経営陣の可視性とアクセシビリティ

オープンで積極的なリーダーは、企業文化を強化し、社員の働きやすさを改善できます。

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

社員はオープンで考えがよく見えるリーダーを求めています。経営陣が積極的に参加すると、それが組織全体のエンゲージメントのトーンとなり、企業文化の醸成につながります。経営陣が透明性の手本となるような発信や会社の価値観を強化するような発信を行うと、社員全体に誇りと帰属意識を植え付けることができ、生産性の向上、カスタマーサービスの改善、離職者の減少につながります。

Workplaceの活用方法

ニュースフィードで経営陣の投稿をハイライトする1.ニュースフィードで経営陣の投稿をハイライトする

ニュースフィードで投稿をハイライトして、経営陣の投稿を目立たせましょう。


ニュースフィードで投稿をハイライトしましょう

特定の投稿を「重要」に指定して、全員のニュースフィードの最上部に表示することもできます。社員は重要な投稿を読んで「既読」にするよう促され、管理者は「既読」、「既読確認済み」、「リアクション」の統計をトラッキングできるようになります。

経営陣のエンゲージメントを促す2.経営陣のエンゲージメントを促す

重要なプロジェクトや会社のグループでは、経営陣が先頭に立って頻繁に投稿に反応したり、自ら投稿したりしましょう。

経営陣の情報グループを作成する3.経営陣の情報グループを作成する

経営陣による全社的な情報グループを作成して、業界トレンド、会社の取り組み、俯瞰的なビジネス環境に対する踏み込んだ見解を経営陣が定期的に共有できるようにしましょう。


経営陣の情報グループを作成する

Workplaceチャットでコミュニケーションを一元化する4.Workplaceチャットでコミュニケーションを一元化する

経営陣同士のコミュニケーションに使うチャネルを効率化します。経営陣には、WhatsAppやメールのグループ配信に替えて、Workplaceチャットをチーム全体や1対1の会話のハブとして使ってもらうようにしましょう。

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

CEOとの週次Q&Aを開催する5.CEOとの週次Q&Aを開催する

CEOによる全社を対象としたQ&Aイベントを毎週開催することで、さまざまな拠点に分散したチーム同士の距離を縮め、社内のコラボレーションを促進しましょう。Workplaceのアンケート、イベント、ライブ配信機能を使って会社の現状をとらえ、経営陣が常にフロントラインの状況を把握できるようにしてください。

ライブ動画を利用していない場合は、安全に関するアナウンスグループにQ&A投稿を作成し、社員を招待して質問をシェアしてもらいましょう。グループのメンバー全員が投稿に関する通知を受け取り、その投稿に直接質問できるようになります。また、質問に対してプラス票やマイナス票を入れたり、他のグループメンバーに返信したりすることもできます。


Q&A投稿

ライブで全員にリーチする6.ライブ動画で組織内の全員にリーチする

経営陣はライブ動画を使用して、自分のデスクから情報をシェアしたりミーティングやタウンホールをライブ配信したりすることで、より多くの社員にリーチを広げることができます。FacebookのAPIを使えば、スマートフォン、コンピューター、プロ用カメラで動画を撮影できます。ライブ動画はグループに自動で投稿されるため、ライブ配信を見逃した人にも後から見てもらえます。

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

アンケートで全員の声を聞く7.アンケートで全員の声を聞く

Q&Aアンケート機能を活用して、部門を超えたコミュニケーションを実現しましょう。社員からの質問には、ライブQ&Aや経営陣によるフォローアップ投稿で回答できます。


ライブQ&Aセッションに関する質問を募集するアンケートの投稿

メリット

メリット

  • 経営陣と現場の社員の距離が縮まり、会社の一体感が強まります。
  • 社員とのつながりを維持し、重要な最新情報を伝えるようにすることで、社員の意識を向上できます。
  • 重要なアナウンスや会社の最新情報に対する社員の反応を、経営陣がリアルタイムに把握できます。
上級管理職の可視性とアクセシビリティを向上させましょう