Workplaceで業務を簡素化: 分散したチームのための統合しやすいコミュニケーションソリューション

National Australia Bank (NAB)は、オーストラリアの四大金融機関の1つであり、オーストラリア、ニュージーランド、および世界中の800を超える拠点で900万人を超える顧客にサービスを提供しています。

課題

経営陣の刷新や新型コロナウイルス感染症流行によるリモートワークへの移行に伴い、同行では、社内コミュニケーションの推進と組織内のコミュニティ意識の醸成のためのソリューションを必要としていました。

金融サービス
800拠点
グローバル

「Workplace from Facebookはこの間、弊行のコミュニケーションにおいて中心的な役割を果たしました。Workplaceはすばらしいツールです。Workplaceがなければ、この危機がどうなっていたかと思うとぞっとします。」

Tony Story
National Australia Bank、コーポレートアフェアーズ部門、コンテンツ&デジタルチャネル責任者

成果

NABがWorkplaceを導入したのはパンデミック前のことですが、この危機の間、同行はWorkplaceを活用してリアルタイムで最新情報を提供し、経営陣に直接コンタクトを取れるようにしました。これにより、強固で結束力のある文化が育まれ、行員は顧客へのサービス提供に集中できるようになりました。

利用率も重要な要因の1つとなりました。Workplace from Facebookは行員の日常業務に溶け込んでおり、85%以上が毎日利用しています。

85%
Workplaceを毎日利用する行員の割合
15K
わずか4週間でモバイルアプリユーザー数が5,000人から15,000人に増加

統合しやすいモバイルファーストのプラットフォーム

新型コロナウイルス感染症の流行により、NABの行員は一時的にオフィスから離れることになりました。それに伴い、この新しい日常に適応するためのプラットフォームの導入が急務となりました。同行が利用したソリューションはWorkplace from Facebookです。モバイルアプリの利便性が高く、既存のツールと簡単に統合できるため、どこでどのデバイスを使用していても業務が中断されることはないという安心感をチームに与えることができました。

強いコミュニティ意識と連帯感を育む

不確実な時期には、圧倒されそうになるものです。コミュニティ意識、オープンなコミュニケーション、連帯感を促進するために、NABはWorkplaceグループを全社的なプラットフォームとして使用することで、この危機に関連する回答やリアルタイムの情報以上のものを提供しました。Workplaceグループは、困難な時期に顧客へのサービス提供を続けていたNAB行員にとって、心に響くコンテンツを共有し合い、お互いのモチベーションを高める場となりました。

以来、Workplace from Facebookは、NABの行員が互いにつながり、最新のビジネス情報や有益なストーリーを把握するためのプラットフォームとなり、毎日85%以上の行員に利用されています。

経営陣とつながりやすく

またNABは、Workplace from Facebookにより、行員が経営陣に直接コンタクトをとれるようにしました。最高人材活用責任者を務めるSusan Ferrier氏は、Workplaceを利用するメリットについてこう語っています。「危機の際のコミュニケーションは、多方向かつ恒常的でなければなりません。Workplace from Facebookにより、行員は聞きたい質問をなんでも経営陣に質問できるようになりました。そして、透明性と誠実さをもってすべての質問に答えることが経営陣の目標です。」