このシリーズでは、未来の働き方を形作るビジネスリーダーの方々をお招きし、Workplaceの導入についてお話を伺います。Workplaceが新しい働き方の発見に役立っている事例をご紹介するとともに、Workplaceの利用について実体験に基づいた考察を伺います。

今回お招きしたのは、XPO LogisticsのCEO、Brad Jacobs氏です。Fortune 500企業の中でも急成長中の同社がWorkplaceを採用した決め手、Workplaceがもたらした連携の強化、従業員によるアイデアの共有についてお話を伺いました。

XPO Logistics (NYSE: XPO)は物流会社として世界のトップ10に入る企業です。最近では収益が146億ドルに達し、Forbesから最も成長著しい企業に選ばれました。顧客がサプライチェーン全体でより効率的に商品を管理できるように支援しています。2017年にFortune 500企業の中で最も急成長したXPOは、31か国で事業を展開しており、1,435か所の拠点に9万人の従業員を抱えています。

Jacobs氏は早い段階からWorkplaceを支持していたため、XPOはWorkplaceの初期ベータ顧客の一社となりました。現在Workplaceは、同社の大規模で複雑な組織をつないでおり、数万人の従業員が利用しています。

Workplaceを選んだ理由は?

Workplaceを選んだ理由は?

「Facebookは、多くの人にとってお馴染みの、強力なプラットフォームです。選択に迷うことはありませんでした」

「Facebookは、多くの人にとってお馴染みの、強力なプラットフォームです。選択に迷うことはありませんでした」

Workplaceを利用すれば、使い慣れたツールを使ってつながり、連携できます。

これはJacobs氏にとって、特に優先度が高い点でした。XPOの従業員に可能な限り最善のインタラクティブなコミュニティを提供して、成功を支えることができるからです。

Jacobs氏はこれを「我々とともに成長できるプラットフォームで、世界中の従業員をつなぐ」と表現しています。

Workplace導入の手応えは?

Workplace導入の手応えは?

導入は成功を収めました。Workplaceはすぐに定着し、XPOのスタッフが連携やコミュニケーションの手段としてWorkplaceのグループを使い始めるまでに時間はかかりませんでした。「きわめて順調でした。導入とほぼ同時に利用者が急増しました。『WeAreXPO Group』というグループが最も人気で、これには私も笑みがこぼれます」

「私が嬉しく感じるのは、このグループを使って従業員たちがXPOのカルチャーを熱心に生み出していることです。XPOで働くことの誇りを発信する場となっており、また、より多くのアイデアが共有されれば、成果も上がります」

Workplace導入により働き方はどう変わった?

Workplace導入により働き方はどう変わった?

Workplaceは、XPOの経営陣と世界中の従業員の距離を縮めました。また、Jacobs氏と従業員が活発に対話できる場も生み出しています。Workplaceは従来のコミュニケーションツールではできなかった方法で従業員に発言の機会をもたらし、その機会を活用するよう促しています。これについて、Jacobs氏は次のように述べています。「一例として、私たちはグローバルな全社ミーティングを開催するためにWorkplaceを使っています。世界中の従業員からの質問にリアルタイムで回答できます。これは以前は不可能だったことです」

Workplaceのニュースフィードは常に更新され、各人とその職務に関係のあるニュースや見解が届けられます。これにより、XPOの従業員は重要な最新情報を常に入手でき、どこにいてもやりとりに参加できます。これは、Jacobs氏にとっても同様です。「朝一番にまずチェックするのがWorkplaceです。世界中の人々の投稿が目に飛び込んできます。これにより、世界中の利用者と同様、私もつながりを保つことができています」

「朝一番にまずチェックするのがWorkplaceです。世界中の人々の投稿が目に飛び込んできます。これにより、つながりを保つことができています」

「朝一番にまずチェックするのがWorkplaceです。世界中の人々の投稿が目に飛び込んできます。これにより、つながりを保つことができています」

XPOはWorkplace APIを使ってボットも開発しています。従業員同士が功績を認め合い、それを記録するためのボットです。「当社では先日、『Thanks』というボットをリリースしました。これを使うと、同僚の優れた仕事に対し、誰でも簡単に謝意を示せます。『@Thanks』と入力して従業員名をタグ付けすれば、ボットが相手の上司に自動的に通知します。必要であれば、チーム全体をタグ付けすることもできます。素晴らしいツールだと思います」

XPOでは、社内用語を説明するボットも使用しています。XPOで使用される社内用語の意味を「Jargon(専門用語)」というボットに尋ねるとその意味が分かるため、業務の効率化に役立っています。

Workplaceをより良くするには?

Workplaceをより良くするには?

私たちは、Workplaceをより良いものにするためのヒントをお客様のフィードバックから得ています。どうすればWorkplaceをより良いものにできるか、Jacobs氏に伺いました。

「私のウィッシュリストから1つ挙げさせてください。従業員が質問を投稿すると、コメント欄に回答が書き込まれますが、こうしたスレッドは、果てしなく長くなってしまうことがあります。メール検索にあるような強力な検索機能で、1つのスレッド内のコメントを検索できると便利ですね」

これは素晴らしい提案です。私たちは引き続きWorkplaceに新たなアップデートを加えていきます。それについては、皆様にもお伝えしますのでご期待ください。

XPO LogisticsのCEO、Brad Jacobs氏のご協力に感謝いたします。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

EnnismoreがWorkplaceでグローバルチームの結束を強めて、業務の効率向上を達成

Workplaceリーダー: Workplaceの導入で組織全体の連帯感が高まった経緯について、Ennismoreの創業者兼CEO、Sharan Pasricha氏にお話を伺いました。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

自動化により医療プロセスを刷新したシンガポールの病院の事例

タン・トク・セン病院(TTSH)は、診療科の数が45を超える、シンガポールで最大規模の総合病院です。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

未来の職場において、仕事とはどのようなものになるでしょうか?

昔から長く親しまれてきた仕事が職場環境から姿を消し、それに代わって目新しい仕事が続々と登場しています。将来の仕事ではどのような役割が必要になるのかを考えてみましょう。