評価を通じてエンゲージメントを高める

優れた成果を評価し、それに感謝することで、フロントラインワーカーを大切にしている姿勢を示すことができます。

多くの場合、フロントラインワーカーは顧客にサービスやサポートを提供する会社の顔です。にもかかわらず、彼らはエンゲージメントがとりわけ低い傾向にあります。しかしそれはフロントラインに限った話ではありません。現在、仕事にエンゲージできていない社員の割合は、全世界の労働者の85%に上るのです。

エンゲージメントの低さはビジネス全体に影響し、その影響は社員個人の満足度だけに留まらず、企業全体の文化や生産性にまで及びます。事実、満足している社員は満足していない社員に比べて生産性が12%も高い、という調査結果が出ています。また、満足しているフロントラインワーカーは、強力なブランドアンバサダーとなる可能性が高くなります。

社員のエンゲージメントを高めるには、彼らの取り組みを評価し、それに感謝することが重要です。評価し合う文化を築くことは、ベストプラクティスを浸透させ、優れた成果を引き出し、業績を向上させることにつながります。

Workplaceの活用方法

バッジを使って全社規模で評価を行う
1. バッジを使って全社規模で評価を行う

バッジを活用することで、社員の働きや成果をプロフィールページ上で称えるしくみを全社規模で導入できます。Workplaceには、さまざまな自動バッジや管理者が与えるバッジが用意されています。また、管理者はカスタムバッジを作成して、その会社固有の成果を達成した社員を評価したり、独自の企業価値を強化したりできます。

システム管理者、コンテンツモデレーター、アカウントマネージャ、および「バッジを管理」する権限を含むカスタムロールを与えられたその他の管理者は、管理者用パネルからバッジを管理できます。バッジは個別に授与することも、スプレッドシートを使用して一括して授与することもでき、管理者はいつでも特定のバッジのオンとオフを切り替えることができます。バッジの作成および授与方法については、ヘルプセンターをご覧ください

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

「ありがとう」で社員同士の評価を促進する
2. 「ありがとう」で社員同士の評価を促進する

評価は、マネージャから社員に一方的に行うものではありません。社員が同僚の仕事ぶりやサポートを評価する場合もあります。社員がこのような形で同僚にポジティブな評価を与えれば、マネージャは見落としていた可能性のある優れたパフォーマンスをより明確に認識できるようになるため、企業文化が発展し、それにあわせて社員のエンゲージメントも高まります。


「ありがとう」で社員の評価を促進する。

社員が「ありがとう」を送るには、同僚のプロフィールに移動し、[ありがとうを送信]ボタンをクリックします。続いて、感謝のメッセージを書き、同僚のマネージャにも通知するかどうかを選択します。投稿した感謝のメッセージは、その同僚のタイムラインに表示されます。

アチーブメント投稿でチームの成果を共有する

3. アチーブメント投稿でチームの成果を共有する

チームや部署のグループ、全社員向けのディスカッショングループでアチーブメント投稿をシェアし、チームの成果をアピールしましょう。チームで達成した成果を共有すると、チームの業務に対する認知度が上がり、会社全体での評価を高めることができます。

アチーブメント投稿でチームの成果を共有する
ボットで評価を自動化する

4. ボットで評価を自動化する

評価などのボット統合を使用すると、パフォーマンスの高い社員をシンプルなツールで認定でき、その評価を迅速かつスムーズに公表できます。

ボットプラットフォームについて、詳しくは統合ディレクトリをご覧ください。

グループを通じて評価する

5. グループを通じて評価する

「ボットは技術的にちょっと難しすぎるかも」と感じたとしても、心配はいりません。Workplaceには、もっとシンプルに評価し合う方法が用意されています。

  • 「評価」という公開グループを作成し、社員全員を自動的に追加するよう設定します。
  • 企業の理念やミッションに沿った賞を定め、社員、マネージャ、リーダーから推薦してもらう際の基準を示します。
  • 日々の業務におけるチームの貢献をシェアするようチームマネージャに促します。また、飛び抜けて高いパフォーマンスを見せた人がいたらその人への感謝の気持ちをシェアするよう、社員に呼びかけます。
  • 「今週の優秀社員」や「今月のトップチームメイト」などの賞を設け、表彰にふさわしい人を社員から推薦してもらいます。推薦された社員たちをグループで紹介したり、定期的なライブ配信で表彰者にスポットライトを当てたりしましょう。
メリット

メリット

  • 目標機能により、チームの指標をトラッキングし、優秀な社員を見つけることができます。
  • バッジの自動授与により、全社規模で評価を行うことができます。
  • 社員の働きや功績に対し、バッジを付与できます。
  • 社員同士の交流を促し、「ありがとう」の送信を通じて思いやりの文化を育てることができます。
  • 社員を大切にしている姿勢を示すことで、社員のエンゲージメントと生産性を高めることができます。
成功事例

成功事例