アジャイルワーキングの課題とメリット

アジャイルな働き方の人気が高まり、アジャイル手法を採用するチームが増えています。ここでは、アジャイルワーキングのメリットとデメリットをいくつかご紹介します。

生産性 | 所要時間: 6分
agile collaboration tools - Workplace from Meta

柔軟性を最大限に高め、制約を最小限に抑えて仕事を迅速に終わらせることに重点を置くアジャイルワーキング手法は、ハイブリッドワークの時代に最適です。

調査によると、アジャイルワーキングの採用率は、ソフトウェア開発チームでは37%から86%に増加し、IT以外のグループでは2倍に増加しています。

しかし、マネージャや上級幹部チームにとって、他の多くの働き方と同様にアジャイルワークにもメリットと課題があります。

アジャイルワーキングのメリット

アジャイルワーキングのメリット

アジャイルワーキングの利点には次のようなものがあります。

コラボレーションとコミュニケーションの向上

アジャイルワーキングにより、オープンでアクセスしやすい職場を作ることができ、社員はスムーズにビジネスの課題を特定し、解決できるようになります。チームは協力してタスクに優先順位を付け、期限を守ると同時に、コミュニケーションを強化することで時間を節約します。

変化への対応力の向上

プロジェクトマネージャは、プロジェクトの開始時だけでなくプロジェクトの進行中にも何を優先すべきかを確認できます。アジャイルなコラボレーションは、製品やサービスの市場投入を迅速化するのに役立ちます。これは競争に打ち勝つために不可欠です。さらに、社員のエンゲージメントを高め、パフォーマンスを向上させることができるため、チームは無駄なくスマートに働くことができるようになります。

職場のサイロ化の阻止

プロジェクトに取り組むチームが孤立していると、アイデアや情報の共有は容易ではありません。アジャイルなコラボレーションは、異なるグループに属する適切な人々を結びつけ、タスクに一緒に取り組めるようにすることで、チーム間コラボレーションと生産性を向上させます。

社員満足度の向上

アジャイルチームは、意思決定の権限が与えられ、自分の仕事に責任を負うことになります。このことが、自立心とチームメンバーのエンゲージメントにつながります。さらに、顧客のニーズと定期的なフィードバックに重点を置くことで、社員は、自分が行っている作業とそれが組織や顧客に与える影響とのつながりをより強く実感することができます。

優先順位の高いタスクの特定

複雑なプロジェクトをアジャイルスプリントに分割することで、プロジェクトのタイムラインとその達成に必要なタスクをより深く理解できます。つまりプロジェクトマネージャは、プロジェクトの開始時だけでなくプロジェクトの進行中にも何を優先すべきかを確認できます。

改善と進化

最終段階だけでなく、各スプリントにレビューと評価の段階があり、プロジェクトは逐次進展していきます。革新的なソリューションを実装してテストし、それが成功すれば次のスプリントに追加できるため、プロジェクトは継続的に進化します。

リスクを取るためのより安全な環境作り

比較的短い期間で特定のタスクに集中するスプリントでの作業では、小さなリスクを取る余地ができます。たとえ望ましくない結果になったとしても、プロジェクト全体に大きな影響を与えることはないでしょう。良い結果になった場合は、物事を改善する新たなチャンスが開ける可能性があります。

アジャイルワーキングの課題

アジャイルワーキングの課題

アジャイルワーキングを導入する場合、組織はいくつかの課題に直面する可能性があります。

すべての組織で機能するわけではない

アジャイルワーキングには、チームメンバー間の高度な信頼関係、コミュニケーション、コラボレーションが必要ですが、古い体質の階層型組織ではこれらの達成が難しい場合があります。アジャイルワーキングを導入するには、企業の構造変革が必要になる可能性がありますが、これには抵抗が生じがちです。

