従来の優れたリーダーとは、チームを鼓舞してコラボレーションを促し、生産性を高めることで尊敬を勝ち取る人物でした。しかし、多くの場合、このような資質の持ち主は人とのつながりを築くことに失敗していました。ハイブリッドワークとリモートワークが仕事と家庭生活の境界をあいまいにしている世界では、チームリーダーやマネージャーがリーダーシップに対して人間的にアプローチして、従業員を第一に考えることがかつてないほど重要になっています。

しかし、人間中心のリーダーシップとは正確には何でしょうか?それは皆さんや皆さんのビジネスにとってどのような意味を持っているのでしょうか?

人間中心のリーダーシップとは?

人間中心のリーダーシップとは?

簡単に言えば、人間中心のリーダーシップとは、従業員を第一に考えるリーダーシップのことです。しかし、それは実際にはどのようなものでしょうか?人間中心になるということは、各従業員の資質を認め、個人的な状況を尊重することです。職場では、従業員を肩書きで見るのではなく人間として見て、従業員のニーズに耳を傾け、必要に応じてサポートを提供することを意味します。

では、人間を中心に考えるリーダーはどのような資質を備えているのでしょうか?Gartnerが2022年に実施した調査では、人間的なリーダーシップの3つの主要な条件が浮き彫りにされています。

真正性 - 正当な目的を持って行動し、正直な自己表現を認める

共感 - 従業員の幸福に心から気を配る

柔軟性 - 従業員の独自のニーズに応える業務体制を進んで導入する

人間を中心にしてリーダーシップにアプローチすることは、タスク指向のリーダーシップとも呼ばれる従来のリーダーシップからの大幅な変革です。それは、業績、収益性、期限、成果のすべてが対象です。しかし、生産性の向上とビジネスの全体的な成功の促進に対して、より人間的なアプローチが絶大な効果を発揮するのを見れば、企業は驚くかもしれません。

社員がつながり合う会社を導くには

eBookをダウンロードして、新世代のCEOが目的、信用、信頼、誠実さを尊重している理由をご覧ください。

人間中心のリーダーシップはどのようなメリットをもたらすのか?

人間中心のリーダーシップはどのようなメリットをもたらすのか?

過去数年の間に、従業員の優先事項が大幅に変化しました。Pew Research社は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の余波の中、79%もの従業員が個人の幸福をより手厚くサポートする企業に転職する可能性があることを示しています。

従業員は次のような企業に転職する可能性があります。

1. 個人の幸福をより手厚くサポートする(79%)

2. いつ働くかを従業員の裁量でより自由に決定できる(72%)

3. プロフェッショナルとしての成長と発展をサポートする(69%)

4. 従業員がより有意義な仕事をできるようにする(68%)

5. 働く場所を従業員の裁量でより自由に決定できる(66%)

従業員にとって、幸福は給与や手当よりも優先度が高いのです。これは、職場にストレスやその他の仕事関連の問題があったとしても、チームメンバーがサポートされているという実感を持てるようにするリーダーにより、満足度とエンゲージメントが高い労働力が生み出される可能性がはるかに高くなることを示唆しています。

このような人間中心の協力的なリーダーシップがもたらすメリットをいくつかご紹介します。

より高いエンゲージメント

従業員は、自分の意見と貢献が高く評価されていると感じる場合、ビジネスの目標に取り組む可能性がはるかに高くなり、よりまとまりのある労働力が生まれます。

自信を持って問題を取り上げる

リーダーやマネージャーに自信を持って提案できる従業員は、その職務に関わる課題をオープンに取り上げる可能性がはるかに高くなります。そのため、潜在的な問題を早期に発見して、未然に取り除くことが可能になります。

モチベーションの高まり

ウォーリック大学の調査によると、満足度の高い従業員は、職場での生産性が12%高くなります。人間的なリーダーシップの下で働いている従業員は満足感を感じる可能性が高いため、雇用主は、従業員全体の生産性向上を期待できます。

