ビジネスで一般的な5つの課題とその解決にWorkplaceを役立てる方法

投稿: Andrew Garney

共通の文化を築く。ミレニアル世代の社員。情報による疲弊。これらは、働き方の未来に向けて進む組織が直面する多くの課題のうちの3つに過ぎません。

私たちは、お客様が直面する課題についてお客様からお話を伺うようにしています。興味深いことに、すべての業界のあらゆる規模の組織が、似たような課題に直面しています。Workplaceのお客様から伺った一般的な5つのビジネス課題と、Workplaceを使ってそれらの課題に打ち勝つ方法をご紹介します。

1. 共通の文化を築く

Deloitte社によると、経営幹部の69%が、企業目標を実現するためには企業文化が重要な要素であると考えています。ところが、強力な企業文化の必要性を認識することと実際に企業文化を築くことは、まったく別なことです。

「共通の価値に基づく双方向のコミュニケーションを実現するツールが必要」

組織は、あらゆる人が参加できる全社規模の会話を実現する手段を見極める必要があります。組織内の動向を探る新しい方法と、共通の価値やアイデンティティに基づく双方向のコミュニケーションを実現するツールが必要です。これはWorkplaceが開発された理由の1つでもあります。

つまり、生産性の向上と密接なコラボレーションを実現し、従業員のつながりを促進して企業文化を強化し、人々の間の距離を縮めることです。

2. 分散したチームを結びつける

すべての社員を1つにすることは、Workplaceが話を伺う多くの組織にとって関心のある課題です。異なる場所や国で仕事をする人。

ビジネス内の別のグループや部署で働く社員。仕事用のメールアドレスのない人。どこで働いているどんな人でも会話に参加できるようにするには、どのようなツールを使えばよいでしょうか。

この課題の答えは、モバイルファーストの新しいデジタルプラットフォームを見つけることです。携帯電話を使うと、組織全体であらゆる人をつなげることができ、従来のITでは届かなかった人にも発言の機会を与えることができます。

3. ミレニアル世代の要望に応えるツール

PwCによると、2020年までにミレニアム世代が労働者の半分以上を占めるようになります。つまり社員の50%が、テクノロジーと違う付き合い方をしてきた世代となり、職場でのデジタルツールの使用について新しい要望を持つことになります。

「未来のデジタルツールは簡単に使用でき、オープンな環境である必要があります」

新しい世代はデスクではなく携帯電話に結びついていて、簡単なアクセスと透明性は権利だと考えています。そのため、未来のデジタルツールはいつでもどこでも簡単に使用でき、オープンな環境である必要があります。

組織はメールのような従来のコミュニケーションツールの代替手段を採用することで、新世代の労働力のニーズと要望に応えることができるでしょう。

4. 最新のテクノロジーで社員をサポートする

最新のテクノロジーには、いつどこにいても人々を結び付ける力があります。その一方、仕事と私生活の区別があいまいになる可能性もあります。

「自分で仕事のリズムを決められるようにサポートする」

社員が24時間オンラインになり続け、仕事と生活のバランスが崩れないようにするには、どうすればよいでしょうか。この問題を克服するには、各自が自分の仕事のリズムを決められるようにサポートする手段が必要です。また、この新しい柔軟性が従業員にもたらすメリットを示す必要もあります。

Workplaceのようなスマートなプラットフォームは、人々の働き方を根本的に変えることでサポートします。社員はWorkplaceを使ってより迅速に決断を下し、ワークロードを管理してシェアし、より効果的にコラボレーションできるようになります。

5. 共同の考えではなく、孤立した考え

メールはある深刻な問題を抱えています。メールは閉じられたコミュニケーションであり、オープンではありません。誰かと議論しようとしても、相手が送信リストに入っていない限り、その人はあなたが議論しようとしていることを知ることすらできません。

「組織はメールの鎖から離れる新しい方法を見つける必要があります」

また、すべての人を送信先に含めたとしても、グループメールや配信リストでは会話やコラボレーションを促せません。社員は孤立した閉鎖空間に閉じ込められたような気分になり、非効率につながる可能性もあります。

組織はメールの鎖から離れ、より効率的にコミュニケーションできる新しい方法を見つける必要があります。そのために、多くの組織は優れたイノベーションとコラボレーションを促すWorkplaceのようなプラットフォームを使用しています。

こうすることで、より効果的に、すばやく、スマートに仕事をする新しい方法が見つかります。

大きな成果は人々が一緒に仕事すると生まれる

Workplaceは単なるコラボレーションツールではありません。同僚や顧客と一緒にブレーンストーミングを行い、シェアし、よりスマートな方法で仕事をするための場所です。使い慣れた機能を、カスタマイズされたプライバシーポリシーとセキュリティコントロールの下で使用することができます。そして、すでに使用しているツールとシームレスな統合を実現するプラットフォームを使うことで、すべての人を結びつけることができます。

Workplaceを使って課題を克服する方法と新しい働き方についてご覧ください。


いつでも最新情報を入手

Workplaceのニュースレターに登録して優れたコンテンツを豊富に受け取り、最新情報を入手しましょう。


フォローする


チームで変わる。すべてが変わる。

Save the Children

Save the Children is using Live video to share knowledge and stay connected

Play video

他のニュース