パフォーマンスの管理

パフォーマンスに関するコミュニケーションを一元化し、パフォーマンス管理プロセスに関する透明性を高めましょう。

オープンなコラボレーションを通じて目標を設定し、フィードバックを継続的に収集して共有し、社員同士の信頼関係の構築につなげましょう。

Workplaceの活用方法

グループで明確な目標を設定する

1. グループで明確な目標を設定する

社員のパフォーマンスを確実に高めるには、目標を設定することが重要です。Workplaceを利用すると、パフォーマンスに関するコミュニケーションを一元化できるため、目標の再確認、フィードバックの収集、進捗状況の共有が誰でも簡単にできるようになります。

  • 非公開のチームグループを作成して、チームの目標の共有、フィードバックの検索、パフォーマンス強化期間における進捗状況の共有に利用します。
  • 1対1の秘密のグループを作成して、個人の目標、進捗状況のトラッキング、フィードバックを共有します。

継続的にフィードバックを共有する

2. 継続的にフィードバックを共有する

Workplaceでは、複数のチャネルを通じてフィードバックを定期的に収集、提供することが簡単にできます。

  • 直属の部下との1対1の秘密のグループを作成して、仕事の能力やパフォーマンスに関するフィードバックを提供します。
  • マネージャが替わった場合に、新しいマネージャを追加して、過去の状況や部下とのスレッドを確認できるようにします。
  • より規模の大きなチームグループで、チームメンバー同士がフィードバックを提供できる機会を提供します。組織図を利用してフィードバックの共有相手を簡単に見つけることができるため、部門横断プロジェクトなどで特に有効です。

パフォーマンス管理プロセスを統括する

3. パフォーマンス管理プロセスを統括する

人事部のビジネスパートナーやマネージャは、非公開グループや秘密のグループを活用して、パフォーマンス管理プロセス、タイムライン、アクション、レポート進捗状況に関する詳しい情報を共有できます。

  • 人事部のビジネスパートナーや人事プログラムチームの非公開グループを作成して、プロジェクトの計画やプロセス全体の実行に役立ててもらうことができます。また、マネージャグループを作成して、プロセスに関する最新情報、タイムライン、アクション、進捗状況を共有してもらいましょう。
  • 「パフォーマンス管理フィードバック」という公開グループを作成して、全体的なプロセス、ツール、リソースについて話し合ったり、フィードバックを共有したりしてもらいます。

パフォーマンス開発を宣伝する

4. パフォーマンス開発を宣伝する

Workplaceを利用して、パフォーマンス管理プロセスに関する新入社員の理解を深めましょう。パフォーマンス管理プロセスをわかりやすく説明することで、オープンで透明性の高い企業文化を浸透させることができます。

  • 「パフォーマンス管理について」という公開グループを作成して、Workplace Liveイベントを開催したり、重要なトレーニング教材を共有したり、パフォーマンス管理関連リソースを提供したりして社員全員の啓発と支援に役立てましょう。
  • 「Workplaceイベント」グループを作成して、プロセスの重要なマイルストーン達成を伝えるライブセッションを開催したり、プロセスやプログラムについて気になることを質問できるアンケートを実施したりしましょう。

マネージャのコミュニティで知識を共有する

5. マネージャのコミュニティで知識を共有する

新たに就任したマネージャ向けのグループを作成して、彼らが経験豊富なマネージャやリーダーの体験談から学んだり、彼らに質問したりできる機会を提供しましょう。人事部のビジネスパートナーは、Workplace Liveを利用してマネージャのトレーニングを実施したり、リアルタイムのコーチングを提供したりできます。

  • 非公開のマネージャグループを作成し、新しいマネージャと現在のマネージャの全員を招待し、最新情報やベストプラクティスを共有できるようにします。
  • フィードバックに関する話し合いの準備として「パフォーマンストーク」イベントを開催し、経験豊富なマネージャを招いて彼らが学んだことを話してもらいましょう。

メリット

メリット

  • パフォーマンスに関するコミュニケーションを一元化できるため、誰もが簡単に目標を確認できるようになります。
  • 複数のチャネルを通じて簡単にフィードバックを収集できます。
  • パフォーマンス管理プロセスの透明性が高まります。
  • マネージャ同士のつながりを築き、パフォーマンス管理プロセスにおけるコラボレーションの機会を増やすことができます。
目標を設定し、フィードバックを継続的に収集して共有し、社員同士の信頼関係を構築する。