WorkplaceをITチームで活用

社員を安全につなぎ、すでに利用中のツールをより効果的に活用できます。

ITチームにとってのWorkplaceのメリット

高い普及率

Workplaceの機能は世界中ですでに慣れ親しまれたものなので、導入も利用も簡単です。普及率が業界トップクラスなのは、こうした理由からです。

高い統合性

Workplaceは、相互運用性の高いシステムとの統合が可能であり、全社的なシステムのROIが最大化されます。

高いセキュリティ

WorkplaceのデータはFacebookとは別に保存されますが、世界の30億人近くの利用者を保護するFacebookのセキュリティとインフラストラクチャと同レベルのセキュリティを得られます。

すばやい導入でリスクを削減

迅速な導入

Azure AD、G Suite、Okta、OneLoginなどのアイデンティティプロバイダーと統合でき、利用者全員をすばやく安全にWorkplaceに登録できます。退職した社員は、Workplaceへのアクセス権を自動的に失います。

シャドーITを排除

会社から与えられたテクノロジーに不満があると、別のもので代用するようになります。使いやすくて導入が簡単なWorkplaceは、シャドーITへの出費リスクを抑えます。

IT投資の効果を最大化

50以上のアプリと統合

Workplaceは、Office 365やG Suite、Dropbox、Salesforce、SharePointなど、50以上の大手クラウドサービスと統合できます。社員の登録、ドキュメント検索、共同作業が容易になります。

ROIを最大化

統合によりエンタープライズ製品全体の利用率、普及率、定着率、満足度が高まります。そのため、IT投資のROIが向上します。

セキュリティを最優先

データの所有権

Workplaceでは、利用者データの所有権は利用者に帰属します。また、利用者は自社のWorkplaceを保護する強力なツール、ログ、ポリシーを利用できるとともに、データをいつでも変更、削除、取得できる権限を有します。

法的要件およびコンプライアンス

Workplaceのコンプライアンスプログラムや認証は、セキュリティとプライバシーに関する世界標準と同等またはそれ以上の水準を満たしています。また、定期的に監査を実施し、Workplaceによる管理と運営を、独立した立場から検証しています。

IT部門のリーダーの皆さまからも高い評価を頂いています

「Workplace from Facebookのおかげで、つながりを築くプラットフォームを世界中の従業員が利用できるようになり、よりスピーディで活発な情報共有が実現しました」

Filippo Catalano氏

Nestle、CIO

IT部門のリーダー向けリソース

IT面からリモートワークを改善するためのアドバイス

IT部門のリーダーが、社員の生産性向上と情報安全性の確保を実現するためのアドバイスを5つご紹介します。

社員エクスペリエンスに関するITハンドブック

IT部門がHRやコミュニケーション部門と連携してエクスペリエンス向上を主導するための方法をご紹介します。

「Total Economic Impact of Workplace」レポート

Workplaceにより顧客1人当たりの収益を10%向上できることを、業界の専門家が明らかにしています。