトに移動します。

                                  2
                                  SharePointサイトの設定の[HTMLフィールドのセキュリティ]でWorkplaceインスタンスのドメインが許可されていることを確認します。

                                  3
                                  SharePointサイトを編集します。

                                  4
                                  新しい要素を追加し、[埋め込み]要素を選択します。

                                  5
                                  右側に表示されるセクションに、Workplaceで取得したiframeコードをペーストします。

                                  6
                                  右側のセクションを閉じ、[保存]をクリックします。

                                  !
                                  SharePointサイト上でWorkplaceのコンテンツを見るには、利用者はWorkplaceにログインしている必要があります。Workplace上でアクセスできるコンテンツのみ、見ることができます。
                                  Azure ADとの統合

                                  Microsoft Azure AD - プロビジョニングとSSO

                                  Azure AD統合を使用すると、管理者はAzure ADからWorkplaceに簡単に利用者をプロビジョニングし、Azure SSO認証情報を用いたWorkplaceへのログインを許可できるようになります。

                                  この統合に関する詳しい情報と設定方法については、技術リソースセンターのプロビジョニングの「自動プロビジョニング」セクションと技術リソースセンターのシングルサインオン(SSO)の「認証」セクションをご覧ください。

                                  OneDriveとSharePointの統合

                                  Microsoft OneDriveとSharePoint - コンテンツ統合

                                  OneDriveやSharePointのコンテンツ統合を使用すると、ウェブまたはモバイルのWorkplaceでOneDriveやSharePointのファイルを簡単にシェアできるようになります。アクセス認証プレビューも可能になるので、Workplaceから移動せずにOneDriveやSharePointのファイルの詳しい情報を見ることができます。

                                  また、OneDriveやSharePointのフォルダをWorkplaceグループにリンクすることで、簡単にファイルにアクセスして、誰が何の作業をしているのかを確認できます。

                                  この統合を設定するには、以下の手順を実行してください。

                                  1

                                  2
                                  OneDriveまたはSharePointを検索します。

                                  3
                                  [Workplaceに追加]ボタンをクリックします。

                                  4
                                  表示されたポップアップダイアログで、[インストール]ボタンをクリックします。

                                  5
                                  Microsoftアカウントにログインします。この処理を完了するには管理者アカウントが必要です。

                                  6
                                  Workplace from Facebookにアカウントへのアクセスを許可するかどうかを尋ねられたら、[許可する]ボタンをクリックします。

                                  7
                                  ダイアログが閉じ、組織内のすべての人に対してSharePointの統合が有効になります。