積極的なコラボレーション: Y世代が仕事に新たな期待を抱く理由

この動画シリーズの3つ目では、Y世代が仕事に対して抱いている従来と全く異なる期待についてWorkplaceとCanvas8が探ります。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分
open to collaboration - Workplace from Meta

雇用主が社員の態度の変化に対応するため新たな方法を見つけることの重要性について考えます。そして、ミレニアル世代にとって職場でのコラボレーションが重要である理由について考えます。

労働力に占めるY世代の人数はますます多くなっています。現在、ミレニアル世代は英国の労働人口の3分の1以上を占めています。この世代の人々は共同作業というものについて他とは異なる期待を抱いています。

動画を見る

動画を見る

Y世代はソーシャルメディア革命の先駆者です。Y世代は世界中の人とすぐに直接連絡を取ることができるコミュニケーションツールを使用して育ちました。即時の反応と幅広い関係構築に慣れ親しんでいます。

ですから、Y世代が自ずと人脈作りに長けていること、また革新的な考えやアイデアを共有するためにコラボレーションが可能な作業環境を構築したいと考えていることは、驚くべきことではありません。

積極的なコラボレーション

積極的なコラボレーション

この傾向は今後も続くと思われます。Y世代とZ世代の3分の1以上が、自分たちが最高の仕事を行えるのは、仕事に集中しつつ、周囲とコラボレーションができる環境であると述べています。このような姿勢の変化を先取りできる組織は、その恩恵を受けることができるでしょう。

しかし、物事はそんなに簡単ではありません。Y世代の38%が、時代遅れのコラボレーションツールによって企業のイノベーションが妨げられていると述べています。Y世代は複雑なコラボレーションを実現する上で適切なビジネスツールへのアクセスが重要と考えており、実際、Y世代の40%はこれらのテクノロジーの費用なら自己負担する用意があるとしています。

コラボレーションがあまりに重要であるため、自分たちが求める協力的な雰囲気を自ら作り出そうとしているのです。Y世代は、今後も世界の労働市場に参画し続ける中、自分たちの声を届けるさらに多くの機会と、そのことを可能にする適切なコミュニケーションツールやコラボレーションツールを求めるでしょう。

今すぐレポートを読む

今すぐレポートを読む

積極的なコラボレーション: Y世代がコラボレーションが可能な職場を求める理由

ソーシャルメディアペルソナのさきがけとなったY世代は、背後に影を潜めたがるような性格ではありません。しかし、今日の若い人々は、目立ちたいという欲求と同じくらい、協力して働くことに適性があり、職場も例外ではありません。

  • 生まれながらの人脈作りの実力者: ソーシャルメディアとともに育ったことが、プロフェッショナルネットワーキングへの考え方に与えた影響
  • 人間関係を超える: コラボレーションによる新しいアイデアの採用の後押し
  • 共通の目的: Y世代がより多くのことを仕事に求める理由とそこからくるモチベーション
  • 競争と協力: デジタルプラットフォームによって実現できる個人的野心とコラボレーションのバランス

Workplaceを使用することでどのように組織全体がつながり、協力してより多くの成果を達成できるようになるかをご覧ください。Workplace Premiumを90日間無料でお試しください。

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

ARとVRがより良い職場作りに貢献できる4つの分野

ARとVRは、未来の働き方を変えようとしています。これがあなたの部門にとって何を意味するのかを見てみましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Workplaceを使用して多くのコラボレーションツールを統合する方法

Workplaceで会社間グループを使用すると、チームは、セキュアな場所でプロジェクトを外部のチームと共有できます。Workplaceでコラボレーションツールを統合する方法を説明します

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

仕事の最新情報を社員に共有する4つの効果的な方法

組織が大規模な場合や社員がリモートワークをしている場合は特に、業務の最新情報はきわめて重要となります。社員と常に情報を共有しておくための方法をご紹介します。