Workplaceの新機能
2020年6月

最新のWorkplace製品発表と機能のリリースをまとめてご紹介します。

過去数か月の間、この難局において、お客様が社員への情報提供を続けつながりと生産性を維持するためにこれまで以上にWorkplaceを活用するようになっている様子が見られました。高まり続けるニーズに応えるため、私たちは信頼できる高品質な製品をお届けすべく既存のツールにさまざまな改良を加えてきました。

在宅勤務でも社内のつながりを維持するのに役立つツールやヒント、アドバイスについてはリモートワークリソースハブをご覧ください。

新しい動画機能

新しい動画機能

新型コロナウイルス感染症の脅威を低減するために世界中の企業がリモートワークへの移行を進めるなかで、社員が離れていてもつながりを維持できるような強力なツールに対するニーズがこれまで以上に顕著になっています。Workplaceでは、企業文化の構築と業務の効率化をサポートする私たちの強みを基盤として、仕事の未来に対するビジョンの実現を加速する新機能により、動画でのプレゼンス作りの取り組みを強化しています。改良された動画機能は次のとおりで、6月いっぱいかけてリリースしていく予定です。

  • Workplaceルーム: Workplaceルームは時間無制限のオンラインミーティングスペースで、最大50人のメンバーがこれまで以上に簡単につながり、共同作業できます。社外の人やWorkplaceアカウントを持たない人も参加できます。
  • 新しいライブ機能:
    • Live Producer: コンピューターから安定性の高い高品質のライブ動画をストリーミングでき、画面共有、Q&A、アンケート、リアルタイムの状況に関する指標などの新機能もご利用いただけます。
    • ライブQ&A: ライブQ&A機能を利用すると、リーダーはタウンホールミーティングや気軽に質問できるセッションなどのライブイベントを進めながら質問を募り、参加者とやり取りできます。
    • ライブキャプション、翻訳、キャプション編集: 翻訳が自動生成され、多くの人がライブ配信を活用できるようになります。また、インライン編集機能により、正確なうえにタイミングも合ったキャプションを動画に付けることができます。
  • Portal版Workplaceの新機能:
    • Portal版Workplace Live: PortalのSmart CameraとSmart Soundを利用してプロのようなライブ映像をWorkplaceユーザーに届け、同僚の注目を集めることができます。
    • Portal版Workplaceルーム: 最大50人のメンバーをグループ通話に招待できます。ビデオ通話中にカスタムの背景を追加できる機能もまもなくリリース予定です。

近日リリース予定のパワーアップした動画機能について、詳しくはWorkplaceのブログをご覧ください。また、カスタマーリソースセンターではWorkplaceルームの使い方やライブ動画の改良点について詳しく紹介しています。



新しいリアクション機能で思いやりを示す

新しいリアクション機能で思いやりを示す

ハートをハグする絵文字で表現するFacebookの新しいケアリアクションを、Workplaceで利用できるようになりました。投稿、メッセージ、写真、動画などへのリアクションの際に、同僚への思いやりやサポートを示しやすくなります。


Workplaceケアリアクション

フレームでプロフィールを自分らしく演出

フレームでプロフィールを自分らしく演出

「離れていてもつながれる」ことを示すフレームを自分のプロフィール写真に追加してサポートを示したり、「在宅勤務中の保護者」用のフレームを使って、仕事と子育てのバランスを取る必要があることを知らせたりしましょう。これらはいずれも、この困難な時期に同僚同士がお互いをより理解できるよう作られました。プロフィールフレームは13種類の言語でご利用いただけます。プロフィールフレームのWorkplaceへの導入を希望されない管理者の方は、Workplaceサポートに連絡して無効にすることができます。詳しくは、プロフィールフレームに関するヘルプセンター記事をご覧ください。


