未来の職場でもオープンなビジネスを継続するために

テクノロジーと現代的な職場環境の設計が融合し、今、従業員の間に新たな行動が育まれています。そして、「仕事とは何か」という本質的な部分も変わりつつあります。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分
workplace of the future - Workplace from Meta

職場環境の設計とテクノロジーの力によって、今、新しいオープンな職場文化が生まれています。新しい動画シリーズの第1弾では、WorkplaceとCanvas8が、この点について探っていきます。詳しくは動画をご覧ください。

未来の働き方というトピックには依然として強い関心が寄せられており、テクノロジーを利用していかに仕事の質とスピードを高め、よりスマートに作業するかが模索されています。そうした取り組みは、ビジネスだけのメリットに留まりません。個人にも良い影響を与えます。

動画を見る

動画を見る

新しい働き方を取り入れられない組織は、結局、隅に追いやられてしまうのかもしれません。そうして、2025年末までに姿を消す40%の大手企業の仲間入りを果たすことになるのです[1]。淘汰され、イノベーションについて行けず、消滅してしまう…。

重要なのはテクノロジーだけではありません。やはり、つまるところは人材なのです。そして興味深いことに、現代的な職場環境の設計(働く場所の構造とインテリア)は、職場での関わり方も変えています。

考え方が変化し、もっとオープンな働き方が可能になっています。そうした変化は職場の生産性を高め、ひいては従業員の幸福度、エンゲージメント、効率も向上させています。

未来の働き方を創る

未来の働き方を創る

組織として何もしないと、未来の働き方にきちんと備えることはできません。未来の働き方とは革命なのです。スマートなツールやより良い職場環境によって新たな行動が育まれる中で、成功する企業は環境の変化に適応していくことでしょう。ますます生産的になっている環境の恩恵を受ける人が増えれば、誰もがメリットを享受できるはずです。

[1] John Olin School of Business, Washington University

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 7分

ビジネスコミュニケーション戦略と、企業がこの戦略を必要とする理由。

ロックダウンによって社員がリモートワークを始めたとき、企業はコミュニケーション戦略の再考を迫られました。そして、社員が再びオフィスに戻り始めた今、企業はまたもや戦略の再考を求められています。その方法をご紹介しましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

効果的なミーティング戦略で生産性を変革

1日に使える時間は限られているのに、本当に生産性のないミーティングに時間を費やしたいと思いますか。効果的なミーティング戦略によって、時間をより有効に活用することができます。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

社内コミュニケーションと、それを上手に活用する方法

社内コミュニケーションが円滑に行われていると、社員同士の結びつきが強くなります。社内コミュニケーションに関する適切な戦略を実行しましょう。