管理がしにくい

多くのマネージャは、コントロールを手放して、チームに責任を委ねることを難しく感じる可能性があります。アジャイルに移行するには、すべての経営幹部、中間管理職、上級管理職がプロジェクト管理業務に何らかの変化が生じることを認識する必要があります。各人がアジャイルワーキングのメリットを理解し、自分に期待されていることを十分に理解していなければなりません。

社交的な社員が有利

アジャイルチームでは、情報は最もコミュニケーションに長けた人が最も効果的に取引できる商品のようになりがちです。知識共有と意思決定は、ソーシャルネットワーキングとその場限りの会話で行うことが通常になります。社交的でないメンバーは、プロジェクトの重要情報にアクセスしにくくなります。

チームを過度に重視

チーム全体として説明責任を果たす必要性から、フルリモートワークの願望はあきらめざるを得ないこともあります。チームの全員にすべての意思決定に参加してもらおうとすると、リモートワーカーがマネージャからパフォーマンスの低い人や個人主義者と見なされてしまうおそれがあります。

アジャイルワーキングとフレキシブルな働き方の違い

アジャイルワーキングとフレキシブルな働き方の違い

アジャイルワーキングとフレキシブルな働き方は混同して使用されることがありますが、同じものではありません。フレキシブルな働き方では、働く場所と時間を社員が自由に決められるため、ワークライフバランスを改善することができます。アジャイルワーキングは、製品やサービスを迅速にレスポンス良く提供するために、コラボレーションに基づく反復的な方法で作業することです。

階層や不必要な制約なしで作業することを重視するアジャイルは、チームメンバーが、共有の物理的空間または共有のバーチャル空間で一緒に作業できるのであれば、フレキシブルな働き方とうまく適合します。

アジャイルチームの管理方法

アジャイルチームの管理方法

部門横断チームの構築

アジャイルプロジェクトでは、専門分野や知識分野が異なる人々の意見が必要になることがよくあります。そのため、同じ目標の達成に向けて協力できる部門横断チームの構築方法をマネージャが理解している必要があります。

これは、異なるスキルセットや知識を持ち、うまく協力し合える人を慎重に選ぶことを意味します。プロジェクトに取り組む際、チームはお互いの潜在的課題について聞くことができるため、早期に問題に対処し、効率を高めることができます。

当事者意識の奨励

アジャイルプロセスを導入する前に、社員がこの働き方に確信を持っていることを確認する必要があります。

アジャイルの成功を妨げる障壁の1つは、アジャイルワーキング手法を採用して、自分たちの仕事に責任を持つことにチームが消極的なことです。マネージャは、チームがアクションや決定の承認をいちいち受けずに、当事者意識を持って自発的に作業するよう促すことで、この問題を克服できます。

アジャイルのメリットの伝達

コミュニケーションが不十分だと、アジャイルプロジェクトを軌道に乗せることができません。経営陣やリーダーがアジャイルワーキングのメリットを効果的に伝えることが重要です。社員は、なぜ組織がアジャイルワーキングを採用したいのか、そして社員にとってだけでなく、ビジネス全体にとってのアジャイルワーキングのメリットとは何かを理解する必要があります。

その他の記事

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

チームのコラボレーション | 所要時間: 10分

チームコラボレーションを実現する方法

職場のチームコラボレーションを強化するのに欠かせないアドバイスを押さえましょう。コラボレーションのメリットやチームワークの強化方法についても紹介します。

生産性 | 所要時間: 11分

パンデミック後の生産性の回復

生産性は重要なトピックとして、世界各地でロックダウンが行われる前から注目を集めていましたが、今やビジネスにとって不可欠な要素になっています。生産性の意味、その測定方法、パンデミック後の時代に生産性を高める方法についてご紹介します。

リモートワーク | 所要時間: 7分

リモートワーク: メリットと課題

リモートで仕事をする人は増えており、今後も増え続けるでしょう。リモートワークのメリットとデメリット、およびリモートワークを最大限に活用する方法についてご紹介します。