Workplaceの新機能
2020年7月

最新のWorkplace製品発表と機能のリリースについて一挙にご紹介します。

2020年の夏は確実に、これまでの年とは違うものになるでしょう。ビーチのにぎわいや休暇旅行を楽しむことはできなくても、皆さまの日々の仕事が少しでも快適になるよう、Workplaceチームから新しい機能アップデートをお届けします。 タスク管理が便利になるアクションアイテム投稿、情報ライブラリをもっと使いたくなる動画対応、そして通知をミュートした際にはチャットへ自動返信。他にもたくさんの改良を加えました。以下にご紹介していきましょう。

在宅勤務をしつつ社内のつながりを維持するのに役立つツールやヒント、アドバイスについてはリモートワークリソースハブをご覧ください。

投稿機能がさらに充実

投稿機能がさらに充実

進捗管理や表彰に役立つ、2つの新しい投稿タイプを追加しました。アクションアイテム投稿はチーム内の可視性とアカウンタビリティを高めるためのものです。どちらも互いに離ればなれで仕事をしなければならない現状では特に大切なことでしょう。アチーブメント投稿はチームの連帯感を育み、士気を高め、努力を称えるのに使えます。

アクションアイテム投稿

投稿にアクションアイテムを追加できます。ミーティング後のフォローアップやチームメンバーへの作業割り当ての伝達に便利です。各アイテムにはメンバーをタグ付けでき、その人がアクションを完了すると投稿者に通知されます。アクションアイテムの利用開始手順についてはこちらをご覧ください。

アクションアイテムの投稿

アチーブメント投稿

達成を祝う特別な投稿を作成できます。アニメーションまたは自分でアップロードした画像や動画を使えます。チームの努力を称え、貢献した人全員に脚光を当てることができます。アチーブメント投稿の利用方法については、Workplaceヘルプセンターをご覧ください。

アチーブメント投稿
Portal版Workplaceの新機能

Portal版Workplaceの新機能

Portal版Workplace Live

Portal版Workplace Liveは、ライブ動画をこれまでにない形で配信・視聴できるアプリです。Portalからライブ配信を行うだけでなく、配信中や終了後の視聴にも使えるようになりました。起動するとPortalが社内のライブ動画チャネルになり、配信中および配信済の動画が表示されるので、重要な情報の見逃しがないかチェックできます。


Portal版Workplace Live

背景のぼかしとデスクビュー

PortalでWorkplaceを使うときは「背景のぼかし」や「デスクビュー」を有効にすると、同僚やクライアントやその他の関係者にきちんとした印象を与えることができます。背景のぼかしは、PortalでWorkplace通話を行うとき自分の姿は鮮明でピントの合った状態に保ちつつ、背景を自然にぼかす機能です。デスクビューは、机の前に座っていても近くに立っていても映像内にうまく収まるようカメラアングルを自動調整するSmart Cameraや、キーボードの打鍵音などの雑音を最小限に抑えるSmart Soundといった機能を有効にします。


Portal版Workplace Live

「通知をミュート」機能で煩わしさを軽減

「通知をミュート」機能で煩わしさを軽減

作業に集中したいときや仕事から離れたいときは、「通知をミュート」機能を使いましょう。設定した時間のあいだ、お知らせ、通知音、メッセージや投稿のポップアップ表示が停止されるため、わずらわされたくないときに便利です。この間に誰かがチャットであなたにメッセージを送信すると、あなたが通知をミュートしていることと、ミュートをいつ解除する予定かを相手に知らせる自動メッセージが送信されるようになりました。この機能をオンにするにはプロフィール写真か左下隅のステータスをクリックしてください。指定した時間帯に自動でオンにすることもできます。[通知をミュート]の使い方については、ヘルプセンターをご覧ください。


「通知をミュート」機能によるチャットの自動返信

セキュリティログの保存済みの検索

セキュリティログの保存済みの検索

Workplaceコミュニティのセキュリティイベント管理は、大仕事になることもあります。そこで管理者向けに、必要なセキュリティログを見つけやすくする「保存済みの検索」機能をリリースします。よく使う検索クエリやフィルターの組み合わせを保存しておけるので、Workplaceにおけるセキュリティイベントの分析や対処も容易になります。


テキストの予測候補

エリア機能でWorkplaceへのアクセスを簡素化

エリア機能でWorkplaceへのアクセスを簡素化

「エリア」はデスクで仕事をしない人もWorkplaceへ簡単にアクセスできるようにする機能です。プロフィール有効化に必要な情報の配布、あるいはアクセスコード発行やパスワードリセットといったトラブル対応を、システム管理者の手を煩わせることなく現場の管理職が行えるようになります。システム管理者がエリア機能を有効にする方法と、フロントラインチームがWorkplaceにアクセスできるようエリアコーディネーターがサポートする方法について、詳しくは カスタマーリソースセンターをご覧ください。


管理者用パネルの[フロントライン]ページでエリアを作成

情報ライブラリへの動画の追加

情報ライブラリへの動画の追加

情報ライブラリは、Workplaceで静的なコンテンツを作成し、共有するための中心的な場所となります。この公式コンテンツをおもしろく魅力的なものにするために、情報ライブラリのカテゴリに動画を追加できるようになりました。デバイスから動画をアップロードするか、Workplace、YouTube、Vimeoなどへのリンクを追加して動画を埋め込むかを選択できます。情報ライブラリについて、詳しくは アニメーション動画カスタマーリソースセンターのガイドをご覧ください。

情報ライブラリ内の動画
プロフィール管理の強化

プロフィール管理の強化

Workplaceでは、ユーザーや組織の皆さまに安心してご利用いただくために、Workplaceのユーザープロフィールを管理するための使いやすくわかりやすいツールを提供できるよう、投資を続けています。このたび、ユーザーが不審なプロフィールを報告できる機能を追加します。また、複数のアカウントをお持ちのユーザー向けに、別のWorkplaceに切り替えるためのオプションも追加します。

プロフィールの報告

ユーザーが不審なWorkplaceプロフィールを報告できる、新しい報告オプションをリリースします。プロフィールの報告を受け取ったシステム管理者は、そのユーザープロフィールを利用停止にするか許可するかを選択できます。また、「他の人になりすましている」という新しい報告タイプを導入し、既存のコンテンツ報告フローに追加して、投稿、コメント、チャット、プロフィールの報告に使用できるようにします。

別のWorkplaceへの切り替え

1つのブラウザーで複数のアカウントにログインしている場合は、一方のWorkplaceプロフィールからもう一方のプロフィールへと簡単に切り替えられるようになりました。プロフィール写真をクリックし、[Workplaceの切り替え]を選択して、切り替え先のアカウントを選択してください。

別のWorkplaceへの切り替え

他のニュース