自動化により医療プロセスを刷新したシンガポールの病院の事例

タン・トク・セン病院(TTSH)は、16を超える専門センターと45を超える診療科を有する、シンガポール国内屈指の総合病院です。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分
reimagine healthcare - Workplace from Meta

TTSHは世界で初めてWorkplaceを導入した病院です。プラットフォームに参加した当時、TTSHが使命としていたのは、メール、共有フォルダー、イントラネット、山ほどのミーティングから成る不便なコミュニケーションシステムを近代化することでした。

TTSHが達成した成果は当初の目標をはるかに上回るもので、病院の慣行に深く根付いた長年のプロセスや手順に大きな見直しを迫っています。

TTSHはWorkplace上に3つの病院専用のチャットボットを構築しており、現在4つ目を開発しています。

  1. 「Directory」ボットを使用すると、外出先でもクリニックのホットラインを検索できます。
  2. 「Translation」ボットは、部門名と名称をシンガポールの4つの言語すべてで提供します。
  3. 「Short Form」ボットでは、Work Chatを通じて、あるいは投稿やコメントで、頭字語と略語の意味を確認できます。
  4. 「Pharmacy Drug Search」ボット(現在開発中)は、医薬品名、メーカー情報、パッケージや薬剤の画像を調べられるバーチャルライブラリの役割を果たす予定です。

これらのボットにより、TTSHのチームは管理業務に追われる時間を減らし、患者のケアや人命救助により多くの時間を割くことができます。

タン・トク・セン病院のストーリー全文はこちらからお読みください。Workplace Premiumを90日間無料でお試しください。

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

カルチャー | 所要時間: 11分

職場カルチャーとはどのようなもので、どのようにすれば組織にポジティブな影響を与えられるのか

パンデミックを受けて、組織はこれまでの仕事の進め方を根本的に変えるよう迫られています。そうした中、ポジティブな職場文化の構築は、世界中の企業にとって喫緊の課題となっています。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

未来の職場において、仕事とはどのようなものになるでしょうか?

昔から長く親しまれてきた仕事が職場環境から姿を消し、それに代わって目新しい仕事が続々と登場しています。将来の仕事ではどのような役割が必要になるのかを考えてみましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

ビジネスコミュニケーションツールとしての仕事用メールは過去の遺物となったのでしょうか?

メールの代替手段とはどのようなもので、より効果的なコミュニケーションにどのように役立つのでしょうか?一緒に見ていきましょう。