創造性と革新性

人間指向のリーダーシップは、従業員がより創造的に考えて、従業員独自のアイデアを提案できるようにします。企業は職場での創造性と革新性を促進することにより、働き方を改善して、競合他社の先を行くことができるようになります。

スタッフの離職率の低減

仕事に満足していて、サポートされていると感じる従業員は、ほかの企業がより高い給与や手当を提供できる場合でも、転職する可能性がはるかに低くなります。つまり、適切なレベルのサポートを従業員に提供する人間的なリーダーシップにより、定着率が高まり、スタッフの離職率が低下します。

肯定的な職場文化

人間中心のリーダーシップの重要な側面の1つは、職場での真正性を促進することです。従業員が個人的な目標と動機についてオープンに表現できるようにすることにより、肯定的な職場文化を備えた協調的な職場の実現を促進できます。

人間中心のリーダーシップとタスク指向のリーダーシップ

人間中心のリーダーシップとタスク指向のリーダーシップ

多くの場合、人間中心のリーダーシップとタスク指向のリーダーシップは、正反対のリーダーシップのように見えます。しかし、ビジネスを成功に導くうえで、両方のリーダーシップにはそれぞれの役割があります。

それぞれのリーダーシップスタイルのメリットとデメリットを明らかにして、それぞれリーダーシップ階層のさまざまレベルにどのように情報が伝達されるのかについて説明します。

人間中心のリーダーシップ: メリットとデメリット
メリット

人間指向のリーダーの最大の価値は、従業員を元気づけ、従業員の仕事が評価されていることに加えて、従業員が個人としても認められていると感じるようにする能力にあります。人間を中心に考えるリーダーは、従業員との関係を築くことに重点を置いて、従業員に自信を抱かせ、肯定的かつ協力的な職場文化を作り出します。

デメリット

一部の従業員は人間を重視したスタイルにもその他のスタイルにも応えない場合があり、オープンで協調的になるように期待されていることに対して気後れすることがあります。したがって、リーダーやマネージャーは、一部の従業員にはより多くの指示が必要になることを認識する必要があります。もう1つの潜在的なマイナス面は、従業員を認めることを重視しすぎているリーダーの場合、従業員との関係だけに基づいて効果のない決断を下すリスクがあることです。

人間中心のリーダーシップはどのような場合に最も効果的か?

人間中心のリーダーシップはどのような場合に最も効果的か?

人間中心のリーダーシップは、肯定的な職場環境を作り出すのに最も効果的です。このような環境では、従業員は個人的な要求やニーズを安心して進んで表明するほか、ビジネス目標に強い共感を持ちます。これは、中小企業のリーダーにとって特に重要です。中小企業では、リーダーとの個人的なつながりを感じられることが重要になります。人間を重視したスタイルを採用したリーダーは、長期にわたって会社に適合して貢献することをいとわない、忠誠心とモチベーションが高い労働力を生み出すことができます。

タスク指向のリーダーシップ: メリットとデメリット
メリット

タスク指向のリーダーは、ビジネスの目標を達成することに極めて長けています。これらのリーダーは、期限が具体的に設定された明確でわかりやすい戦略を策定することに長けているため、雇用主は予測された成果を常に把握できます。タスク指向のリーダーは、従業員が高い水準を満たすように促します。このようなリーダーは、時間を管理することに取り組んでいる従業員や意欲を高めるための体制を必要としている従業員にとって最適です。

デメリット

タスク指向のリーダーシップのマイナス面の1つは、従業員の自主性と創造性が失われる可能性があることです。そのため、学んで成長する機会が提供されない職務に対して従業員がうんざりしたり、失望したりする可能性があります。また、厳格な期限の下で働くことは、特に従業員が圧倒されていると感じるときにマネージャーやリーダーに気楽に相談できない場合、ストレスや士気の低下の発生につながる可能性があります。

タスク指向のリーダーシップはどのような場合に最も効果的か?

