ライブ動画の用途は、CEOからの発表や情報共有だけではありません。ライブ動画を最大限に活用する方法について説明します。

ライブ動画はビジネスコミュニケーションを実現する効果的かつ確かな手段であり、ビジネスリーダーが組織全体で情報をすばやく共有することに役立ちます。また、従業員が世界のどこにいても、企業活動の一端を担っていると感じられるようにします。

ライブ動画はオンラインで急速に成長を遂げている領域の一つです。Ciscoは、2021年にはすべてのインターネット動画トラフィックの13%近くがライブ動画になると予測しています。したがって、多くの企業にとって、ライブ動画がますます重要なコミュニケーションツールになっていることは、驚くにはあたりません。

Workplaceのライブ動画

Workplaceのライブ動画

人々はあらゆる場所でWorkplaceのライブ動画を使用して、プロジェクトグループ、チーム、または会社全体に動画を直接配信しています。また、ライブ動画ではコメントやリアクションの形式でリアルタイムフィードバックが得られるため、人と人のつながりを生み出したり、関係を築いたりするための効果的な方法になります。

ライブ動画メッセージを組織内の特定のグループや全員に配信することができます。また、イベントの終了後に、ライブ動画を視聴できなかった人のために、動画のオンデマンド版をグループに投稿できます。

組織でライブ動画を活用する6つの方法をご紹介します。

1. 新しい機器やソフトウェアの使用方法を教える

1. 新しい機器やソフトウェアの使用方法を教える

ライブストリーミングやオンデマンド形式の動画を用いたトレーニングを活用すると、数百人あるいは数千人もの従業員にアクセス可能な形式で情報を伝えられるようになります。
ライブトレーニングやオンデマンドトレーニングを活用すると、数百人あるいは数千人もの従業員にアクセス可能な情報を伝えられるようになります

ライブトレーニングやオンデマンドトレーニングを活用すると、数百人あるいは数千人もの従業員にアクセス可能な情報を伝えられるようになります

例えば、ITマネージャが新しいソフトウェアの使用方法を順を追って説明している「ハウツー」動画を配信することができます。

ライブ動画のコンテンツが視聴者にとって興味深ければ、視聴者の覚えも早く、動画の途中で質問することもできます。また、セッションのインタラクティブ性を高めるため、ライブ動画でアンケートを作成できるようにもなっています。

Spyglass RealtyはWorkplaceのライブ動画を使用して、エージェントの研修にかかる時間を月32時間短縮しています。

2. ブランドアイデンティティの変更を共有する

2. ブランドアイデンティティの変更を共有する

ライブ動画を使用すると、各チームが複数の拠点に分散している場合でも、誰もが同じ部屋にいるかのように情報を共有できます。ロゴのデザイン変更など、ブランドに関する変更を通知する必要がある場合、その企業が進む新しい方向性をすべてのスタッフが理解できるようにすることが重要です。

WorkplaceとZoomを連携して、ライブビジネスミーティングをタイムラインや特定のグループにストリーミングすることもできます。これは、上級管理職がフロントラインワーカーとつながる必要がある全社規模の発表やQ&Aを実施するときに最適です。

WorkplaceとZoomを連携して、ライブビジネスミーティングをタイムラインや特定のWorkplaceグループにストリーミングすることもできます

WorkplaceとZoomを連携して、ライブビジネスミーティングをタイムラインや特定のWorkplaceグループにストリーミングすることもできます

3. 移転に関する案内

3. 移転に関する案内

ライブ動画を配信するときは、動画を興味深くするために人や製品を重点的に取り上げる必要はありません。

オフィスの一つが新しい建物に移転するとします。この場合、ライブ動画ストリーミングを使用して、新しいオフィスのバーチャルツアーを提供することができます。その後、社内のWorkplaceグループの一つに録画を固定して、従業員が録画を見つけたり、都合の良いときに再視聴したりできるようにします。

Workplaceグループ上に録画を固定して、従業員が録画を見つけたり、再視聴したり、共有したりできるようにします

Workplaceグループ上に録画を固定して、従業員が録画を見つけたり、再視聴したり、共有したりできるようにします

これにより、オフィス内の備品やデスクの概観がわかるので、従業員がレイアウトに慣れ、より速く生産性を高められるようになります。
4. マーケティング戦略について話し合う

4. マーケティング戦略について話し合う

営業チームやマーケティングチームと一緒にWorkplaceブレインストーミンググループを主導して、次の四半期のコンテンツ戦略について話し合うことができます。このとき、チームメンバーはライブでコメントしたり、質問したりできます。

アイデアが浮かんだら、そのアイデアを他のチームでテストし、フィードバックを求めることができます。これにより、新しいコンテンツに関して別の視点を持つことができると同時に、部門間のコラボレーションを促進できるようになります。

5. 新しい制服のファッションショー

5. 新しい制服のファッションショー

ロンドンファッションウィークがキャットウォークショーをライブストリーミングできるなら、組織でも同じようなことができるはずです。店舗や工場で働く従業員のために新しい制服を作った場合、そのモデルになってくれる人を募ります。そして、新しい制服をファッションショーとしてライブストリーミングでお披露目すれば、注目を集められます。
BlueJeansなどのツールと連携することにより、他のイベントもライブストリーミングできるようになります

BlueJeansなどのツールと連携することにより、他のイベントもライブストリーミングできるようになります

BlueJeansなどのツールと連携することにより、他のイベントもライブストリーミングできるようになります。例えば、工場ツアーを行ったり、出席している業界授賞式の「舞台裏」で得られたインサイトを共有したりできます。
6. 将来の人材のために業務経験を整理する

6. 将来の人材のために業務経験を整理する

若い世代の人は視覚に訴えるものを好みます。若い世代を惹きつけるツールを取り入れることは、学校や大学などの外部パートナーとのコミュニケーションを向上させる優れた方法です。

人事担当者はライブ動画を活用して、将来の人材と即座に交流し、その業務経験を価値のあるものにすることができます。

企業のツールが惹きつけるのは、学生だけではありません。Robert Waltersのホワイトペーパーによると、Y世代の53%は、自分が普段使っているテクノロジーと同じものを雇用主が使っている場合、内定を受諾する可能性が高くなると答えています

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

その他の記事

その他の記事

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 7分

ビジネスコミュニケーション戦略と、企業がこの戦略を必要とする理由。

ロックダウンによって社員がリモートワークを始めたとき、企業はコミュニケーション戦略の再考を迫られました。そして、社員が再びオフィスに戻り始めた今、企業はまたもや戦略の再考を求められています。その方法をご紹介しましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

効果的なミーティング戦略で生産性を変革

1日に使える時間は限られているのに、本当に生産性のないミーティングに時間を費やしたいと思いますか。効果的なミーティング戦略によって、時間をより有効に活用することができます。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

社内コミュニケーションの意味とその活用方法

社内コミュニケーションが円滑に行われていると、社員同士の結びつきが強くなります。社内コミュニケーションに関する適切な戦略を実行しましょう。