日本語
ログイン
ホーム
ホーム
利用を始める
たったの5週間で社内のつながりを強化できます。
Workplaceを選ぶ
Workplaceが貴社に適している理由をすべてご覧ください。
ソリューション
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
顧客事例
ビジネスの最重要課題をWorkplaceで解決した組織の事例をご覧ください。
Workplaceの利点
Workplaceの利点馴染みのある使用感、モバイル対応、セキュリティ、統合性、そして全社をつなぐ機能。他に選択肢はありません。
ダイバーシティとインクルージョン
社員1人1人が尊重され、注目され、自分の意見に耳を傾けてもらえていると感じられるようにすることで、微力ながらも世界をより良くできるよう取り組んでいます。
未来の働き方
Metaのハードウェアとソフトウェアのソリューションにより、メタバースの実現に向けた第一歩を踏み出す方法をご紹介します。
Workplaceを利用するメリット
社内コミュニケーションの強化から企業文化の醸成まで、組織の難問を解決します。
ビジネスコミュニケーション
使いやすいツールで、大切なメッセージを見逃さず、イントラネットを感動的なものにします。
社員のエンゲージメント
電子メールではなく、社員一人ひとりの声が聞こえてくるような、より魅力的な全社的な会話を実現します。
文化の強化
誰もが最高の自分自身になれるようにすることで、文化の強化に真剣に取り組む姿勢を示すことができます。
つながる
メールアドレスを持っていない人でも、Workplaceを使えば組織全体の連携を深めることができます。
フロントラインワーカー
フロントラインマネージャの61%は、本社とのコミュニケーションが分断されていると答えています。Workplaceが、その解消をお手伝いします。
リモートワークとハイブリッドワーク
オフィス勤務か在宅勤務かを問わず、Workplaceなら常に情報を共有し、生産性を維持し、企業文化とのつながりを保てます。
すべて見る
形態や規模によらず、さまざまな組織がWorkplaceで競争力を獲得しています。気になる事例を見つけましょう。
ポッドキャスト
こちらの厳選したパイオニアポッドキャストで、おすすめの成功事例を当事者の口から聞きましょう。
ニュース
Vodafone、ハイブリッドな勤務環境に架け橋を築くWorkplaceとのパートナーシップを更新
ブログ
これからの働き方に備えて、重要なビジネストピックに関する記事、インサイト、インタビューをご覧ください。
未来の働き方
メタバースで働き方はどう変わるのでしょうか。Infinite Officeとはどのようなものでしょうか?早速詳しく見てみましょう。
ビジネスコミュニケーション
組織の隅々にまで声を届け、1人1人の声を聞く方法(とそれが必要な理由)を確認しましょう。
社員のエンゲージメント
社員とのつながりを強める方法をお探しですか?仕事にさらなる意義を持たせ、社員に目的意識を与える方法をご紹介します。
リーダーシップ
テクノロジーを取り巻く環境が変化している今、経営幹部はどのような舵取りをするべきでしょうか?そして、より良いリーダーになる方法とは?こちらでご確認ください。
文化を強化する
文化とは何でしょうか?本当の価値を築くにはどのような方法があり、なぜ文化はそれほど重要なのでしょうか?こちらでご確認ください。
リモートワーク
リモートワークも重要ですが、ハイブリッドの重要性はその上を行きます。では、新しい勤務環境で社員同士のつながりを保つにはどうすればよいのでしょうか?
チームのコラボレーション
パフォーマンスの高いチームと、コラボレーションの文化を築くために本当に必要なものは何なのでしょうか?
生産性
生産性とは何か、生産性をどう測るか、ビジネスにどのような効果があるかについて、見てみましょう。
技術リソースセンター
Workplaceの設定方法やドメインの管理方法などの技術的な情報をお探しの場合は、こちらにそろっています。
カスタマーリソースセンター
Workplaceの導入後、次に何をすべきか迷っている方のために、必要な情報をこちらにまとめました。
技術リソース
Workplaceの導入にITの専門知識は不要ですが、こちらにIT技術者向けのリソースをまとめました。
詳細情報ハブ
こちらのリソースハブを利用し、Workplaceでよく使われている機能をマスターして新しい働き方に対応しましょう。
ヘルプセンター
