コミュニケーション部門でWorkplaceを活用

Workplaceを使うと、戦略的コミュニケーションによる交流の促進、経営陣の可視性の向上、企業文化の強化により、コミュニケーションチームのパフォーマンスが高まります。

コミュニケーション部門にとってのWorkplaceのメリット

経営陣の可視性

社員はもっとオープンで可視性の高い経営陣を求めています。Workplaceにより経営陣のコミュニケーションが促進されると考えているお客様の割合は83%、経営陣の意思決定の透明性が向上すると考えている割合は68%にのぼります。

社員間の交流

お客様の91%は、Workplaceによってより活発なコミュニケーションが生まれ、社員が会話を始めたり共同作業したりする能力が向上すると答えています。

企業文化

Workplaceは、コミュニティを創出し、会社に貢献した社員を称賛することにより、活発な企業文化を生み出します。

経営陣が生身の自分を見せる

ライブ配信を毎週行う

経営陣は、ライブ動画を使って自分のデスクから最新情報をシェアしたり、同じ部屋にいる同席者のみが参加できたQ&Aを配信したりできます。動画はグループに自動投稿されるため、見逃した人も後から視聴できます。

経営陣のコミュニケーションを効率化する

経営陣はWhatsAppやメールのグループ配信に替えて、Workplaceチャットをチーム全体や1対1の会話のハブとして使いましょう。シンプルなビデオ通話も利用できます。

日常のコミュニケーションの幅を広げる

社内リソースをアクセスしやすくする

情報ライブラリを使用して、人事のポリシーや在宅勤務のアドバイスといった更新の少ないコンテンツをデスクトップやモバイルで作成、保存、共有し、会社のすべての情報をアクセスしやすく、発見しやすいものにしましょう。

社員の声を聞く

特定のグループや、Workplaceチャットのアンケートを通じて、社員のフィードバックを促します。経営陣との週次のQ&Aで質問したい内容を、アンケートを使って社員に尋ねても良いでしょう。

社員をつなぐコミュニケーション

企業文化の担い手を称賛する

全社規模のグループを作成し、募金活動からボランティアまでさまざまな文化的取り組みをシェアし、称賛しましょう。称賛する際は、個人の名前を挙げましょう。

ダイバーシティとインクルージョンを推進する

グループは、同じアイデンティティを持つ人同士をつなぐのに最適です。グループを利用すると、そうしたアイデンティティについて関心を高め、リソースを紹介し、会話を始め、社内の人に情報を提供することができます。

コミュニケーション部門のリーダーの皆さまから高い評価を頂いています

「Workplaceは、会社の中枢部門だけでなく他の部門の社員にも発言の場を与えてくれます」

Rachel Setton氏

(元)Chevron、社員エンゲージメント・コミュニケーション担当マネージャ

コミュニケーション部門リーダー向けリソース

コミュニケーションを通じてコミュニティを築く

世界各国のコミュニケーション部門のリーダーが、Workplaceを活用してコミュニティを構築している事例を6つご紹介します。

リモートワーカーのコミュニケーションを改善するためのアドバイス

リモートで働くスタッフとの交流を維持し、十分な情報を提供するための、コミュニケーションに関する5つのアドバイスをご紹介します。

社員エクスペリエンスにおける目標を実現する

EXコミュニケーションハンドブックで、社員エクスペリエンスに関する専門知識を得る方法をご覧ください。