Workplaceの新機能2022年11月

Workplaceの製品と機能に関する最新情報をまとめてご紹介します。


今月は、情報ライブラリ、ビデオチャプター、グループメンバーシップなどの最新の魅力的なアップデートをご紹介します。
動画チャプターがモバイルで利用可能に

動画チャプターがモバイルで利用可能に

動画チャプター機能を使うと、動画にセクションを追加できます。チャプターは視聴者にとって最も関連性の高い部分にスキップしたり、ハイライトを同僚と共有したりする場合に便利です。Workplaceにアップロードする動画やライブ動画の録画に追加できます。この機能は現在、iOSとAndroidで利用可能です。ヘルプセンターにアクセスして、動画チャプターの追加に関するステップバイステップガイドを読むか、[配信後]セクションでWorkplaceアカデミーの動画を扱うLive Producerのインタラクティブデモで練習してください。
情報ライブラリのインサイトの強化

情報ライブラリのインサイトの強化

インサイトを強化したことで、カテゴリの管理者や編集者が自分のカテゴリについて、選択した期間中の訪問者の人数、コメントの数、リアクションの数などを確認できるようになりました。そうしたデータは場所、部署、役職などで絞り込むことができ、ファイルの閲覧数やダウンロード数を確認することも可能です。この機能は、デスクトップウェブ版のWorkplaceで利用できます。
情報ライブラリの構築と管理について、詳しくは情報ライブラリリソースハブをご覧ください。
フォーカスの動作を変更、「もっと見る」が表示されている長文の投稿の読みやすさが向上

フォーカスの動作を変更、「もっと見る」が表示されている長文の投稿の読みやすさが向上

これまでは、スクリーンリーダーのユーザーが投稿の「もっと見る」をクリックすると、フォーカスがページの最上部に移動していました。現在は、スクリーンリーダーのユーザーが投稿の「もっと見る」をクリックすると、表示が途中で途切れていた箇所にフォーカスが当たったままになるので、ユーザーの読みやすさとアクセシビリティが向上しました。この機能は、デスクトップウェブ版のWorkplaceでのみ利用できます。
通知を選択する際に関連するコンテンツにフォーカス

通知を選択する際に関連するコンテンツにフォーカス

これまでは、ユーザーがキーボードを使用して通知を選択すると、当該のコンテンツがフィードに読み込まれ、スクロールすると表示されましたが、メインアイテムにフォーカスされていませんでした。これからは、ユーザーが通知を選択すると、通知が当該の投稿またはコメントにフォーカスが直接移動し、通知のアクセシビリティが向上し、キーボードを使用するユーザーに優れたクスペリエンスを提供するようになります。この機能は、デスクトップウェブ版のWorkplaceでのみ利用できます。
情報ライブラリでのクイックリンク翻訳

情報ライブラリでのクイックリンク翻訳

情報ライブラリのホームページにクイック リンクを追加して、言語ごとに異なるタイトルとハイパーリンクを設定できるようになりました。自分に合ったリソースを簡単に見つけることができます。使用中の言語と異なる言語が必要な場合は、管理者が手動で追加できますし、サポートされている言語については自動生成することも可能です。この機能は、デスクトップウェブ版のWorkplaceで利用できます。
チャットを使ったグループでの自動グループメンバーシップのルールの有効化

チャットを使ったグループでの自動グループメンバーシップのルールの有効化

これまでは、チャットを使ったグループにグループメンバーシップのルールを適用できませんでした。これからは、グループ管理者がすべてのグループのグループメンバーシップのルールを設定できるようになり、ユーザーセット機能を利用してチャットを使ったグループにユーザーを割り当てることができます。メンバーシップルール機能は、デスクトップウェブ版のWorkplaceでのみ利用できます。
「会場に臨席して直接話を聞きたい」という人のための場所をバーチャルイベントに追加できるようになりました。

「会場に臨席して直接話を聞きたい」という人のための場所をバーチャルイベントに追加できるようになりました。

ハイブリッドイベントで「会場に臨席して直接話を聞きたい」という人のための場所をバーチャルイベントに追加し、イベントの参加方法について、より柔軟なオプションを提供できます。ハイブリッドイベントトグルが追加されたので、Workplaceイベントの作成フローにより、会場に臨席する場合もオンラインの場合も場所の詳細を入れてイベントを簡単に作成できるようになります。Workplaceアカデミーにアクセスすると、Workplaceでのイベントの作成と運営について、さらに詳しくご覧になれます。
スマートフォンをシェイクしてWorkplaceチャットのモバイルアプリのバグを報告

スマートフォンをシェイクしてWorkplaceチャットのモバイルアプリのバグを報告

これは、不具合を報告する際に、いくつもの手順を踏んだり、設定を行ったりする代わりに、携帯電話を振ることで、より簡単に報告できるようにするためのものです。この機能はすでにiOS/Android向けのWorkplaceで提供されていますが、このたびiOS/Android向けのWorkplaceチャットでも使えるようになりました。