VodafoneはWorkplaceとの関係を改めて強化しハイブリッドな世界に架け橋を構築

人のつながりをより簡単に

カスタマーニュース | 所要時間: 3分

近年まれに見るこの混乱した時期に多くの事業者が人とのつながりを維持する方法を見つけ出そうと奮闘しましたが、Vodafoneにはすでに、先行きが非常に不透明な時代での成功をサポートする秘密兵器がありました。

Workplaceを使って業務を簡素化

オフィス勤務再開の周知からハイブリッドワークの導入まで、Workplaceは業務を簡素化します。

Vodafoneは2019年にWorkplaceを導入したおかげで、世界中の従業員の間に連帯感を醸成してエンゲージメントを保つことができました。それだけでなく、従業員が協力して主導するイニシアチブ、キャンペーン、コミュニティが成長しました。

人のつながりをより簡単に

人のつながりをより簡単に

VodafoneのCTOであるJohan Wibergh氏は、このような前例のない時代に築かれたものを育むことが2021年以降の最優先事項になっていると指摘し、次のように語っています。「世界中の9万人以上の従業員がWorkplaceを使ってつながりを維持しています。現在、多くの従業員がリモートで働いているため、Workplaceは、私たちがお互いに連絡を取ったり、ライブイベントを開催したり、プロジェクトで共同作業してお客様をサポートしたりするために欠かせない中核的なリソースになっています」

「そして何よりも、Workplaceは直観的に使用でき、アクセスしやすいため、従業員はインクルーシブなコミュニティの一員であると感じることができます」

Vodafoneは過去18か月の間に、ライブ動画やグループなど、エンゲージメントを高めてコミュニティを構築するための機能を最大限に活用してきました。その結果、グローバルな従業員基盤と経営陣との双方向の対話が可能になったほか、組織全体でコミュニケーションを取るときのリーダーの透明性が高まりました。

架け橋を築く

架け橋を築く

Vodafoneのソーシャルメディア・チャネルリードであるPatrick Yiu氏は、この共同体意識と連帯感は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行下で、従業員がつながりを維持することに大きなプラスの影響をもたらしました、と語っています。

Workplaceのおかげで、多くの従業員が、お互いの物理的な距離にもかかわらず、かつてないほど親密な関係になったと感じています。Vodafoneにとって、Workplaceは、人が物理的に会うことができない時期に変革をもたらしました。

Yiu氏は、つながりを維持しようとする同社の取り組みについて、「私たちは『Nickとつながり続けよう』という合言葉の下に一連の活動を開始しました。ビジネスのすべての領域について、CEOと一緒にセッションや打ち合わせを定期的に実施し、Vodafoneのほかの従業員や経営陣と対話しました」と説明しています。

従業員は、これらのインタラクティブなセッションでWorkplaceを通じてコメントしたり、質問したりすることができます。世界中の従業員がこのようなレベルで直接アクセスすることは、Vodafoneではこれまでなかったことです。

共通の目的を見出す

共通の目的を見出す

VodafoneはWorkplaceを最大限に活用して、従業員のメンタルヘルスもサポートしています。メンタルヘルス啓蒙期間と同じ時期に開催されるライブイベントに加えて、従業員のセンチメントを測定する意識アンケート調査への参加を促すためにWorkplaceが使用されました。

関連情報

Workplaceニュースルームで、顧客やパートナーの最新情報をご覧いただけます。

詳しくはこちら

Workplaceプラットフォームは、従業員が在宅勤務についてどう感じているかや、メンタルヘルスと一般的な福利厚生に関して十分なサポートを受けているかどうかを従業員に尋ねる上で役立ちました。その後、同僚が何を話し、何を経験しているかについて従業員に実感してもらうために、アンケート調査の結果はわかりやすいグラフィックに変換されてWorkplaceに投稿されました。

チャリティーや慈善事業におけるVodafoneの取り組みにスポットライトを当てることは、新型コロナウイルス感染症の世界的流行下で組織全体の士気を向上させることにも非常に効果的でした。

病院や学校などの基幹サービスが接続できるようにすることは、Vodafoneの日々の業務です。VodafoneはWorkplaceを使用して、従業員の間に誇りを生み出しました。具体的には、黒人専門家のネットワークやLGBTQ+コミュニティなどの少数派の意見に光を当てたり、家庭内暴力などの問題の解決を通じて、あるいは自然災害に見舞われている国に救援や支援を提供することにより、コミュニティをサポートする活動を取り上げたりしました。

最新情報を入手する

仕事の最前線に関する最新のニュースとインサイトを入手しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したものとみなされます。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

「将来に備えた」アプローチを採用する

「将来に備えた」アプローチを採用する

新型コロナウイルス感染症の世界的流行が始まってから18か月が過ぎた今、Vodafoneは、いつどこでどのように働くかという課題に対応するために、「将来に備えた」アプローチについて検討しています。Workplaceは、そのアプローチがどのような形態を取ろうとも、この戦略で重要な役割を果たすことは間違いありません。具体的に言うと、Vodafoneはライブ動画を継続して、従業員が現実世界と仮想世界が混在する環境に参加できるイベントを配信することを計画しています。こうしたイベントが配信されると、従業員はどこで働いていても、つながりを維持できるようになります。

また、Vodafoneは動画の力を活用して、一連の仮想オフィスツアーを立ち上げたいと考えています。さまざまなオフィスで一連のウォークスルーを録画して、特定のWorkplaceグループに投稿することにより、従業員が長期間のリモートワークの後、職場に戻ったときにどのように感じるかを体験できるようにします。例えば、受付では何が変わり、どのような新しいセキュリティ対策が実施されているかなどについて、把握することができます。さらに、従業員は質問したり、コメントで詳細を共有して誰もが閲覧できるようにしたりできます。

どのような未来が待ち受けていても、世界中で情報を得て、積極的に関与し、つながりを維持できる活気あふれる従業員を育てるというVodafonの目標は同じままです。Workplaceがその目標の実現をどのようにサポートしてくれるか、それを見ることを楽しみにしています。

Workplaceのバイスプレジデントを務めるJulien Codorniou氏は、「Vodafoneは、将来を見越したコンセプトに注力している企業です。Vodafoneは世界中の従業員をWorkplaceに接続することにより、パンデミックの中でコミュニティを維持すると同時に、新しい仕事環境に備えて準備しました。今回の提携更新を通じてVodafoneのコミュニティを引き続き強化できることを楽しみにしています」と語っています。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

関連情報

Workplaceニュースルームで、顧客やパートナーの最新情報をご覧いただけます。

詳しくはこちら

最近の投稿

カスタマーニュース | 所要時間: 4分

Workplaceが5周年を迎える!

この記念日を祝い、仕事の未来と、その未来を実現するための5つの方法を考えていきます。

製品ニュース | 所要時間: 3分

Workplaceにモバイルセキュリティ機能が追加

モバイルセキュリティ機能によって、社員がどこで仕事をしていても、安全を確保しやすくなります。

製品ニュース | 所要時間: 3分

新しいWorkplace紹介プログラムでコストを削減

既存の顧客に感謝を示すとともに新しい顧客を温かく迎える、新しい紹介プログラムが登場しました。