続いて、パネルセッション「変化を支える人々」では、大規模な組織において職場改革を実現するための方法をご紹介します。

世界中のどの組織も立ち止まることを望んでいません。変化は発展の礎です。だからこそ、すべてのビジネスリーダーにとって重要な課題なのです。しかし、変化とは一体何なのでしょうか?私たちが言う「変化」とは、果たして何を指すのでしょうか?

CEOの65%が「インクルーシブな成長」を戦略上の最優先課題3つに含むと回答

CEOの65%が「インクルーシブな成長」を戦略上の最優先課題3つに含むと回答

まず、人々自体の変化を考えます。ダイバーシティは根本的な変化に拍車をかけています。Deloitteの「グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド2018」レポートの一環として、1万人のリーダーを対象とした調査が行われ、その3分の2が、ダイバーシティとインクルージョンは自社のビジネスにとって「重要」または「非常に重要」だと述べています。

つまりCEOの65%が「インクルーシブな成長」は戦略上の最優先課題3つに含まれると回答しています。

また、テクノロジーにも目を向けなければなりません。物理空間だけでなく、デジタルワークプレイスもどのように変化しているのか、ということです。

これは、若い従業員を抱える企業にとって大きな懸念材料です。Y世代の53%が、自分と同じテクノロジーを使っている雇用主の会社になら入社したいと考える可能性が高くなると回答しています。

さらに、変化には透明性も関係します。83%の人が信頼できるブランドで買い物をしたいと答え、69%の人がブランドはもっと信頼を得る努力をすべきと考えています。

ビジネスに対する人々の認識を大きく変えるために、経営者レベルのリーダーが必要と考えているのは徹底した努力

ビジネスに対する人々の認識を大きく変えるために、経営者レベルのリーダーが必要と考えているのは徹底した努力

今、企業はかつてないほど、社会に与える影響に対する責任を問われています。ビジネスに対する人々の認識を大きく変えるためには徹底した努力が必要だと、経営者レベルのリーダーは考えています。

このセッション「変化を支える人々」には、大規模な組織で具体的な変革を実現した実績の豊富な専門家数名に集まってもらいました。

ダイバーシティ、テクノロジー、ビジネス文化の変革など、変革を現実のものとするための経営戦略を学ぶことができるでしょう。

「変化を支える人々」で学ぶのは、変化を現実のものとするための経営戦略

「変化を支える人々」で学ぶのは、変化を現実のものとするための経営戦略

Flow 2018 Session Spotlight - Workplace from Meta

Maxine WilliamsはFacebookのCDO (最高ダイバーシティ責任者)です。彼女はダイバーシティとインクルージョンのスペシャリストのチームを率いて、社内では少数派である人々について、そうした人々からみた組織の魅力を増し、離職を防ぎ、成長をサポートするための戦略を策定しています。

Williamsのチームは、Meta社内で認知の多様性(異なる経歴、経験、情報に基づく多様な考え方)を高めることを目指しています。

Flow 2018 Session Spotlight - Workplace from Meta

Vodafoneのグループ人事担当ディレクターであるRonald Schellekens氏は、多様なネットワークのつながりを構築することが大事だと認識しています。

Shell、PepsiCo、AT&Tで先駆的な取り組みを行ってきた彼が、その豊富な経験から、テクノロジーには次世代の人材を引き寄せ、転職を思いとどまらせると同時に、人々がよりよい世界を築くのを後押しする力があるということを教えてくれます。

Flow 2018 Session Spotlight - Workplace from Meta

Paradigmは大手テクノロジー企業と提携し、調査に基づき、より強く、よりインクルーシブな組織づくりをサポートする戦略ファームです。

CEOのJoelle Emerson氏はビジョンを示すことで、起業家、経営者、ダイバーシティ・インクルージョンのリーダーが組織内の障壁を特定し、有意義な変化を推進することを支援してきました。

Flow 2018 Session Spotlight - Workplace from Meta

Pradheepa Raman氏は、Stanley Black & Deckerの最高人材・イノベーション責任者です。SamsungやAvayaでインクルージョン・イニシアチブを主導した経験を持つ彼女は、そのユニークな洞察力に定評があり、人々をあっと言わせる行動をとることで先進的な動きを促し、よりオープンな職場づくりを進めています。

彼女は多様性に富むチームを率いて、新しい情報、新鮮な視点、創造性の増大、昇進の機会の認知を推進しています。

Flowでパネリストが議論するのは、机上の空論ではなく実践的な戦略

Flowでパネリストが議論するのは、机上の空論ではなく実践的な戦略

Flowでパネリストが議論するのは、机上の空論ではなく実践的な戦略です。Pradheepa氏は「企業のリーダーは、正しい改革を行うことを約束し、誠実に対応する必要があります」と述べています。

イベントでは「改革をやり遂げるにはどんな戦略が必要か」を考えます

Flowとは

Flowとは

Flowは、2018年10月9日(火)にカリフォルニア州メンロパークのHotel Niaで開催される、当社のグローバルリーダーシップサミットです。

Walmart、Vodafone、Box、Oktaなどのお客様やベストパートナーとともに、企業が人々を組織の目的と結びつけ、人々の真の可能性を引き出し、最高の仕事をする力を与える方法について議論します。

最新情報を入手する

仕事の最前線からの最新のニュースとインサイトを取得しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Workplaceグループの機能を使ってコラボレーションを管理

同僚やチームとだけ共有する専用スペースを作成して、プロジェクトの検討、情報の管理と安全な方法での共有などをそのスペースで進めましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Flow 2018セッションスポットライト: SaaS分野でユニコーン企業を育てる

Flow 2018に向けた継続連載として、当日発表される予定の新しいアイデアや深い議論をご紹介します。