Workplaceルームでのミーティング

離れていてもつながることができるオンラインミーティングルームを作成しましょう。

リモート勤務の普及が加速するなかで、社員同士で顔を合わせて話し会える環境を整えることが、ますます重要になっています。

Workplaceルームは、オンラインの社内懇親会やチームミーティング、さらには同僚との1対1の通話など、さまざまな用途に対応できる柔軟性、制御性、信頼性を備えています。

注: Workplaceルームはまもなく提供が開始されます。

Workplaceの活用方法

ルームを作成する

1. ルームを作成する

ルームは、チャット、グループ、ニュースフィード、またはPortal版Workplaceから作成できます。

Workplaceルームのビデオ通話には最大50人まで参加でき、参加者を招集するのも簡単です。リンクを送信するだけで誰とでもつながることが可能で、参加者はWorkplaceアプリをインストールする必要もなければ、Workplaceアカウントの作成さえ不要です。


ノートパソコンとスマートフォンに表示されたルームのリンク。

画面を共有する

2. 画面を共有する

画面共有を使用して、成果物をリアルタイムに同僚とシェアしましょう。参加者は誰でも、アプリケーションのウィンドウやブラウザーのタブ、コンピューターやデバイスの画面全体を、ルームの左下にあるアイコンをクリックするだけで共有できます。


Workplaceルームのビデオ通話の画面共有。

共有されている画面を表示するには、右上でメインスピーカー表示に切り替えます。画面の右側にルームの全参加者が表示されます。画面を共有している人をクリックすると、その人のビデオが固定されます。

ルームをロックする

3. ルームをロックする

Workplaceルームの通話には最大50人まで参加できますが、ルームに参加できる人を関係者のみに限定する場合は、ルーム作成者がルームをロックすることができます。ロックするには、画面下部の左から2番目のアイコンをクリックしてから、鍵アイコンをクリックします。


ノートパソコンに表示されているメンバーのポップアップ。

ルームから参加者を削除する

4. ルームから参加者を削除する

ルーム作成者は、必要に応じて通話中にいつでも参加者を削除することができます。削除するには、[通話の参加者を見る]アイコンをクリックし、該当の参加者名の横にある[削除]をクリックします。


ルームから参加者を削除する。

ルームとWorkplaceチャットのビデオ通話を使い分ける

5. ルームとWorkplaceチャットのビデオ通話を使い分ける

Workplaceルームはグループでの通話に最適です。最大50人まで参加でき、画面を共有するのも、参加できる人に制限をかけるのも簡単です。Workplaceチャットのビデオ通話は、同僚との1対1での簡単な打ち合わせに最適です。Workplaceチャットのビデオ通話をかけるには、通話する相手とのチャットを開き、右上にあるビデオアイコンを選択します。

メリット

メリット

  • ルームなら、ミーティングも、オンラインの懇親会も、ちょっとした雑談も、チームでのリモートランチも可能です。
  • 組織内外の誰とでもつながることができます。Workplaceアカウントさえ必要ありません。
  • 画面を共有して成果物を見せ、チームに報告することができます。
  • ルームをロックするか、関係のない人をルームから削除することで、通話に参加できる人を限定できます。
  • グループから直接ルームを作成して、関係者とつながることができます。
参考リソース

参考リソース