未来の職場において、仕事とはどのようなものになるでしょうか?

昔から長く親しまれてきた仕事が職場環境から姿を消し、それに代わって目新しい仕事が続々と登場しています。将来の仕事ではどのような役割が必要になるのかを考えてみましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分
jobs workplace future - Workplace from Meta

テクノロジー、コミュニケーション、働き方の発展により、かつてはよく知られていた仕事の多くが消滅したり、認識できないほど変化したりしています。たとえば、秘書という仕事は、パーソナルアシスタントという多面的な役割に変化しました。

人口の5分の1は、2030年までに需要が縮小する可能性が高い職業に就いている

さらに、新しい仕事も生まれました。25年前でさえ、デジタルマーケターやソーシャルメディアマネージャーなどという仕事はありませんでした。同じことが製造環境にも当てはまります。最新の工場に行くと、組み立てラインで働く従業員よりも、ロボットやプロセスを制御している従業員の方が多いでしょう。

しかし、いつまでも変わらないものなどありません。英国のイノベーション慈善団体のNestaによると、人口の約5分の1は、2030までに需要が縮小する可能性が高い職業に就いています。興味深いのは、あらゆる仕事が変化する中、今後生まれる新しい仕事にはどのようなものがあるかということです。ここでは、仕事の未来を形作る可能性のある役割をいくつか見てみましょう...

没入型エクスペリエンスのデザイナー

没入型エクスペリエンスのデザイナー

Nestaは、仮想現実、拡張現実、複合現実が進歩して主流になるにつれて、こうしたデジタルエクスペリエンスをデザインするための新しいスキルが必要になると推測しています。賢い人なら、この刺激的で成長性のある分野で先駆者になる方法を模索し始めるでしょう。

代替エネルギーのコンサルタント

代替エネルギーのコンサルタント

化石燃料の使用をめぐる環境問題は、ますます深刻になっています。将来の家庭や職場にどのように電力を供給するかについて、よりクリエイティブに対応する必要がありそうです。今後代替エネルギーのコンサルタントになる人は、アイデアに対して多額の報酬を受け取ることができるでしょう。

パーソナルヘルスケアの専門家

パーソナルヘルスケアの専門家

医療の役割は新しいものではありませんが、人が長く生きるようになるにつれて、この役割は仕事の未来においてますます重要になる可能性があります。Nestaは、医療を成長が見込まれる分野として強調しています。新たな世代の職業療法士、パーソナルフィットネスコンサルタント、カウンセラー、専門の介護士への需要が高まる可能性に注意が必要です。

ニューフードの管理栄養士

ニューフードの管理栄養士

食料生産が環境に与える影響への意識が高まるにつれて、食生活も変化しています。ビーガンダイエットはますます人気が高まっています。遺伝子組み換え食品とその潜在的な影響はさらによく知られています。そして、組織は昆虫ベースのタンパク質や人工タンパク質をメニューに追加する実験を続けています。栄養学の最先端にいる科学者は恩恵を受ける可能性があります。

ソーシャルメディア画像のコンサルタント

ソーシャルメディア画像のコンサルタント

人々がどのようにソーシャルメディア上で自分自身を表現するかということは、ますます重要になっています。Y世代とZ世代にとっては特にそうです。信頼性の高いプロフィールを作り個人的または職業上の目標を達成するサポートを行う専門家は、良いキャリアを構築できる可能性があります。

職場コラボレーションの専門家

職場コラボレーションの専門家

新規性はありませんが、成長を続けている役割です。未来の職場は、地理的に現在よりもさらに多様になる可能性があります。組織は、ビジネスツールやITシステムを購入する際にも大きな選択を迫られます。この選択を正しく行うことが重要です。コラボレーションに特化した専門家が、適切なツールを選択して導入できるよう企業を支援します。Workplaceのようなプラットフォームは、組織全体を結びつけ、コミュニケーションやアイデアの流れを促進する上でますます重要な役割を果たします。

モノのインターネットの技術者

モノのインターネットの技術者

スマートホームテクノロジーは大人気です。今後もっと多用されていくことでしょう。そのため、インターネットに支えられた電子機器に不具合が発生した場合や、さらに悪いことにハッキングされている場合は、すぐに修理してくれる人が必要になります。

そこで必要になるのが、モノのインターネットの技術者です。半ば今日の配管工や電気技師のように、何かあれば声のかかる人材になるでしょう。

Workplaceを使用することでどのように組織がつながり、協力してより多くの成果を達成できるようになるかをご覧ください。Workplace Premiumを90日間無料でお試しください。

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

コラボレーションツールはスピーディな仕事の新時代の幕を開けるものとなるのでしょうか?

この投稿のパート1では、現代の職場でスピーディに仕事をこなす手法において直面する課題をいくつか見ていきます。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

国の壁を超える。コラボレーションツールはグローバルチームをどのように結集させるか

世界中にチームがある場合、コラボレーションツールやコミュニケーションツールを戦略的に使用することで、さまざまなタイムゾーン、文化、言語の壁を乗り越えることができます。