Workplaceクイックスタートパック

リモートチームにWorkplaceを迅速に導入し、社内コミュニケーションの活性化とリモートチームのつながりの維持にWorkplaceを活用する方法をご確認ください。


時間 18分 |公開 2020年3月24日

WorkplaceクイックスタートパックWorkplaceクイックスタートパック



Workplaceをチームに活用

Workplaceは、離れ離れで働くチームの生産性だけでなく、そのつながりの維持にも役立ちます。Workplaceを使えば、チームがどこにいてもコラボレーションの効果を高めることができます。このガイドではその詳細をご紹介します。

学習内容:

  • グループ内でのチームとプロジェクトの管理
  • ファイルのシェアと検索、ファイルでの共同作業
  • テキスト、音声通話、ビデオ通話を使ったチャットでのコミュニケーション
  • ライブ動画を使ったチームミーティングの配信
  • 1対1のグループを使った、マネージャや直属の部下との関係の管理

グループ内でチームとプロジェクトを管理する

非公開グループを作成してチームメンバーを招待します。チームとプロジェクトグループは通常非公開で、関係者のみが投稿したり投稿を閲覧したりできます。組織外の人と共同作業を行う場合は、会社間グループを作成します。

このグループを使い、投稿を通してチームとコミュニケーションを取っていきます。投稿では、チームが後から参照する必要があると思われる重要な情報をシェアします。コメントを使って1か所で議論できるという点でも便利です。

チームの合意事項、プロジェクトのタイムライン、概要を示したドキュメントなど、チームの重要なリソースについては、グループページのトップに投稿を固定します。

プロジェクトグループの固定された投稿

ファイルをシェアして共同作業する

Workplaceでは、簡単にファイルをシェアして共同作業したり検索したりできます。ファイルを投稿に追加するとグループにシェアされます。同僚は注釈機能を使ってファイルに直接メモを追加できます。すべての注釈は、投稿のコメントとして簡単にトラッキングできます。

ファイルの保管や共同作業に組織で他のツールを利用している場合は、コンテンツ共有統合を利用して、組織が普段使っているツールのファイルをシェアします。利用可能なすべての統合を統合ディレクトリで確認できます。

グループでシェアされているすべてのファイルは[ファイル]タブでも簡単に検索できるため、行方不明になることがありません。

共有タブのファイル

週間アップデートを投稿する

グループの投稿で、チームに週間の最新情報をシェアします。週間レポートによって各自の業務に対する可視性が高まり、メンバーの進捗状況、優先事項、直面している問題に関する最新情報が全員に提供されます。チームメンバーからの情報提供やサポートが必要な場合は、投稿やコメントで相手を@メンションすると、そのリクエストに相手を誘導するお知らせが送信されます。

チャットで連絡を取る

Workplaceチャットを使ってチームと連絡を取りましょう。Workplaceチャットは、早く返答をもらいたいときや、他の連絡方法ではグループページが煩雑になってしまうと思われるようなときに最適です。議論を整理する場合やコンテンツを後から見つけやすくしておく場合は、投稿を使うようにします。

チームグループから[チャット]タブに移動し、最新情報、ファイル、画像を同僚とシェアしましょう。GIFと絵文字も使えます。

チャットスレッド

Workplaceチャットでは音声通話とビデオ通話も使えます。ビデオ通話を使うと、さまざまな場所からミーティングに参加したり、どこにいてもチームと連携したりできます。1対1の通話では画像もシェアできるため、同僚とのリアルタイムの共同作業が実現します。

グループビデオ通話

Workplaceアプリ:

Workplaceチャットアプリ:

チームミーティングをライブ配信する

ライブ機能を使うと、ミーティングやプレゼンテーションを撮影し、チームまたは組織全体に向けて配信できます。ライブ動画は自動的にグループに投稿されるため、ミーティングにその場で参加できなかった人も後から確認できます。

マネージャや直属の部下との1対1のグループでコミュニケーションを取る

自分のマネージャまたは直属の部下(いる場合)との、1対1の秘密のグループを作成します。このようなグループは、最新情報の共有や個人的なフィードバックに利用できます。また、新入社員のオンボーディングやパフォーマンス評価にも最適です。

機能別のフィードバックグループやお知らせグループで自分の仕事をシェアする

「マーケティングのお知らせ」「キャンペーンのフィードバック」など、機能別のフィードバックグループやお知らせグループを作成して、チームの仕事に対する可視性を高めます。さまざまな部署の同僚をグループに招待して活用し、プロジェクトの最新情報を定期的に提供したり、組織全体から価値あるフィードバックを入手したりします。

Workplaceを活用した業務管理と生産性向上に関するその他の参考リソース:

リソースハブに戻る

-----