ある程度のタスク指向のリーダーシップはビジネスの成功に不可欠です。しかし、タスク指向のリーダーシップは従業員よりもマネージメントチームに対してより効果を発揮するといえるかもしれません。これは、チームが相互に直接つながっていない場合でも、チームを管理して、すべてのチームが共通の目標に向かって一丸となって働く必要のある大企業に特に当てはまります。

人間中心のリーダーシップの特徴とは?

人間中心のリーダーシップの特徴とは?

これまでの説明で、人間中心のリーダーシップの重要性を理解していただけたと思います。では、人間を中心に考えるリーダーをどのようにして見つけたらいいのでしょうか?または、自身がそのようなリーダーであるかどうかをどのようにして判断できるのでしょうか?人間を中心に考えるすべてのリーダーの特徴を次に示します。

成長型マインドセット

人間を中心に考えるリーダーが持つ最大の資質の1つは、チームと一緒に学んで成長しようとすることです。仕事の世界は常に変化しているため、リーダーは、新しいプロセスを試したり、従来の枠にとらわれずに考えたりすることに前向きであるという資質を持つことにより、さらに踏み込んで行動し、成功を迅速に達成できるようになります。

将来的な視点

優れたリーダーは、目の前の課題に集中するだけでなく、常に将来を見据えています。人間を中心に考えるリーダーは、会社のビジョンを伝えたり、従業員と一緒にビジネスの目標について話し合ったりして、従業員が会社の業務に不可欠であると感じさせることに長けています。

感情的知性

感情的知性が高いリーダーは、ストレスの多い期間でも自身の感情を効果的にコントロールできるだけでなく、周囲の人々の感情を理解して、その感情に影響を与えることができます。

人間を中心に考えるリーダーは感情的知性を通じてチームと強い関係を築くことにより、個々のチームメンバーの長所と短所がどこにあるのかを理解し、チームを鼓舞して意欲を起こさせる最適な方法を見つけます。

友好的なフィードバック

優れたコミュニケーターであることは、すべてのタイプのリーダーにとって不可欠の要素です。しかし、人間を中心に考えるリーダーはコミュニケーションを取る能力が特に卓越しており、質の高いフィードバックを提供するだけでなく、快くフィードバックを受け取ります。従業員に正直なフィードバックを送るように促すことにより、従業員は自分の意見が尊重されていると感じられるようになります。また、問題を特定して、早期に解決できるようになります。

真正性

かつては、仕事中は自宅にいる場合とは異なる振る舞いが期待されていました。ハイブリッドワークとリモートワークが仕事と家庭生活をかつてないほど近づけているため、従業員が本当の自分であることを心地よく感じるようにすることが重要です。

共感力

人間を中心に考えるリーダーは、従業員の個人的なニーズや事情に関して共感を持って耳を傾け、快く対応を調整します。そのため、従業員が仕事と家庭を両立しなければならない場合、燃え尽き症候群に陥る可能性がはるかに低くなります。また、従業員は、業務量や個人的な問題に関してリーダーに相談できると感じるようになります。

おすすめの記事:

関連情報

世界のHR部門のリーダーに聞く、企業文化を構築する方法

今すぐダウンロード

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

関連情報

世界のHR部門のリーダーに聞く、企業文化を構築する方法

今すぐダウンロード

最近の投稿

カルチャー | 所要時間: 11分

職場文化: ポジティブな文化を築き、生産性を高める方法

ハイブリッドワークとリモートワークが一般的になった今、職場文化がますます重要になっています。職場文化とは何か、それを改善するには何をすべきかについて説明します。

リーダーシップ | 所要時間: 4分

リーダーが人生から学んだ10個の教訓

人のアイデンティティやリーダーとしての振る舞いを形成するのは、実生活でのリアルな体験です。その具体例を10個ご紹介します。

カルチャー | 所要時間: 8分

組織文化の4タイプ: ビジネスに最適なタイプを見極める

ビジネスのアイデンティティは、組織文化のユニークな組み合わせによって構成されます。組織文化を見極め、その強みを活かす方法について説明します。