Workplaceの

ソリューション

他のツールとは違い、組織のほうからWorkplaceに合わせる必要はありません。どのようなビジネス課題にもWorkplaceが応えます。

現実の課題に応える本物のソリューション

Workplaceは柔軟な使い方が可能ですが、どのようなビジネスにとっても魅力的な特長が4つあります。以下で紹介します。

84%

Workplaceによって社員が早く疑問を解決できるようになったと回答した顧客

1

出典: Forrester「Total Economic Impact Report」(Workplaceの委託による調査、2019年)

経営幹部からのコミュニケーションを強化

全社規模のグループ、情報ライブラリ、重要な投稿を利用することで、適切な情報をビジネスの隅々に行き渡らせることができます。特に知るべき人に範囲を限定することも可能です。

91%

Workplaceがコミュニケーションのエンゲージメント向上に貢献したと回答した顧客

2

出典: Forrester「Total Economic Impact Report」(Workplaceの委託による調査、2019年)

場所にかかわらず誰とでもコミュニケーション

ライブ動画を用いたQ&Aで全社規模のコミュニケーションを行う、投稿を複数の言語に自動翻訳する、コメント欄でフィードバックを集めるなどが可能です。全社員が声を上げられるようになれば、エンゲージメントが高まります。

82%

Workplaceが文化の強化に貢献したと回答した顧客

3

出典: Forrester「Total Economic Impact Report」(Workplaceの委託による調査、2019年)

文化を育てる

組織として企業文化を重んじていることを社員に示すために、社員が自分らしさや大切にしている価値観を発信するための手段を充実させましょう。これには、インサイト、アンケート、プロフィールを活用できます。

76%

Workplaceは導入と展開が簡単と回答した顧客

4

出典: Forrester「Total Economic Impact Report」(Workplaceの委託による調査、2019年)

人と人をつなげる

Workplaceなら、ITに精通していなくてもつながれます。どこでどのような業務をしている社員も、Workplaceの統合とシンプルなモバイルツールによってすぐに簡単に使い始めることができます。

驚くほどスムーズに利用を開始

Workplaceの利用を始めるのは簡単です。トレーニングが不要で、さまざまなビジネスツールと統合でき、データは常に保護されます。そのため、最短5週間で全社員をつなぐことができます。勤務場所は関係ありません。

職場の変化に適応する

仕事の環境は一変しました。もう元に戻ることはありません。Workplaceで環境の変化を先取りしましょう。職位や職務、勤務場所にかかわらず、社員同士がつながればビジネスはもっとよくなります。

37%

2022年までにリモート勤務になる米国内の社員

1

出典: WillisTowersWatson「2021 Emerging From the Pandemic Survey」(2021年2月)

リモートワーカーをサポート

ライブ動画、チャットでの会話、スマートデバイスのPortalで、どれだけ離れていてもつながりを保てます。

61%

本社とのコミュニケーションが分断されていると回答したフロントラインマネージャ

2

出典: Workplace from Meta「2020年版Deskless Not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)」(7か国でフロントラインマネージャと本社マネージャ各4,500人を対象に調査、2020年2月)

フロントラインをつなぐ

Workplaceは、組織全体のフロントラインワーカーのコミュニケーションを支え、必要な情報をすばやく見つけられるようにします。

73%

もっと柔軟な勤務形態を求めている社員

3

Statista「Global employer and employee hybrid work trends post COVID-19 2021」(2021年4月)

ハイブリッドチームを作る

オフィス勤務か在宅勤務かを問わず、Workplaceなら常に情報を共有し、生産性を維持し、企業文化とのつながりを保てます。

登録してWorkplaceの最新情報を受け取る

Workplaceに登録して、仕事の最前線から最新の情報とインサイトを手に入れましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り下げてそのようなメールの購読を停止できます。また、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。