Workplaceのグループは、共同作業で仕事を成し遂げるためのスペースです。タスクの割り当て、フィードバックの共有、同僚のタグ付け、最新情報の投稿ができます。作成できるグループの数に制限はなく、安全性の高いファイル共有機能や容量無制限のストレージを利用できます。

公開グループ、非公開グループ、秘密のグループ。すべては利用者次第

公開グループ、非公開グループ、秘密のグループ。すべては利用者次第

公開、非公開、秘密のうち、どのグループにするかを選択します。これにより、アクセスを管理し、必要な情報を適切な人が入手できるようにすることができます。

お客様からも反響があります。Workplaceグループは、組織全体のチームや個人がより多くの仕事を成し遂げることを後押ししてくれるとして、多くの人に愛用されています。

「Workplaceグループを利用して、他の組織とリアルタイムのフィードバックを共有しています。日々細かいフィードバックが届くため、速やかに対応できます。これにより、顧客体験を大きく向上させることができます」

「Workplaceグループを利用して、他の組織とリアルタイムのフィードバックを共有しています。日々細かいフィードバックが届くため、速やかに対応できます。これにより、顧客体験を大きく向上させることができます」

– Banco Galicia、CEO、Fabián Kon氏

「私たちのチームはWorkplaceグループを使って、多くの関係者とリアルタイムで情報共有し、フィードバックやインプットを得ています」

「私たちのチームはWorkplaceグループを使って、多くの関係者とリアルタイムで情報共有し、フィードバックやインプットを得ています」

– Campbell、マーケティング競争力担当ディレクター、Samuel Monnie氏

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Ad's Up ConsultingがWorkplaceを使ってコラボレーションを最適化

Ad's Up Consultingは、Workplaceを早くから導入しているアーリーアダプターでした。そこで、コミュニケーション部門責任者であるMaud Baerenzung氏と再会し、このプラットフォームが人々の働き方をどのように変え続けているのか、話を聞いてみました。