日常のコミュニケーション

さまざまな部門のニュースやインサイトを定期的にシェアしましょう。

この動画をWorkplace投稿でシェアする場合は、こちらからダウンロードできます。

情報の流れを妨げる要因を取り除くと、社員のコミュニケーション能力と実行力が一気に高まります。会社のさまざまな部署の最新情報を定期的にシェアすることで、ブランドに対する社員の理解や信頼を深め、組織の文化や価値観を称賛しましょう。

Workplaceの活用方法

公式のニュース共有グループを作成する

1.公式のニュース共有グループを作成する

さまざま部署の最新情報を定期的に共有する、全社的なニュース共有グループを作りましょう。このグループを公式グループとして指定し、組織全体に関する最新情報を共有する公式のチャネルであることが社員に伝わるようにしてください。また、グループページのトップに投稿を固定し、そのグループの目的をすべての人に知らせましょう。


会社のニュース共有グループを公式として指定しましょう

このグループをデフォルトグループに設定すると、会社全体の最新ニュースを1か所で全員に伝えられるようになります。

グループをデフォルトグループに設定する方法については、Workplaceヘルプセンターをご覧ください。

投稿の権限を管理する

2.投稿の権限を管理する

公式チャネルの投稿品質を確保するため、グループへの投稿を管理者のみに設定し、直接投稿できる利用者を制限しましょう。

組織のメンバーに各自の最新情報を投稿してもらいたい場合は、[投稿の承認]をオンにしてください。[投稿の承認]をオンにすると、グループへのすべての投稿が、グループの管理者またはコンテンツモデレーターによって承認されるまでグループに表示されなくなります。

グループ管理者が適用できる設定について、詳しくはWorkplaceのヘルプセンターをご覧ください。


何らかのエラーが発生しました
エラーが発生し、この動画を再生できませんでした。

投稿日時を指定する

3.投稿日時を指定する

社員が会社の最新情報を定期的にチェックし、常に把握できるようにするために、ニュース共有グループへの投稿の日時を指定しましょう。


スケジュールを設定できる投稿ボックスを作成する

ニュースをクラウドソースする

4.ニュースをクラウドソースする

会社のさまざまなグループから優れたコンテンツを収集して、ニュース共有グループに再掲載しましょう。チームのメンバーに、自分たちが変化の担い手としてより大きな貢献をしていると感じてもらうことで、彼らに大きなモチベーションをもたらすことができます。

コミュニケーションのチャンピオンを活用する

5.コミュニケーションのチャンピオンを活用する

職場のチャンピオンのネットワークを活用して、さまざまな部署の最新情報を社員に定期的に共有してもらいましょう。

上級者向けアドバイス: チャンピオンのネットワークをWorkplaceのベストプラクティスや参考資料でサポートし、組織全体でWorkplaceを自然に受け入れてもらえるようにしましょう。

業界ニュース共有グループを作成する

6.業界ニュース共有グループを作成する

社員はビジネスの目であり、耳でもあります。社員同士でニュース、市場トレンド、論評記事、業界関連の宣伝記事などを共有できる全社的なグループを作りましょう。


ビジネスのニュースと最新情報

チャネルを効率化する

7.チャネルを効率化する

ニュース共有グループでドキュメントを作成して、Workplace内で月次ニュースレターをシェアし、社員がアクセスするチャネルや利用するフォーマットの数を減らしましょう。


ビジネスのニュースと最新情報

社外への発表に備えてコンテンツを収集する

8.社外への発表に備えてコンテンツを収集する

地域別の事例を集めて、社外向けのソーシャルチャネルやデジタルチャネルに掲載したり、プレスリリースとして発表したりしましょう。

メリット

メリット

  • 社員とのつながりを保ち、会社の活動を伝え続けることで、会社の活動に対する社員の意識を高めることができます。
  • ビジュアルを駆使した、魅力的で確かなコミュニケーションを行うことで、日常の業務に活気をもたらすことができます。
  • チャネルを効率化することで、社員がさまざまな部署の最新ニュースやハイライトを見つけやすくなります。

成功事例

成功事例

Workplace by Facebookを使用するHootsuite
Workplace by Facebookを使用するCampbell
Workplace by Facebookを使用するBooking.com

会社の最新情報を日常的に社員に共有