請求

Workplaceにかかる費用は、Workplaceコミュニティの請求対象ユーザーの人数によります。請求対象ユーザーの定義についてはこちらを、初回の請求についてはこちらを、支払人の保護についてはこちらをご確認ください。

請求対象のユーザー
請求対象ユーザーとは、Workplaceに招待された利用者です。利用者がプロビジョニング済み(または招待待ち)の状態から招待済みの状態になったときに、初めてその利用者は請求対象ユーザーになります。Workplaceにプロビジョニングできる利用者の数に制限はなく、料金はかからずに何人でもプロビジョニングできます。
注: 月の途中で招待されたアカウントは、その月の請求対象には含まれません。
プロビジョニング済みと招待済みの利用者の違いについて、詳しくはこちらをご覧ください。
アカウントの作成と削除について、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
WorkplaceでWorkplaceアカウントを取得するように招待した人(アカウントの取得に進んだ人を含む)の数だけ月額料金をお支払いいただきます。
Workplaceでプロビジョニングできる利用者の数に制限はありません。Workplaceアカウントを登録するよう招待した利用者のみが請求対象になります。
プロビジョニング済みと招待済みの利用者の違いについて、詳しくはこちらをご覧ください。
アカウントの作成と削除について、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
フロントライン社員は、サービスやサポートを提供したり、商品を販売したりすることで、お客様や一般の方々と直接やり取りすることを主な業務としている人たちです。また、製品の製造と流通に直接携わっている社員も含まれます。
社員がWorkplaceフロントラインプランの対象となるかどうかを確認するには、次の点について考えてください。
社員は他の社員との共用でないメールアドレスを持っていますか。
  • 社員が自分専用のメールアドレスを持っていない場合、Workplaceフロントラインの対象となります。社員が自分専用のメールアドレスを持っている場合、次の条件に当てはまるときにのみ、Workplaceフロントラインの対象となります。
社員は勤務時間の50%以上をデスク以外の場所(または自分専用のデバイスを使用しない状態で)勤務していますか。
  • この条件に当てはまる場合、この社員はフロントラインワーカーとしての資格を満たしています。
社員は時給制ですか。
  • この条件に当てはまる場合、この社員はフロントラインワーカーとしての資格を満たしています。
その他の条件
最後に、社員の職務内容が次のいずれかに当てはまることが必要です。
  • 売り場、受付係、販売スタッフなど、顧客に接する従業員(管理職を含むすべての職位)
  • 倉庫、配送などのバックステージスタッフ(管理職を含むすべての職位)
  • 警官、廃棄物処理、電線修理、水道局などの公益事業または公共サービス従事者(管理職を含むすべての職位)
  • 看護師、医師、医療機関などの医療従事者(管理職を含むすべての職位)
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、再販業者を通じて支払いを行っていないWorkplaceのシステム管理者にのみ適用されます。
請求対象となる月間アクティブユーザーのリストをエクスポートするには、コンピューターからWorkplaceにログインする必要があります。
  1. Workplaceの左側のパネルにある をクリックします。
  2. [支払い]をクリックします。パスワードの入力が必要になることがあります。
  3. これまでに行ったWorkplaceのすべての支払いが一覧で表示されます。表示したい期間の取引IDをクリックします。
  4. [請求済みのユーザーをエクスポート]をクリックします。
ユーザー情報のファイルがダウンロードできるようになると、メールが届きます。
この情報は役に立ちましたか?
いいえ、あなたには課金されません。Workplaceを利用していない会社に所属する人を会社間グループ(MCG)に招待すると、その人にはWorkplaceの30日間無料トライアルが設定されます。
MCGに招待された人がすでにWorkplaceを使用している会社で働いている場合も同様に、料金は請求されません。
この情報は役に立ちましたか?
支払いと請求
この記事は、Workplaceの管理者を対象としています。
Workplaceには30日間の無料トライアル期間が用意されています。この無料トライアル期間が終了すると、次の暦月の初日に請求サイクルが始まります。その月の月末に、Workplaceの価格プランに基づいて請求書が生成されます。無料トライアルが終了した月の末日までの期間は請求が発生しません。
例えば、無料トライアルが10月18日に終了した場合、10月19日から10月31日までの期間は請求対象になりません。請求サイクルは11月1日に始まります。
この情報は役に立ちましたか?
この記事は、Workplaceの管理者を対象としています。Workplaceの請求書を確認するには、コンピューターから管理者用パネルにアクセスする必要があります。
請求書を確認するには、Workplaceプロフィールの左上にある[管理者用パネル]をクリックして、[支払い]を選択します。
請求に使用される通貨は米ドルです。価格はすべて税抜き価格です。価格に関する最新情報については、facebook.com/workplace/pricingをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
この記事は、Workplaceの管理者を対象としています。クレジットカードによる請求を設定するには、コンピューターから管理者用パネルにアクセスする必要があります。
支払い方法を設定するには、Workplace画面の左上で[管理者用パネル]をクリックし、[支払い]を選択して支払いに関する詳細情報を追加します。
支払い方法
Amex(ブラジルを除く)、Visa、Discover、Mastercardを使用できます。一部の国ではPayPalもご利用いただけます。
請求に使用される通貨は米ドルです。価格はすべて税抜き価格です。価格に関する最新情報については、facebook.com/workplace/pricingをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
この記事は、Workplaceの管理者を対象としています。
月間請求額が$5,000を超える企業であれば、クレジットカードによる請求ではなく、請求書による請求を利用できます。ご利用のアカウントで支払明細書による請求を設定する場合は、 Workplaceアカウントマネージャにご連絡ください。
この情報は役に立ちましたか?
