システム管理者ガイド

Workplaceを管理する際に参考になるアドバイスとベストプラクティスをご紹介します。

設定とセキュリティ

所属組織用にWorkplaceを設定する場合、Workplace設定ガイドの手順に従うと、作業をすばやく完了できます。

会社のメールドメインを認証する

Workplaceドメインを認証すると、あなたのWorkplaceアカウントが組織の公式アカウントになります。そうなると、同じメールドメインのユーザーがそれとは別のWorkplaceを作成することはできなくなります。ドメインの認証後は次のことも可能になります。

  • シングルサインオンを有効にする
  • 個人情報を編集する
  • ユーザープロフィールのアクティベーション前にユーザーにお知らせを送信する

認証する代わりにドメインを許可リストに追加することもできます。ドメインを許可リストに追加した場合、同じメールドメインのユーザーが別個のWorkplaceアカウントを作成することは禁止されません。許可リストへの追加を選択した場合でも、ドメインの認証はいつでも実行できます。

認証と許可リストへの追加方法は、Workplace技術リソースをご覧ください。

Workplaceで使用するドメインをホワイトリストに追加する

WorkplaceはFacebookと同様のテクノロジーを利用して開発されています。そのため、組織が設定したFacebookへのネットワークアクセスを防止するドメイン制限はすべて、Workplaceにも適用されます。ドメイン、ポート、IPの範囲のブロックを解除する詳しい手順については、技術リソースをご覧ください。

Workplaceのメールドメインを安全な送信者リストに追加する

アカウントを取得するよう招待する際や、組織内の利用者がメンションされた投稿について知らせる際には、Workplaceから利用者宛てにメールが送信されます。社員がアカウント取得のメールを受け取ってWorkplaceに参加できるよう、メール管理者はfbworkmail.comを安全な送信者としてメールホストに追加する必要があります。社員がWorkplaceからのメールを受信できるようにするための手順については、技術リソースをご覧ください。

ブランディング:

ブランディングは、自社のスペースを設定するための重要な要素です。Workplaceではそれを簡単に行うことができます。会社名を追加し、Workplaceに一意のサブドメインを与えるだけで、社員はダイレクトリンクなしで簡単にアクセスできるようになります。会社のロゴと自社の利用規約も追加しましょう。


ブランディング

アカウントの管理:

管理者は、以下の方法でWorkplaceユーザーの追加と削除を行えます。

ユーザーの認証:

管理者用パネルの[セキュリティ]ページで[認証]を選択します。ここではユーザーがWorkplaceにログインする方法を指定できます。パスワードとシングルサインオンのいずれか、またはその両方を選択できます。

認証について、詳しくはWorkplace技術リソースの「認証」セクションをご覧ください

招待の設定:

Workplaceに参加するユーザーを管理するには、次の管理者向け招待設定のいずれかを選択します。

  • 招待された人のみ参加可能: 管理者またはアクティブなユーザーから招待された人のみ参加できます。
  • 以下のドメインのすべての人が参加可能: 認証済みまたは許可リスト内のドメインのユーザーであれば、招待なしで誰でも参加できます。

新規社員の追加または追加リクエストはどのユーザーも行えますが、アクセスリクエスト設定の影響を受けます。管理者が選択するアクセスリクエスト設定には3つのオプションがあり、それによって新規ユーザーがWorkplaceに参加する際の認証方式が決まります。

  • Workplaceへの参加リクエストにはすべて管理者の承認が必要: 管理者以外のユーザーによる招待は、管理者の承認を受ける必要があります。
  • これらのドメインからのリクエストを自動承認する: 認証済みまたは許可リスト内のいずれかのドメインの社内メールアドレスを持つすべての人にWorkplaceを開放する場合は、このオプションを選択します。
  • すべてのリクエストを自動承認する: 新規ユーザーは全員、管理者からの招待なしでWorkplaceに参加できます。

統合のリンク:

システム管理者の主な役割の1つは、他のシステムとの統合を設定して管理することです。組織には、すでに日々の業務に利用しているツールがあるはずです。これらのツールをWorkplaceに統合するのは簡単です。統合ディレクトリで、リンクするツールを見つけてください。ツールをダウンロードすると、組織内のすべてのメンバーがアクセスできるようになります。


ファイル共有の統合

まずはファイル共有の統合から始めましょう。Workplaceの操作が便利になるとともに、Workplace内で簡単に業務を進めることができるようになります。現時点ではMicrosoft SharePoint、OneDrive、Googleドライブ、Box、Dropbox、Quipと統合しています。これらの統合を設定すると、組織内のすべての人がWorkplaceの投稿でファイルを共有できるようになります。投稿にはリッチプレビューが表示され、直接ダウンロードしなくても簡単にファイルを見ることができます。

リソース


Workplace設定ガイド

Workplaceを設定し、利用を始めるための詳しい手順をご覧ください。