詳しい説明や、よくある質問への回答を確認できます。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
Workplaceの利用を始める
ステップバイステップのチュートリアルから、詳細な導入ガイドやツールキットまで、必要なリソースはすべてここで見つけて、すぐに使い始めることができます。
ビジネスコミュニケーション
情報ライブラリの立ち上げから、会社のニュースや最新情報の共有まで、Workplaceでビジネスコミュニケーションを強化するために必要なトレーニングがすべて揃っています。
社員のエンゲージメント
チームと仕事、そして組織の間に真のつながりを生み出すためのヒントやコツをいくつかご紹介します。
文化の強化
仕事を背後から支えている人々を称えることで組織の文化を強化し、Workplaceで真のコミュニティを築きましょう。
設定ガイド
ドメインの追加やユーザーの招待など、Workplaceの設定時に必要な手順を説明したガイドです。
ドメインの管理
ドメインの管理が重要な理由と管理を適切に行う方法を説明します。
Workplace統合
すべてのツールを統合する方法をご紹介します。必要なものが見つからない場合は、カスタム統合の開発方法を確認しましょう。
アカウント管理
ユーザーアカウントの作成、管理、停止を行って、Workplaceを最新の状態に保ちましょう。
認証
現在利用中のアイデンティティソリューションを統合して、適切なユーザーにのみアクセス許可を割り当てましょう。
IT設定
ネットワーク、メールアドレスのホワイトリスト、ドメインに関する情報を使って、Workplaceのスムーズな運用を維持する方法をご紹介します。
アカウントのライフサイクル
組織のメンバーを招待してアカウントを取得してもらうプロセスを理解しましょう。
セキュリティとガバナンス
ユーザーと情報の安全を確保するためのWorkplaceのしくみについて、重要な情報を確認できます。追加で技術用語についても説明しています。
Workplace API
弊社のAPIを使用して、カスタムソリューションを自動化してWorkplaceと統合する方法を説明します。
ライブ動画のリソース
ライブ動画で全社ミーティングを変えませんか?ライブ動画に関するアドバイス、ガイド、実用的なインサイトをこちらにまとめました。
情報ライブラリのリソース
イントラネットからもう少しヒントになる情報が得られればと考えている場合は、こちらのリソースを使って情報ライブラリの利用を始めましょう。
従業員体験
帰属意識の高い文化の構築を開始しましょう。Workplaceを活用して従業員のエンゲージメント戦略を実行する方法をご紹介します。
利用の開始
Workplaceの運用開始から支払いまで、導入開始にあたっての重要な手順を説明します。
Workplaceの活用
Workplaceの隠れた可能性について説明した、主要な機能に関するアドバイスと情報をご覧ください。
Workplaceの管理
コンテンツ、データ、社員の管理について具体的な質問がある場合は、こちらからお問い合わせください。
ITと開発者のサポート
セキュリティや統合などについてより技術的な質問への回答が必要な場合は、こちらをご覧ください。
サポート
それでも答えが見つからない場合は、エキスパートチームに問い合わせて実践的なサポートを受けましょう。
お問い合わせはこちら
Workplaceアカウントで役立つリソース以下のフォームにご入力いただければ、当社のカスタマーサポートチームより必要な回答をさせていただきます。
セキュリティ
    Workplace for Good
      はじめに
        インタラクティブなデモ
          料金プラン
            ForresterによるROI調査
              イベントとオンラインセミナー
                eブックとガイド
                  ニュースルーム
                    パートナーになる
                      サービスパートナー・再販パートナー
                        統合パートナー
                          Workplaceアカデミー
                            顧客コミュニティ
                              Workplaceの新機能
                                日本語

