非営利団体が目標を明確に定義した場合、資金調達、コミュニティパートナーの誘致、ボランティアの募集が容易になります。

成功する可能性も高くなります。カリフォルニア州のドミニカン大学の研究によると、目標を記録している人は目標を達成する可能性が42%高いそうです。

この記事では、非営利団体において目標を設定し、達成するためのヒントをいくつか紹介します。

全員が同じ認識を持っていることを確認する

全員が同じ認識を持っていることを確認する

組織の立場と達成すべき目標を全員に示すことができる明確なミッションステートメントを持つ必要があります。

目標を記録している人は、目標を達成する可能性が42%高い

目標を記録している人は、目標を達成する可能性が42%高い

長々と書く必要はありません。例えば、Oxfamの使命は「貧困、飢餓、社会的不正義に対する永続的な解決策を生み出すこと」です。

次に、何を達成したいのか、それをどのように行うのか、いつまでに達成することを目標とするのかを明確に周知します。

新しい機器を買うための資金調達、新しい地域への拡大、ブランド認知度の向上など、グループ全体の目標に対して、各チームがどのようにサポートできるのかを示しましょう。

キャンペーンにタイムラインを設定する

キャンペーンにタイムラインを設定する

締め切りはどの組織にとっても重要です。目標に締め切りを設定しない場合、達成の可能性が低くなります。

タイムラインがあると、チームがいつまでに何に取り組むべきかが明確になり、行動を起こすモチベーションにつながります。ただし、目標達成に向けたタイムラインは、現実的に可能なものとし、関係者の合意を得るようにしてください。

非営利団体が目標を明確に定義することで、資金調達、コミュニティパートナーの誘致、ボランティアの募集が容易になる

非営利団体が目標を明確に定義することで、資金調達、コミュニティパートナーの誘致、ボランティアの募集が容易になる

期限を設定すると、目標の達成に向けた進捗状況の確認もしやすくなります。1年間にわたる募金活動の場合、開始6か月の時点で目標の半分を達成できているはずです。

遅れていると判明した場合は、人を集め、すべてのリソースを投入して取り組むことで、遅れを取り戻すことができます。

コラボレーションの力を活用する

コラボレーションの力を活用する

人々が協力できるようにすることで、より早く簡単に目標を達成できるようになります。しかし、非営利団体の職員は世界中のさまざまなオフィスに分散していることがあり、多くの場合リソースも限られています。こうした事情から、職員が疎外感や孤立感を覚えることがあります。

IM、音声、ビデオ通話で、世界中のスタッフとボランティアをつなげる

IM、音声、ビデオ通話で、世界中のスタッフとボランティアをつなげる

非営利団体の管理チームは、職員に対してオンラインチャンネルを使用したブレインストーミングやコミュニケーションを奨励しましょう。Workplaceなどのプラットフォームが提供するコミュニケーションツールが役に立ちます。

チームは、たとえばWorkplaceチャットなどのツールを通じてアイデアを共有できます。無料のモバイルアプリであるWorkplaceチャットは、所在地を問わず、非営利組織の全員を互いにつなげることができます。

また、IM、音声通話、ビデオ通話を提供して、世界各地のオフィスやフロントラインで業務にあたるスタッフやボランティアをつなげます

また、ファイルやドキュメントも交換できるため、共同作業が円滑になり、より多くの成果を上げることができます。所在地がさまざまに異なるグローバルなチーム間のつながりを構築することも、これまで以上に簡単になっています。

効果を測定する方法を見つける

効果を測定する方法を見つける

非営利団体の管理者にとって、効果を測定する方法を見つけることは重要です。単に「できるだけ多くの資金を集める」という目標を掲げた場合、頭に思い浮かべる金額は人によって異なります。

KPIを常に把握して、目標を定義するだけでなく確実に達成できるようにする

KPIを常に把握して、目標を定義するだけでなく確実に達成できるようにする

定量的なターゲットがない場合、目標を達成したかどうかを知るすべがありません。

組織の目標が新卒者の就職をサポートすることである場合、効果の測定方法として、一定期間後にその仕事を継続している人の数を追跡することが考えられます。

ステークホルダーは、組織が自分たちの影響の度合いをどのように計測しているのかを知る必要があります。そのため、KPIを常に把握して、目標を定義するだけでなく、確実に達成できるようにしなければなりません。

Workplace for Good

Workplace for Good

教育機関と非営利団体は、Workplaceを無料で利用することができます。過去18か月間、何千もの組織がWorkplaceを使用して、世界中で有意義なコミュニティを構築してきました。

先日運用が開始されたWorkplace for Goodにより、Workplaceは、高い目的意識を持った教育機関や非営利団体と足並みを揃えることができるようになりました。これはMetaにとって大きな誇りです。

組織でのWorkplace for Goodの使用について詳しくは、こちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Workplace for Goodで有意義なコミュニティを構築

過去18か月間に、数千もの非営利団体や教育機関がWorkplaceを導入し、働き方を変革しています。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

教師がよりスマートな教育の実現にWorkplaceをどのように活用しているか

コミュニケーションツールが教師間のつながりの強化とコミュニティの構築にどのように役立っているかをご紹介します。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

コントラクターズやコンサルタントの力を最大限に引き出す方法

組織は、コンサルタントやコントラクターズの対応速度を向上させる必要があります。その助けとなるのが、適切なコラボレーションツールです。