リモートワーカーとつながる

職場から隔絶された状態で働きたいと考える人はいません。Workplaceの使い慣れた簡単なツールがあれば、離れていてもつながりを保ち、情報を共有し、生産性を維持できます。

*入力したメールアドレスは、30日間の無料トライアルの認証のみを目的として使用されます

リモートワーカーにとってのWorkplaceのメリット

全社員、特定の部署、自分のチームなど、知る必要がある人にニュースやお知らせをすばやく届けることができます。

Facebookと同じ優れた機能を備えたWorkplaceは、リモートワークのニーズに応えるワンストップソリューションです。

Workplaceには、社員同士のつながりを維持したり会社の最新情報や決定事項を共有したりするのに必要なツールが用意されています。

Workplaceを利用すれば、同僚やパートナーと簡単につながり、モバイル対応のコラボレーションツールを使ってプロジェクトを予定どおりに進めることができます。

使い慣れたリモートワークソリューション

Workplaceは簡単で直感的に利用できるため、ほぼすべての社員がIT部門のサポートなしに使い始めることができます。また、さまざまな仕事用ツールが用意されているため、アプリを切り替えずにさまざまな作業ができます。

Workplaceには、ニュースフィード、グループ、ライブ動画といったFacebookと同じ機能が採用されています。そのため、トレーニングやサポートは必要ありません。

作業、電話、メッセージのやり取りなど、作業が変わるたびに別々のツールを使う必要はありません。Workplaceなら、必要なすべてのツールが1つのパッケージにまとまっています。

Workplaceは、Office 365、Googleドライブ、Dropbox、SharePoint、Azureなど、使い慣れた外部ツールと統合できます。

すべての社員に最新情報を提供

リモートで働くスタッフが業務に関連する情報にアクセスしたり、自分の考えを他の社員に伝えたりできるようにすることはきわめて重要です。

全社、地域単位、リモートチーム単位で社員をグループにまとめ、最新情報をシェアしたり、意見を集めたり、質問に答えたりできます。

スマートフォンから動画をライブ配信したり、パソコンから直接プレミアムイベントを作成したりして、離れた場所にいても顔を合わせることができます。

健康や出張に関する最新の注意事項に注目してもらいたい場合は、最新情報を伝える動画をグループに投稿しましょう。また、コメントのスレッドで会話を始めたり、動画を再生した人数を確認したりすることもできます。

リモートチームに最適なモバイルツール

業務に必須のコラボレーションツールが、モバイル対応のシンプルな1つのパッケージにまとまっています。

Workplaceならリモートミーティングを簡単に開始できます。電話番号の入力は不要で、時間制限もありません。ビデオチャットを使って同僚と顔を合わせ、リアルタイムにすばやく決断を下すことができます。

小規模なグループなら、インスタントメッセージを使って、重要な決定を迅速に下すことができます。1日の予定がミーティングで埋め尽くされることはもうありません。

顧客やサプライヤーを訪問できなくても、会社間グループを使えば、社外の人を安全にWorkplaceに招待して、リモートでコラボレーションを行うことができます。

在宅ワークをよりスマートに

Portalは、つながりの維持に役立つ動画コミュニケーションデバイスです。Portal版Workplaceアプリでビデオ通話に参加しましょう。

Portalのカメラは、最先端のAIでパンやズームを行い、利用者の動きをスムーズに追いかけます。

Portalの指向性マイクは、誰が話していてもその声をはっきり捉え、周囲の雑音は最小限に抑えます。

専用のバーチャルコミュニケーションデバイスを利用することで、通話中でもコンピューターを使ってリアルタイムでコラボレーションや情報共有を継続できます。

登録してWorkplaceの最新情報を受け取る

Workplaceに登録して、仕事の最前線から最新の情報とインサイトを手に入れましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り下げてそのようなメールの購読を停止できます。また、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。