Workplaceに登録しているクレジットカードを変更するには、Workplaceの左側のナビゲーションにある[管理者用パネル]をクリックして、[支払い]を選択します。
月額料金の支払い額が$5,000を超えている場合は、請求書払いまたは銀行振込も選択できます。請求書払いの利用を開始するには、サポートにお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
月毎に通知がシステム管理者全員に送付されますが、請求書は添付されません。請求書は、管理者用パネル[支払い]をクリックしてダウンロードする必要があります。この請求書には、コミュニティに所属する請求対象ユーザーの数、1人あたりの請求額、課金される支払い方法が記載されています。
請求書のサンプルを以下に示します。
管理者用パネルの[支払い]セクションで、全請求履歴の確認と過去の請求書のダウンロードを行うことができます。
この情報は役に立ちましたか?
Workplaceの請求書の送付先を変更するには:
  1. Workplaceのナビゲーションバーから、[管理者パネル]を開きます。
  2. [支払い]をクリックします。
  3. [ビジネスの詳細]をクリックします。
  4. [編集]をクリックします。
そうすると、情報を変更できるようになります。完了したら、[保存]をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
支払い明細書に発注番号を追加するには:
  1. Workplaceの画面左上にある[管理者用パネル]をクリックします。
  2. [支払い] > [ビジネスの詳細]の順にクリックします。
  3. 指定の場所に発注番号を入力します。
注: コミュニティが請求書払いをすでに設定している場合は、支払い明細書を開くと発注番号を追加する欄が表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
未払いの料金をお支払いいただかなかった場合は、Workplaceへのアクセスがブロックされる場合があります。
クレジットカード払い
[支払い]タブに有効なクレジットカードを登録していない場合、Workplaceへのアクセスがブロックされることがあります。
クレジットカードの支払いを完了できなかったためにWorkplaceがブロックされた場合、最新の請求書のダウンロード支払い情報のアップデートを行うことができる画面が表示されます。
問題の解決を図っている間、利用者にはWorkplaceがブロックされているというメッセージが表示されます。アカウントにアクセスできなくなっている間も、利用者は自分のWorkplaceデータをダウンロードできます。
請求書払い
最新の請求書をお支払いいただかなかった場合、Workplaceへのアクセスがブロックされることがあります。請求書は、管理者用パネルの[支払い]タブで確認できます。
未払いの請求書があるためにWorkplaceがブロックされた場合、システム管理者には最新の請求書をダウンロードできる画面が表示されます。請求書の支払いが完了してから、システム管理者がar@fb.com宛てに支払い証明を添付したメールを送信すると、Workplaceへのアクセスを再開するプロセスを迅速に進めることができます。
問題の解決を図っている間、利用者にはWorkplaceがブロックされているというメッセージが表示されます。アカウントにアクセスできなくなっている間も、利用者は自分のWorkplaceデータをダウンロードできます。
この情報は役に立ちましたか?
トラブルシューティング
クレジットカードの支払いを完了できなかった場合、次のことを確認してください。支払いを完了できない原因として最も一般的なのは、カードがクレジット限度額に達したか、有効期限が切れていることです。
Workplaceの支払いを完了できない場合、Workplaceシステム管理者にメールでお知らせします。14日以内に新しいカードを追加してください。新しいカードを追加すると、支払い処理が自動的に行われます。14日以内に支払い処理を完了できなかった場合、Workplaceにアクセスできなくなります。Workplaceのデータは90日間は保持されますが、その期間を過ぎると、支払いが行われない限りデータは削除されます。
この情報は役に立ちましたか?
請求書に誤りがあると思われる場合は、Workplaceサポートにお問い合わせください。
Workplaceサポートに問い合わせるには:
  1. Workplaceのナビゲーションバーから、[管理者パネル]を開きます。
  2. [サポートへのお問い合わせ]をクリックします。
    1. [サポートへのお問い合わせ]セクションには、こちらからもアクセスできます。
  3. [質問する]をクリックして、Workplaceサポートにメッセージを送信します。
  4. [チャットで尋ねる]をクリックして、インスタントメッセージでサポートを受けることもできます。チャットサポートは現在展開中のため、まだご利用いただけない場合があります。
この画面には、Workplaceのナビゲーションバーで をクリックして、[Workplaceサポートへの問い合わせ]を選択する方法でもアクセスできます。
この情報は役に立ちましたか?
通常、請求額は[管理者用パネル][レポート]セクションに表示される数字よりも小さくなります。請求対象ユーザーとは、Workplaceアカウントを取得するように招待された人(アカウントの取得に進んだ人を含む)を表します。
請求対象ユーザーについて、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?