                                IT設定

                                IT関連のすべてがWorkplaceに対して円滑に機能するよう設定します。

                                内容

                                概要

                                概要

                                システム管理者がWorkplaceをより効率的に管理できるようにするための必要条件として、Facebookは企業に対してメールドメインを認証するか許可リストに追加することを求めています。これによりシステム管理者は、強化されたユーザー管理機能と幅広い技術的機能を利用できるようになります。

                                ?
                                メールドメインの認証または許可リストへの追加に関して問題が発生した場合は、IT部門の担当者に連絡し、ドメイン認証の実行を依頼してください。
                                ドメインの認証または許可リストへの追加

                                ドメインの認証または許可リストへの追加

                                ?
                                どのような場合でも、単にドメインを許可リストに追加するのではなく、できる限りドメインを認証することをおすすめします。また、いずれか一方は必ず行うようにしてください。

                                ドメインを認証することは、そのドメインを所有していることの証明と見なされます。したがって、そのメールドメインを使用するすべてのユーザーの管理に必要なすべての情報と機能にアクセスできるものと見なされます。

                                許可リストに追加することは、そのドメインを使用する正当性があることの証拠と見なされます。許可リストは、認証のようにドメインを所有していることの証明にはならないため、許可リストに追加されたメールドメインを使用するすべてのユーザーに対して管理者が実行できるアクセスと管理には制約があります。

                                ドメインを許可リストに追加した場合、同じメールドメインの他のユーザーが別個のWorkplaceアカウントを作成することは禁止されません。ドメインを認証するのではなく、許可リストに追加することを選んだ場合、以下の作業は行えなくなります

                                • 同じメールドメインを持つ他のユーザーが別のWorkplaceを作成するのをブロックする
                                • シングルサインオンを有効にする
                                • 該当のドメインを持つユーザーの個人情報を編集する
                                • 該当のドメインを持つユーザーのプロフィールが有効になる前に、ユーザーに通知を送信する

                                ドメインを許可リストに追加した場合でも、ドメインの認証はいつでも実行できます。

                                ドメインのステータスを確認する

                                ドメインのステータスを確認する

                                システム管理者の役割を持つ管理者としてログインすることで、インスタンス内の認証されたドメインと許可リストに追加されたドメインを確認できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインし、次の手順を行うと、認証済みのドメインと未認証のドメインが表示されます。

                                1
                                [管理者用パネル][設定]を選択します。

                                2
                                [メールドメイン]タブをクリックします。ドメインのステータスを確認します。
                                • [認証と許可リストが完了していません]セクションの は、まだ認証されていないか許可リストに追加されていないドメインを示します。認証が行われていないか、失敗しています。
                                • [許可リストに追加済み、および認証済みドメイン]セクションの は許可リストに追加されているドメインを、 は認証されているドメインを示します。
                                ドメイン認証

                                ドメイン認証

                                認証はドメインを所有していることを証明するものです。ドメイン所有者と同じドメインのユーザーは別のWorkplaceを作成できず、初めて登録する際に他のWorkplaceへの参加をすすめられることもありません。

                                ?
                                ドメインを認証する場合は、組織内で使用しているすべてのSMTPドメインとエイリアスを追加することが重要です。これにより、管理しているドメインのうち、別のメールドメインまたはエイリアスで社員が登録した場合に、社員が2番目のインスタンスを作成したり参加したりするの防ぐことができます。

                                ドメインが認証されると、システム管理者が該当のドメインを使用しているプロフィールに対して実行できるユーザー管理操作が増えます。次のような管理機能と技術的機能を使用できます。

                                • すべての個人情報にアクセスできる
                                • 個人情報を編集できる
                                • アイデンティティプロバイダーやSCIM API統合による無制限の自動プロビジョニング
                                • シングルサインオン認証の設定
                                • 取得リンクの生成
                                ドメインを追加する

                                ドメインを追加する

                                Workplaceで組織のドメイン名を追加するには、以下の手順に従います。

                                1
                                [管理者用パネル][設定]を選択します。

                                2
                                [メールドメイン]タブに移動します。

                                3
                                [ドメイン名を入力]フィールドにドメイン名を入力します。

                                4
                                [ドメインを追加]をクリックします。[認証する]画面が開きます。

                                複数のドメインを追加する場合は、再度[メールドメイン]タブをクリックして、手順3と4を繰り返します。
                                ?
                                ドメインがすでに使われているというエラーメッセージが表示される場合、入力したドメインが他のWorkplaceですでに認証されているか、公的なドメインを追加しようとしている可能性があります。これが誤りで、ドメインを所有していることを証明できる場合は、こちらからサポートチームにお問い合わせください。

