総経済効果調査で判明したWorkplaceの力

その結果は好意的なものでした。Forresterが実施したTotal Economic Impact(総経済効果)調査によると、Workplaceを利用すれば、ビジネスは3年間でROIを3.9倍に伸ばすことができます。

製品ニュース | 所要時間: 3分

私たちがWorkplaceを構築している目的は、人々に必要なツールを提供して、会社をコミュニティに変えることです。職場における満足感とエンゲージメントを高めて、従業員がさらに大きな価値を組織に付加できるようにしたいと考えています。しかし、その行動にはどのくらいの価値があるのでしょうか?

その価値の大きさを明らかにするために、私たちは、Workplace by Facebookに関するTotal Economic Impact™(総経済効果)調査をForrester Consultingに委託しました1。この調査の完全版は、こちらからダウンロードできます。

組織全体に価値を追加する

組織全体に価値を追加する

組織がWorkplaceでつながり合うと、人と人との距離が縮まり、チームワークが円滑になり、文化が強化されます。Forresterの調査では、このつながりがフロントラインワーカーから経営陣に至るまでの全員にもたらす具体的なメリットが示されています。

例えば、CEOにとっては、Workplaceを利用することにより、ROIが3年間で3.9倍に増えています。またHR担当者にとっては、新入社員のオンボーディングが24%効率化しています(そして、スタッフ定着率は20%向上しています)。ITリーダーにとっては、クラウドの運用コストが80%削減しています。社内コミュニケーションの責任者は、フロントラインワーカーに更新情報を34%速く届け、意思決定にかかる時間を20%短縮しています。

つながりを数値化する

つながりを数値化する

バイヤーにとっては、IT投資の実際のコストに加えて、従業員に対する具体的なメリットを予測することが重要になります。この点について、Forresterの調査結果はいくつかの明確な例を示しています。

例えば、Workplaceを使用することに同意した人々の85%は、オフィスワーカーやリモートワーカーとの関りを強化しています。また、その88%は、Workplaceを使用すると、従業員がチームや組織をより身近に感じるようになると考えています。回答者の82%は、Workplaceを使用すると、企業文化をさらに強固にすることができると答えています。

さらに大きな価値を追加する

さらに大きな価値を追加する

人々がつながるとビジネスが発展する理由を証明することは簡単ではありません。この調査はまず最初に確認すべきことですが、やるべきことはまだたくさんあります。

私たちは、仕事をスピードアップし、人と人との距離をさらに縮め、より強固な企業文化をもたらすために、Workplaceの開発を続けていきます。また、ビジネスに具体的な経済効果を与えるような形でWorkplaceを開発すると同時に、引き続き価値を付加するための新しいスマートな方法を世界中の人々に提供します。

Forresterの調査の完全版をこちらからダウンロードしてください

詳細なデータを見るには、Forresterの調査の完全版をこちらからダウンロードしてください。

その他の記事

最新情報を入手する

フロントラインワークに関する最新のニュースとインサイトを入手しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

社員エンゲージメントとは?

社員エンゲージメントは、生産性から満足感まであらゆることに影響をもたらします。社員エンゲージメントの向上につながる主な要因と、職場で社員のエンゲージメントがなくなっている状況を発見する方法を学びましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

社員への満足度アンケートが効果的な理由

社員への満足度アンケートで尋ねるべき、最適な質問は何でしょうか。意識アンケート、360度フィードバック、その他のアンケートで尋ねるべき質問について説明します。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

パンデミック後の生産性の回復

生産性とは何か、どのようにして測定するのか、パンデミック後に社員が徐々に職場に復帰する中でどのように生産性を維持するのかについて説明します。