プロフィールフレーム

テキストの予測候補で作業をスピードアップ

テキストの予測候補で作業をスピードアップ

さらなる生産性向上のために、投稿とコメントにテキストの予測候補機能が追加され、これまで以上に迅速に返信し時間を節約できるようになりました。テキストの予測候補機能では、入力と同時に候補が生成されることで、Workplaceでの投稿や返信をスピードアップできます。誰でも言語設定でこの機能のオンとオフを切り替えることができます。


テキストの予測候補

重要なチャットメッセージを強調する

重要なチャットメッセージを強調する

メッセージを固定すると、会話が進んでも重要なチャットメッセージを常に意識することができます。グループ上部に投稿を固定できるように、メッセージを選択してチャットの上部に固定できるようになりました。また、さらなる機能強化として、最大75MBの大きいファイルをチャットで送信できるようになりました。


固定されたチャット

チャットを会社間グループと同期する

チャットを会社間グループと同期する

仕事では社外のパートナー、ベンダー、サプライヤー、代理店などとやり取りすることが多くあります。会社間グループでチャットを同期することにより、これを簡単に実現できるようになりました。会社間グループを作成するときに、チャットを有効にするオプションも選べるようになっています。チャットとグループが同期するため、投稿とチャットの間を簡単に移動できます。

会社間チャット
Workplaceに影響を与える問題についての最新情報をチェック

Workplaceに影響を与える問題について最新情報をチェック

Workplaceステータスページにアクセスしなくても、Workplaceに影響を与える問題についての最新情報をチェックできるようになりました。管理者用パネルで[サポートへのお問い合わせ]タブを開くだけで、最新のステータスを確認できます。他の方法として、WorkplaceステータスのRSSフィードにサブスクリプション登録したり、「Workplaceステータス」統合を任意のグループに追加してステータスのライブアップデートを設定したりすると、自動でアップデートが受け取れるようになります。問題の発生や解決がWorkplaceステータスページに表示されると、グループにも表示され、メンバーにプッシュ通知やお知らせメールが届きます。グループに統合を設定するには、こちらのステップに従ってください。

報告された投稿を審査の間非表示にする

報告された投稿を審査の間は非表示にする

報告されたコンテンツに関するツールが改良され、管理者は報告された投稿やコメントが審査を受けている期間中これを一時的に非表示にできるようになりました。[報告されたコンテンツ]レビューパネルに、管理者とコンテンツモデレーター向けのこの新しいルール施行オプションが追加されました。投稿やコメントを非表示にすると、審査を受けている間、そのコンテンツは投稿者と管理者以外の人には表示されません。

アンケートのリーチを拡大する

アンケートのリーチを拡大する

アンケートは会社全体の動向のトラッキングに役立ちます。より迅速かつ簡単に質問を投げかけフィードバックを取得できるよう、アンケートの新しいシェア方法を追加しました。現在ご利用いただけるアンケート送信方法は、リンク、メール、お知らせ、Workplaceチャットです。


Workplaceアンケートをメールで送信する

動画著作権管理機能の拡大

動画著作権の管理機能の拡張

動画著作権管理(VRM)機能により、Workplaceにアップロードされる動画のコントロールと保護が強化され、サポート対象ブラウザーの利用者のみが動画を視聴できるようになります。1月より、Firefox、Chrome、Edge Chromium、モバイルアプリでこの有益なツールをご利用いただけるようになっています。そしてこのたび、SafariでもVRMをご利用いただけるようになりました。

Workplaceアンケートをメールで送信する
グループのメンバーをエクスポートする

グループのメンバーをエクスポートする

グループ管理とイベント開催をサポートする機能として、グループ管理権限を持つWorkplace管理者はグループメンバーをエクスポートできるようになりました。お客様より以前からご要望いただいていたこの機能をご提供できることをうれしく思います。Workplace管理者用パネルに移動し、任意のグループで[メンバーをエクスポート]を選択すると、グループメンバーの詳細を含むCSVがメールで届きます。


Workplaceアンケートをメールで送信する

他のニュース