学習と能力開発

既存の学習・能力開発プログラムを拡充し、個々に適した能力開発の機会を全社規模で提供しましょう。

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

学びの機会は、日々の業務のいたるところにあります。社内のチームメンバーと、社外の取引先と、あるいはFacebookのパートナーと協業するなかで、さまざまなことを学ぶチャンスがあります。

では、なぜ学びは重要なのでしょうか。

  • 学習者の12%は、トレーニングで学んだスキルを実務に応用していると述べています。
  • マネージャの38%は、提供している学習プログラムが学習者のニーズを満たしていると考えています。
  • 3人のうち1人の社員は、魅力のないコンテンツは学習の妨げになると述べています。
  • 企業に雇用されている社員のうち、職場での学習を望む人の割合は68%に上ります。その他、58%は自主学習、49%は必要に応じた学習を望んでいます。
  • 社員を学習から遠ざけている第一の理由は時間的な余裕のなさです。企業に雇用されている社員のうち94%は、会社が自分のキャリアに投資してくれるならそこで働き続けたいと考えています。

Workplaceの活用方法

学習グループを作成する

1. 学習グループを作成する

日々の仕事で学んだことを共有するためのグループを作成します。厳選したスキルトレーニングを、トレーニング教材やイベントへのリンクを付けて共有します。Workplaceには80言語以上に対応した翻訳支援機能があるので、世界各国の拠点に簡単にコンテンツを配信できます。

グループでアンケートを実施して、社員の協力のもとで情報を集め、社員の間で関心の高い学習コンテンツを見極めます。

チームのグループで学習モジュールを作成する

2. チームのグループで学習モジュールを作成する

学習機能では、マルチメディアのトレーニング投稿をグループの管理者がキュレートし、デスクトップやモバイルデバイスからいつでも簡単にアクセスできる環境を整えることができます。学習機能の使い方については、こちらのガイドをご覧ください。

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

Workplaceの[学習]で社員同士のナレッジ共有を促進する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
学習イベントを作成し、教育用コンテンツをライブ配信する

3. 学習イベントを作成し、教育用コンテンツをライブ配信する

イベントを作成し、近日開催予定のトレーニングワークショップを告知します。その後グループで、拠点に関係なく誰もが参加できるライブ配信を実施します。


マイクロラーニング

「エキスパートを交えたライブ配信」により、機を逃さずにマイクロラーニングの機会を提供しましょう。ライブ動画のQ&A機能を使えば質疑応答が可能です。または、実際の仕事から学んだことをピックアップしてシェアする双方向型の短い動画を作成して、学習機会を提供することもできます。

ライブでマイクロラーニングを提供しましょう

学習コミュニティとメンタリングサークルを作成する

4. 学習コミュニティとメンタリングサークルを作成する

学習コミュニティグループやメンタリングサークルグループを作成します。学習やメンタリングの目標の共有、Workplace Liveを用いた体験談の共有、教材のアップロードや共有が可能です。

メンターとメンティーの1対1のグループを作成すると、他人の目を気にすることなく能力開発に関する事柄を話し合うことができます。Workplaceチャットの動画チャットを使えば、メンタリングをオンラインで実施できます。

ゲーミフィケーションとチャットボット

5. ゲーミフィケーションとチャットボット

リーダーシップダッシュボードを作成し、ラーニングマイルストーンを設定してリーダー間で共有し、競争意識を高めます。学習グループでのライブ配信や、社員やチームの写真の投稿を通じて、ラーニングマイルストーンの達成や認定プログラムの修了を称えましょう。

チャットボットを使うと、学習を自動化できます。Workplaceでは、人工知能と機械学習の力を借りて学習内容を個々の社員向けにカスタマイズし、Workplaceチャットメッセージの形でモバイルデバイスに配信することが可能です。

進捗を把握する

6. 進捗を把握する

  • チームのグループでラーニングユニットの進捗をトラッキングできます。
  • 投稿、「いいね!」、リアクション、再生数などのエンゲージメント指標を確認できます。
  • Workplaceのアンケートを利用して満足度スコアを確認できます。
  • コンテンツを閲覧した社員にフォローアップの質問をして、トレーニング完了率をトラッキングできます。
メリット

メリット

  • フロントライン社員、マネージャ、リーダーの日々の業務に学習を取り入れることができます。個々の希望に合わせて学習をパーソナライズできます。
  • 関連性の高い学習コンテンツを機を逃さずに提供し、さらにフィードバック機能を活用することで、生産性を高めることができます。
  • 各分野のエキスパートが業務の実例について話す動画を配信し、質疑応答を行うことができます。
  • 学習機能により、アクセスしやすく学びやすい教材を提供できます。
  • トレーニングの実施費用を削減できます。

成功事例

成功事例

Searceのロゴ

Searceは、自社の多様な製品とサービスに関する十分な知識を社員に浸透させることについて、かねてから課題を抱えていました。全員の都合がつくスケジュールを組むのは非常に骨の折れる作業で、そのうえ、対面での研修はコストがかさむ要因になっていました。

そこでSearceは、Workplaceを使用して「学習・能力開発 | 製品トレーニング」という公開グループを作成しました。これは、製品やサービスに精通した社員が毎週ライブ配信をし、新しい製品やサービスの説明とQ&Aを行うためのグループです。配信の終了後にはライブ動画の録画がグループに投稿されるため、社員は各自で時間を見つけて視聴し、知識のアップデートや復習をすることができます。

この取り組みにより、次のような成果が得られました。

  • すべての製品およびサービスに関する完全な知識を全社に浸透させるために、誰もがオンデマンドで動画を視聴できる環境を整えることができました。
  • 社員からの質問をコメントと返信で解決できるようになり、そうしたフィードバックをもとに、エキスパートがトレーニングの内容を改善できるようになりました。

Searceについて

Workplace by Facebookの公式パートナーであるSearceは、魅力的なソフトウェア製品の開発やビジネスプロセスの改善、コンサルティングによる業績向上に取り組む企業です。「ベストプラクティスは過大評価されている」という強い信念のもと、トップクラスのエンジニアと専門家からなる少数精鋭チームを編成し、より良い業務プロセスを模索しています。イノベーションを重視する企業文化が根付いており、プロセスの改善と変革の実現のために、社員は「間違えることを奨励」され、現状を疑うことを推奨されています。

Workplace by Facebookを使用するMLSE
Workplace by Facebookを使用するEnnismore
Workplace by Facebookを使用するScoot
Workplace by Facebookを使用するMemorial Health Systems
パーソナライズされた学習・能力開発の機会をすべての社員に提供しましょう。