2021年版社員エンゲージメントカレンダー

社内キャンペーンプランの策定に役立つコンテンツカレンダーテンプレートです。

カレンダーをダウンロード

社員エンゲージメントカレンダー社員エンゲージメントカレンダー

社内コミュニケーションを強化する第一歩は、計画です。当たり前に聞こえるかもしれませんが、そうは言っても社内コミュニケーションを計画するのは簡単なことではありません。緊急時のコミュニケーションは不可避であり、コミュニケーションチームは切羽詰まった状況で駆り出され、消火を手伝うことが多いものです。

ただし、プランを策定したからと言って、コミュニケーションがその枠内に限定されるというわけではありません。社員エンゲージメントカレンダーは柔軟性があるため、戦略的で応用性の高いコミュニケーションの構築に不可欠なツールとなり、高い成果をあげることができます。

なぜなら、社内コミュニケーションカレンダーを計画しておくことで、アイデアや資料をまとめる手間が軽減し、より多くの時間を社員とのコミュニケーション方法の強化にあてられるようになるからです。すべてのコミュニケーションを1か所でトラッキングできるため、情報を過剰に配信しすぎて社員を混乱させることがなくなります。また、社内キャンペーンには積極的な取り組みや参加が必要なので、前もってカレンダーを計画しておき早めに参加者を集めることで、スケジュールに沿って進め、関係者全員のストレスを軽減することができます。

カレンダーの使い方

社員エンゲージメントカレンダーは、コミュニケーションチームによるキャンペーンの計画・整理と、関係者間での情報共有を支援するために作成されています。このダウンロード可能なカレンダーテンプレートは完全にカスタマイズ可能なので、個別のニーズに合わせて変更を加えることができます。他のコンテンツカレンダーと違い、Workplace特有の情報も含まれているため、利用する機能をトラッキングして社内でのコミュニケーションを促進できます。

年間を通じてエンゲージメントを促進できるよう、各月のキャンペーンキットへのリンクも掲載しました。リンクをクリックしてキャンペーンの詳細を把握して、実施方法の手順を確認し、キャンペーン用資料をダウンロードしてください。

社員のエンゲージメントが重要である理由

社員のエンゲージメントは生産性からリテンション、顧客満足まで、組織のあらゆる業務に影響を与えます。Gallupによれば、社員のエンゲージメントが高いと、生産性が最大21%向上するそうです。エンゲージメントには、離職率を下げ、常習的欠勤を抑制する効果があり、職場の安定へとつながります。また、活発にエンゲージメントする社員は、顧客体験を改善するために努力を惜しまない可能性が高いため、組織の評判も向上します。

Workplaceでコミュニケーションの計画を策定するためのアドバイス

社員エンゲージメントカレンダーは、Workplaceやメール、ニュースレター、印刷物など、あらゆる場所で行われるすべての社内コミュニケーションをトラッキングできるように構成されています。

ただし、Workplaceでのコミュニケーションに関しては、メッセージを幅広く届けてスケジュールどおりに進めることを可能にするさまざまな機能が用意されています。そのような機能を最大限に活用するポイントをご紹介します。

  • 下書きの代理作成」を使って経営陣の代わりに投稿を編集している場合、あらかじめ投稿の下書きを作成しておき、早めに経営幹部から承認をもらうようにしましょう。そうすることで確実に承認を受け、狙いどおりのタイミングで投稿をシェアできます。
  • さまざまなタイムゾーンの社員に投稿をシェアしている場合、あらかじめ日時を指定しておくことで、最適なタイミングで投稿できます。
  • ライブストリーミングでも、日時を指定しておくことができます。ライブ動画の日時指定では、タイトル、説明、開始時間の入力を求められます。ライブ配信を予定しているグループに投稿がシェアされ、社員に開催予定の配信について通知されます。指定した時間になると、カメラが自動的にオンになり、ライブストリーミングが始まります。このため、ライブ動画の日時指定は、ライブ配信を計画している人(経営幹部など)が自分のWorkplaceアカウントを使って行うことをおすすめします。
  • ライブ動画を使ったQ&AQ&A投稿の実施を計画している場合には、Q&Aについて前もって案内するようにして、社員が質問の準備をする時間を十分に確保しましょう。
  • 会社の重要な発表を行う場合は、「重要」に指定を使用しましょう。グループ投稿を「重要」に指定すると、グループメンバー全員に通知が届き、既読になるまでその投稿はニュースフィードの上部に表示されます。この機能を使用できるのは、システム管理者、コンテンツモデレーター、および投稿を「重要」に指定する権限が付与された管理者です。管理者権限について、詳しくはこちらをクリックしてご確認ください。
  • Workplaceでのタウンホールの実施に関する完全なガイドは、ライブタウンホールのプレイブックをダウンロードしてご覧ください。

成果の測定

円滑なコミュニケーションには変化と適応が欠かせません。キャンペーンの効果を定期的に評価することで、メッセージの改善を続け、社員のニーズを満たすことが重要です。

キャンペーン

Workplaceの管理者用パネルにあるキャンペーン機能では、複数の投稿のエンゲージメントを測定できます。この機能を利用して、閲覧数やリアクション、コメント、既読率、キャンペーンセンチメントなどの指標を分析できます。コンテンツを見てアクションを起こしてくれているチームや部門、消極的なチームや部門を把握して、キャンペーンセンチメントの傾向の推移を確認します。

2021年に実施するそれぞれの社内キャンペーンにWorkplaceキャンペーンを設定しましょう。キャンペーン同士のパフォーマンスを比較すると、効果があったもの、なかったものを把握できます。こうしたインサイトを参考に、年間を通じて社内キャンペーン戦略を磨き上げましょう。


管理者用パネルのキャンペーン機能

キャンペーン機能の使用に関する詳細なガイドは、こちらをクリックしてご覧ください。

投稿のインサイト

管理者用パネルで[インサイト]を選択し、[投稿]タブを開いて、特定の投稿に関するデータを収集したり、投稿のパフォーマンスをトラッキングしたりできます。その後、投稿のURLを使って、閲覧数や平均既読率、コメントのセンチメントなどを確認します。下にスクロールすると、Workplace全体での投稿消費を分析できます。役職別、部門別、地域別などで消費を比較するには、フィルターを使用します。

[インサイト]の[投稿]タブ

管理者用パネルの[インサイト]について、詳しくはこちらのガイドをご覧ください


アンケート

アンケートは、Workplaceでコミュニケーションについてすばやくフィードバックを集めるための効果的な方法です。社員にはWorkplaceチャットでアンケートが届きます。アンケート結果は常に匿名で処理されるため、社員は安心して率直な考えや意見を伝えることができます。アンケートを定期的に使用して、社内イベント、キャンペーン、組織変更などについて貴重なフィードバックを集めましょう。


管理者用パネルのアンケート機能

Workplaceアンケートについて、詳しくはガイドをご覧ください。