システム管理者ガイド

Workplaceを管理する際に参考になるアドバイスとベストプラクティスをご紹介します。

災害時における社員の安否確認

災害が発生した際は、セーフティチェックを使用すると、災害の影響を受けたすべての人の安否を確認し、支援を必要としている人の不安を取り除くことができます。システム管理者はセーフティチェックのすべての機能にアクセスできるため、社員の安否確認戦略の一環として利用できます。

このガイドでは、セーフティチェックの簡単な概要をご紹介します。詳細やセーフティチェックを利用するための詳しい手順については、こちらをクリックしてご覧ください。

セーフティオペレーターの割り当て:

セーフティオペレーターを割り当てると、災害時のコミュニケーション管理に役立ちます。セーフティオペレーターは災害イベントや訓練を作成、管理したり、新しいセーフティオペレーターを追加したりできます。

イベントの作成:

緊急事態が発生した場合は、すぐに新しいイベントを設定します。災害発生時の対応に備えて訓練を実施することもできます。


お知らせの編集

メンバーの追加:

セーフティチェックが適切な人に送信されるようにします。災害の影響を受ける可能性があるすべての人のリストを作成するには、Workplaceグループやスプレッドシートからインポートするか、手動でメンバーを追加します。

セーフティチェックの送信:

安否を確認するためのメッセージをすばやく送信します。セーフティチェックでは、メール、チャット、Workplaceのお知らせなどの複数のチャネルを通じて連絡できます。誰でも1回のタッチで返信できるため、支援を必要としている人がすぐにわかります。

リソース


技術リソース

WorkplaceのIT展開を進めるうえで必要なすべての情報をご覧いただけます。