応用自在のソリューション

Workplaceは画一的なツールではありません。組織の大小や事業課題の規模によらず、個々のビジネスに合わせて自在に応用することができます。

人を最優先に考える

企業文化は戦略に勝ると言われます。これからの新しい勤務環境では、社員ファーストを実現するための起爆剤が必要です。Workplaceには、社員が自分自身を表現し、業務の改善のために何が必要か声を上げることができるビジネスツールが揃っています。これにより、企業文化を重んじている姿勢を社員に示すことができます。

社員ファーストを実現するための20のヒント

一方向の発信から双方向の対話に

上意下達の意思疎通、長文のメール、イントラネット上の静的な投稿など、組織内での発信の仕方はさまざまです。これからはこのすべてについて、双方向性を高め、トップダウンを弱める必要があります。コメントやリアクションを可能にしてそれを促すことで議論の呼び水とし、また適切な時に適切な人に情報が伝わるようにしましょう。

社員に声を与える方法

経営幹部からのコミュニケーションを強化

肩書きとしてではなく、1人の人間として社員とつながるには、新たな交流の手段が必要です。Workplaceのコミュニケーションツールを使えば、台本なしの動画投稿によって自分のリアルな声を瞬時に伝えることも、あるいは社内の会話に直接参加して社員の気持ちに寄り添うこともできます。また、自分の発言の効果を測定して今後に活かすことも可能です。

社内コミュニケーションを改善した20人の経営幹部の事例

社員に快適に働いてもらうには

リモート勤務は以前から重要でしたが、2020年には不可欠なものとなりました。そして2021年以降は、ハイブリッドな勤務形態の重要性がさらに増すことが予想されます。では、働く場所にかかわらず社員が企業文化に貢献し、他の社員とつながり、連絡を受け取れるようにするには、どうすればよいのでしょうか。Workplaceには、社員同士をつなぎ、在宅勤務の質を保つのに適したビジネスツールがあります。

社員に快適に働いてもらうための6つの方法

デスクを持たない社員ともつながれる

フロントラインワーカーは、ビジネスに素晴らしい気づきを与えてくれます。しかし、彼らが声を持たなければ、現場からの提案を拾い上げることはできません。現状、コラボレーションソフトウェアへのアクセス権がなく、メールアドレスや電話番号を持たないフロントラインワーカーは40%に上ります。経営する側の人間としては、ビジネスに欠かせない存在である彼らに、適切なビジネスツールを提供する必要があります。今すぐ行動しましょう。

フロントラインワーカーに声を与えるべき理由