コミュニケーション部門でWorkplaceを活用する

Workplaceを使うと、戦略的コミュニケーションによる交流の促進、経営陣の可視性の向上、企業文化の強化により、コミュニケーションチームのパフォーマンスが高まります。

コミュニケーション部門にとってのWorkplaceのメリット

経営陣の可視性

社員はもっとオープンで目に見えるリーダーを求めています。Workplaceのお客様のうち、Workplaceの導入によって経営陣のコミュニケーションが促進されたと答えた企業は83%、経営陣の意思決定の透明性が向上したと答えた企業は68%に上っています。

社員間の交流

お客様の91%は、Workplaceによって活発なコミュニケーションが生まれ、社員が会話を始めたり連携したりする能力が向上したと答えています。

企業文化

Workplaceを使えば、コミュニティを構築したり、会社に貢献した社員を称賛したりできるようになるため、活発な企業文化が生み出されます。

経営陣がありのままの自分を見せる

ライブ配信を毎週実施

経営陣は、ライブ動画を使って自分のデスクから最新情報をシェアしたり、これまで同じ部屋にいる人しか参加できなかった質疑応答をライブ配信したりできます。動画はグループに自動投稿されるため、見逃した人も後から視聴できます。

経営陣のコミュニケーションを効率化

経営陣は、WhatsAppやメールでグループにメッセージを配信するのではなく、Workplaceチャットをハブとして利用することで、チーム全員とコミュニケーションしたり1対1で対話したりできるようになります。また、シンプルなビデオ通話も利用できます。

日常的なコミュニケーションを強化する

社内リソースへのアクセスを簡素化

情報ライブラリを使用して、人事のポリシーや在宅勤務のアドバイスといった更新の少ないコンテンツを、デスクトップやモバイルで作成、保存、共有しましょう。これにより、会社のすべての情報へのアクセスや検索が簡単になります。

社員の声を聞く

特定のグループを利用したり、Workplaceチャットのアンケートを利用したりして、社員のフィードバックを促すことができます。アンケートを使って、経営陣との週1回の質疑応答セッションで質問したい内容を社員に尋ねるのも良いでしょう。

社員をつなぐコミュニケーション

企業文化の担い手を称賛

全社規模のグループを作成し、募金活動やボランティアなどさまざまな文化的取り組みをシェアし、称賛しましょう。称賛する場合は、個人の名前を挙げることをおすすめします。

ダイバーシティとインクルージョンを推進

グループは、同じアイデンティティを持つ人同士を結びつけるのに最適です。グループを利用すると、そうしたアイデンティティについて関心を高め、リソースを紹介し、会話を始め、社内の人に情報を提供することができます。

Workplaceはコミュニケーション部門のリーダーから高い評価を得ています

「Workplaceは、会社の経営陣だけでなく他の部門の社員にも発言の場を与えてくれます。」

Rachel Setton氏

(元)Chevron、社員エンゲージメント・コミュニケーション担当マネージャ