フロントラインマネージャのポテンシャルを引き出す4つの方法

フロントラインマネージャに、ビジネスとのつながりとエンゲージメントを維持するためのツールを提供しましょう。


所要時間 4分 |公開日 2020年10月15日

フロントラインマネージャのポテンシャルを引き出す4つの方法フロントラインマネージャのポテンシャルを引き出す4つの方法

コンテンツハブに戻る

フロントライン社員の多くは、ビジネスの代表として顧客に接しています。社員がビジネスから十分な情報を得て、エンゲージメントやモチベーションを高く維持できていれば、顧客にも満足度の高いエクスペリエンスを提供できます。そうすれば、ロイヤルティの向上や収益の拡大などの具体的な成果につながります。しかし実際のところ、フロントラインマネージャの多くは本社に対して疎外感を感じており、潜在能力を発揮できていません。

このガイドでは、Workplaceを使用して、フロントラインマネージャが自分のチームだけではなく、組織全体のリーダーともつながり、ビジネスとの関わりやエンゲージメントを維持できるように支援する方法を説明します。

1. 全員をつなげる

フロントラインマネージャの潜在能力を発揮させるための最初のステップは、操作に慣れたテクノロジーを使ってチームとつながれるようにすることです。Workplaceを使えば、会社のメールアドレスを持っていない従業員でもアクセスコードを使ってWorkplaceプロフィールを簡単に設定できるため、チームがつながりやすくなります。アクセスコードはテキストメッセージ、WhatsApp、個人のメールアドレスに送信できます。

チームがつながると、フロントラインマネージャはグループを作成して、シフト調整などの日常のタスクを管理したり、重要な社内情報や会議メモを共有したりできます。グループを作成すると、最大250人の大規模なチームがそれぞれ独自にチャットのスレッドを使えるので、一刻を争う質問にもすばやい回答が得られます。またWorkplaceでは、誰でも必要に応じて、チャットメッセージ、音声通話、ビデオ通話で同僚に直接連絡できます。

ビジネスでの利用を進めやすくするため、使いやすいチーム管理者ガイドをこちらに用意しました。Workplaceによるチームの管理方法をご覧ください。

2. 情報にアクセスできるようにする

フロントラインマネージャは、会社の最新情報の共有や、部下が探している情報を見つけるために、かなりの時間を費やしています。Workplaceを使えば、社内コミュニケーションのチームや人事チームがすべての従業員に直接連絡できます。この機能によってフロントラインマネージャの負担が軽減され、緊急度の高いタスクに集中できるようになります。

お知らせ機能により、全社的な通知は必ず全員に表示されます。[「重要」に指定]の機能を使用すると、重大なアップデートをさらに目立たせることができます。

福利厚生、給与規定、休暇申請などの更新頻度の少ないコンテンツは、情報ライブラリで管理できます。各カテゴリの情報に対するチームのアクセス権をパーソナライズできるため、フロントライン社員は自分に関連するコンテンツを確実に閲覧できます。

3. フロントラインマネージャのWorkplaceグループを作成する

マネージャ同士をつなぐツールがないと、フロントラインマネージャの多くは他のマネージャと切り離された状態で仕事に取り組むことになります。実際、地域が異なるフロントラインマネージャ同士で話し合える機会はほとんどありません。Workplaceでは、フロントラインマネージャ向けのグループを作成できます。そうすれば、ベストプラクティスを共有し、成功を祝し、お互いの理解を深めて、コミュニティづくりを進めることができます。

カスタマーリソースセンターのツールキットセクションにアクセスして、コミュニケーションに役立つ資料や社内キャンペーンキットをご覧ください。

4. 声を広める

フロントラインマネージャは、自分が有する情報を組織全体と共有するとともに、経営陣から最新情報や助言を受け取る必要があります。社内コミュニケーションのマネージャはWorkplaceを利用して、フロントラインマネージャの公開グループを作成し、そのインサイトを社内全体で共有して、経営陣が投稿にコメントなどの反応をつけるよう促すことができます。

Q&Aやアンケートなどの機能も、フロントラインからの声を届けるのに役立ちます。チームからの質問を共有したり、投稿にコメントするなど、フロントラインマネージャに積極的な参加を促しましょう。フロントラインマネージャとのリアルタイムの質疑応答セッションを主催して、事務方の従業員に向けて、ビジネスの最前線の状況について学ぶ機会を提供することもできます。

フロントラインマネージャのエンゲージメントとつながりを維持する

フロントラインマネージャとその直属の部下は、多くの場合、顧客と最初にやり取りを行います。Workplaceを使えば、顧客と直接やり取りを行うメンバーを社内の他のメンバーとつなぎ、現場からのインサイトや知識を共有できます。最前線に立つメンバーを通じて顧客の声に耳を傾けることは、ビジネスに必ず好影響をもたらしてくれます。

フロントラインマネージャをビジネスの他のメンバーとつなげるためのリソースをさらにご覧いただくには、コンテンツハブにアクセスしてください。

-----