                                ドメインを認証するには、以下に示す認証方法のいずれかを使用します。

                                管理者用メールアドレスを使用して認証する

                                管理者用メールアドレスを使用して認証する

                                管理者用アカウントを使用してドメインを認証できます。確認メールを受け取る管理者用メールアドレスを選択してください。これを行うには、当該ドメインの管理者用メールアカウント(admin@)にアクセスできる必要があります。

                                1
                                ドメインを追加した後ですぐに認証する場合は、[メールを送信]を選択します。
                                後で認証する場合(他のドメインを追加した後など)は、[メールドメイン]タブを選択し、認証するドメインの横にある[認証する]をクリックしてから[メールを送信]をクリックします。

                                2
                                管理者用メールアドレスのラジオボタンを選択します。これは、admin@administrator@postmaster@webmaster@hostmaster@のいずれかでなければなりません。

                                3
                                [メールを送信]をクリックします。

                                4
                                指定したメールアドレスに送られた認証コードを入力して、[認証する]をクリックします。
                                DNS TXTレコードを使用して認証する

                                DNS TXTレコードを使用して認証する

                                システム管理者の役割を持つ管理者としてログインすると、DNS TXTレコードを使用してドメインを認証できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインしたら、次の手順に従ってドメインを認証します。

                                1
                                ドメインを追加した後ですぐに認証する場合は、[DNSレコードを更新]を選択します。
                                後で認証する場合(他のドメインを追加した後など)は、[メールドメイン]タブを選択し、認証するドメインの横にある[認証する]をクリックしてから[DNSレコードを更新]をクリックします。

                                2
                                指示に従い、指定されたTXT文字列を使用してDNSレコードを更新します。この手順を実行するために、ドメインホストのドキュメントを参照したり、サポートチームに問い合わせたりする必要が生じる場合もあります。

                                3
                                ここで、ウェブサイトのサーバーが更新されてDNS設定の変更が反映されるまで待つ必要があります。これには、最大72時間かかることがあります。

                                4
                                この画面に戻り、[認証する]をクリックして、ウェブサイトのサーバーが更新されていることを確認します。
                                HTMLファイルをアップロードして認証する

                                HTMLファイルをアップロードして認証する

                                システム管理者の役割を持つ管理者としてログインすると、HTMLファイルを使用してドメインを認証できます。このアクセス許可を持つ管理者としてログインしたら、次の手順に従ってドメインを認証します。

                                1
                                ドメインを追加した後ですぐに認証する場合は、[HTMLファイルをアップロード]を選択します。
                                後で認証する場合(他のドメインを追加した後など)は、[メールドメイン]タブを選択し、認証するドメインの横にある[認証する]をクリックしてから[HTMLファイルをアップロード]をクリックします。

                                2
                                認証ページに表示されたHTML認証ファイルをダウンロードします。

                                3
                                認証しようとしているドメインのルートディレクトリにHTML認証ファイルをアップロードします。

                                4
                                完了したら、[認証する]ボタンをクリックします。
                                ドメイン許可リスト

                                ドメイン許可リスト

                                許可リストは、認証できないけれども使用したいドメインがある企業がドメインを追加するためのしくみです。許可リストに追加しても、ドメイン認証で使用できるようになる技術的な機能と管理機能をすべて使用することはできませんが、この操作をすることでシステム管理者は以下を行えるようになります。

                                • 該当のドメインを持つユーザーの個人情報の一部にアクセスする
                                • アイデンティティプロバイダーまたはSCIM API統合によって、1時間あたり最大2,000ユーザー、1日あたり最大8,000ユーザーのプロビジョニングを自動的に実行する
                                インスタンスの許可リストにメールドメインを追加する

                                Workplaceインスタンスの許可リストにメールドメインを追加する

                                Workplaceの許可リストにメールドメインを追加するには、システム管理者としてログインする必要があります。

                                ?
                                許可リストに追加できるのは、このアクションを実行するWorkplaceシステム管理者アカウントに関連付けられたメールアドレスで使用されているドメインだけです。
                                1
                                [管理者用パネル]に進み、[設定]セクションに移動します。

                                2
                                [メールドメイン]タブに移動します。

                                3
                                [新しいドメインを追加]エリアで、ドメイン名を入力して[ドメインを追加]をクリックします。