ピアラーニング

組織的なナレッジ共有を活用する学習・能力開発プログラムへの社員の参加を促しましょう。


この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。
ピアラーニングでは、組織内に蓄積された実務的な知見を活用できるため、そのメリットは明らかです。社内の学習プログラムに貢献する社員は、自分の価値を強く実感して意欲が増す傾向にあります。マネージャにとっては、職場に簡単に知識を浸透させ、特定のスキルに秀でている社員を見つけられるというメリットがあります。
Workplaceの学習機能を活用すると、軽量で簡単にアクセスおよび利用できるナレッジ共有の拡張を実現できます。Workplaceの豊富なメディアを活用すれば、フロントラインワーカーの意欲を引き出す学習コンテンツを作成して、業務の改善をサポートできます。さらに、クイズを作成してユニットの完了状況をトラッキングし、社員によるグループ内の学習コンテンツの利用状況を把握しましょう。
グループ内で学習できるようにする
グループ内で学習できるようにする
学習コンテンツを作成する前に、まずガイドを作成する必要があります。ガイドの作成できるのはグループ管理者のみで、そのグループの[学習]タブで実行できます。
[学習]タブは、最初のガイドが作成されるまで、グループ管理者以外には表示されません。ガイドが作成されると、グループのすべてのメンバーが[学習]タブを表示したりこのタブに移動したりできるようになります。
学習ガイドを作成する
学習ガイドを作成する
ガイドに名前と説明を追加して、どのような情報を入手できるのかをグループメンバーが理解できるようにします。
ガイドは任意にすることができます。任意にした場合、ガイドの完了状況データは、グループインサイトの対象外となります。
最初の学習投稿を作成する
最初の学習投稿を作成する
グループ投稿と同じ機能を使って最初の学習投稿を作成し、コンテンツの書式設定や整理を行います。他のリソースへのリンクや画像、動画、ファイルなどのメディアへのリンクを追加して、学習コンテンツをより魅力的なものにすることができます。完成したら、[投稿]をクリックします。
既存のグループ投稿をガイドに追加する
既存のグループ投稿をガイドに追加する
グループでの学習を有効にすると、既存のグループ投稿をガイドに追加できるようになります。投稿にアクセスして右上隅の[…]をクリックし、既存のガイドに投稿を追加するか新しいガイドを作成するかを選択します。ガイドにグループ投稿を追加できるのは、グループ管理者のみです。
グループのメンバーに、自分のベストプラクティスをグループの投稿として共有してもらい、その中から優れたものをガイドに追加しましょう。社員は、社内の学習プログラムに貢献していることを実感できます。また、Workplaceのマルチメディア機能を使って自分のスキルや知識のプレゼン方法に工夫を凝らすこともできます。
社員の理解度をテストするクイズを作成する
社員の理解度をテストするクイズを作成する
[クイズを作成]を選択して、ガイド内で短いテストを作成します。クイズに名前を付け、合格点を設定するかどうかを選択します。合格点を追加した場合、そのスコア以上を記録しなければ投稿のステータスを完了にできません。合格点を追加しない場合は、クイズに回答しさえすればステータスを完了にできます。
問題と多肢選択式の回答を追加します。回答するときは、正しいと思う選択肢の左にあるチェックボックスをクリックします。正解に関する簡単な解説を追加することもできます。
必要に応じて、[質問を追加]ボタンを使用して問題を追加します。[質問の順番を変更]ボタンを使用すると、いつでも問題の順番を変更できます。
社員の理解度とユニットの完了状況を分析する
社員の理解度とユニットの完了状況を分析する
学習投稿やクイズが共有されると、グループメンバーにお知らせが送信されます。社員のスコア分析を行うには、クイズの右側にある[...]をクリックして、[結果をダウンロード]を選択します。社員には何度でも好きなだけクイズに挑戦してもらうことができ、結果をダウンロードすると、社員が挑戦した回数と各回の成績を確認できます。
グループ全体のガイドの完了状況を確認するには、グループの右上隅にある[...]で[管理オプション]を選択し、左側のメニューから[学習]を選択します。グループメンバー名で検索し、結果をダウンロードして分析してください。
メリット
メリット
  • モバイルデバイスから簡単にアクセスできる、魅力的なマルチメディア学習コンテンツを作成できます。
  • チーム全体に素早く簡単に知識を広められます。
  • クイズを使用して、社員が苦手なトピックを特定できます。
  • ユニットの完了状況によりエンゲージメントを追跡できます。
  • 社員間のナレッジ共有を促し、優れた成果を上げている人を見つけることができます。
参考リソース
その他の参考リソース
  • 学習・能力開発: Workplaceを使用して継続的な学習・能力開発(L&D)プログラムを構築する方法をご紹介します。
  • オンボーディング: 新入社員の受け入れを効果的に行う方法をご紹介します。
  • 社員のトレーニング: フロントライン社員が参加しやすいトレーニングプログラムを構築します。
  • チーム管理者ガイド: チーム管理者としてWorkplaceを使用するためのベストプラクティスをご紹介します。