フロントライン用Workplaceを活用する利点

フロントライン社員と他の社員をつないで、社内のつながりを強化しましょう。

概要

フロントラインワーカーは、組織の中核を成す存在です。顧客にサポートやサービスを提供しているスタッフから、製品を組み立てているスタッフまで、フロントラインワーカーはビジネスの成功の鍵を握っています。

企業のリーダーはそのことを理解しており、多くのリーダーがフロントラインワーカーとの会話やミーティングに時間を割いています。しかし、フロントラインワーカーは今も孤立感を抱いています。Facebookの最新の調査によると、フロントラインマネージャーの34%は、情報を共有できる適切なコミュニケーションツールがないと考えており、49%は自分たちの価値がますます認められなくなっていると感じています。

フロントライン用Workplaceについて

フロントライン用Workplaceについて

フロントライン用Workplaceは、デスクワーカーがつながりを築いたりサポートを受けたりするために利用しているコミュニケーションやコラボレーションのツールを、フロントラインワーカーが利用できるようにする機能です。フロントライン社員がWorkplaceで情報を共有したり他の社員と交流したりできるようにすることで、組織全体から貴重なインサイトを獲得し、コミュニケーションを広く浸透させ、企業文化を強化できます。

フロントライン用Workplaceは、有料のWorkplaceプランで利用できます。Workplaceと同じ機能をすべて利用できるだけでなく、以下の機能を利用できます。

  • フロントラインユーザーセットでフロントライン社員を管理する。
  • フロントラインセットの社員を、カスタマイズしたデフォルトグループに追加する。
  • フロントライン社員向け利用規約の表示頻度を設定する。
  • セキュリティログとユーザーログをダウンロードして、フロントライン社員によるWorkplaceの使用状況をトラッキングする。
  • 必要に応じて、フロントライン社員によるグループ作成をオフにする。
    *グループ作成機能をオフにすると、Workplaceのすべてのエンゲージメントに影響しますのでご注意ください。この機能の利用は慎重に検討することをおすすめします。

組織での設定方法

組織での設定方法

フロントライン社員をユーザーページに登録します。会社のメールアドレスを持たないスタッフについては、アカウントの取得に利用できるアクセスコードを作成できます。

フロントライン社員のアカウントを作成したら、管理者用パネルのフロントラインセクションに進みます。

[設定]タブでは、フロントラインワーカー向けの利用規約を作成したり、規約の表示頻度を設定したりできます。また、フロントライン社員によるグループ作成をオフにすることもできます。

地域を作成し、フロントライン社員によるWorkplaceへのアクセスを管理する地域コーディネーターを割り当てます。詳しくは、Facebookのガイドをご覧ください。


フロントライン

[メンバー]ページで、ユーザーをフロントラインユーザーセットに1人ずつまたは一括で追加できます。また、フロントライン社員専用のデフォルトグループを選択することもできます。フロントラインユーザーセットに追加されていない社員には、フロントライン社員向けの利用規約は表示されず、Workplaceへの制限付きアクセスも提供されません。

フロントラインアドオンは、Workplaceの有料プラン(WorkplaceアドバンスとWorkplaceエンタープライズ)で利用できます。

フロントラインワーカーをWorkplaceに追加する方法をご理解いただけたら、Workplaceを利用してフロントラインワーカーと本社の社員が交流し、つながりを築く方法について、次のガイドをご覧ください。