配信

Enterprise Mobility Managementとマイクロソフトインストーラーについて詳しくご紹介します。コミュニティの同僚がWorkplaceアプリのインストールとアップデートを簡単に行うことができるようになります。

Enterprise Mobility Management (EMM)
Workplaceの2つのモバイルアプリ、WorkplaceとWorkplaceチャットは、iOSとAndroidの両方でご利用いただけます。エンタープライズモビリティ管理(EMM)を導入している場合、Workplaceアプリで使用できる一連の設定が2種類あります。
1つは、ほとんどのEMMソリューションで提供され、モバイルオペレーティングシステムでネイティブサポートされている機能セットに関連するものです。これは、Workplaceを含め、モバイルデバイスにインストールされるすべてのアプリに適用できます。
もう1つは、Workplaceアプリが独自にサポートしている機能セットに関するものです。この機能セットでは、アプリケーションとともに導入できる特定の設定を受け入れることができ、利用者向けの具体的な機能が有効になります。
アプリでサポートされるこの設定は、主要なEMMベンダーおよびアプリケーションプロバイダーで構成された標準化団体であるAppConfig Communityに定義される要件に従っています。VMWare、SAP、MobileIron、IBM、SOTI、JAMF、BlackberryなどがAppConfigのメンバーです。
エンタープライズモビリティ管理と社内デバイスでのWorkplaceアプリの使用について、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
Workplaceはappconfig.orgにより定義された要件をサポートしています。Appconfigは次のようなメンバーで構成されています。
  • VMware
  • MobileIron
  • IBM
  • SOTI
  • JAMF
  • Blackberry
これらのソリューションを使用したWorkplaceアプリを設定するには、こちらの手順に従ってください。
ご利用のEMMソリューションがappconfig.orgのメンバーによるものでない場合、appconfig以外のベンダーへのサポートについては、こちらをご確認ください。
この情報は役に立ちましたか?
EMMソリューションを使用してWorkplaceを管理するには:
  • デバイスがアプリ設定のプッシュに対応したEMMサーバーによって管理されている必要があります。
  • iOSの場合は、WorkplaceアプリがEMM経由で配信および管理されている必要があります。
  • Androidの場合は、デバイスがデバイスオーナーモードまたはプロファイルオーナーモードのAndroid Enterprise対応デバイスである必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
マイクロソフトインストーラー (MSI)
MSI (マイクロソフトインストーラー)は、Windowsでプログラムをインストール、保存、削除するためのインストールパッケージのファイル形式です。
組織にWorkplaceチャットMSIを展開するには:
  1. WorkplaceチャットMSIをダウンロードします。
  2. MSIを共有フォルダーにコピーし、インストーラーをネットワーク経由で展開できるようにします。
  3. [Group Policy Management](グループポリシーの管理)ツールを開きます。
  4. Forest(フォレスト) - Domains(ドメイン) - <あなたのドメイン>の順に展開します。
  5. <あなたのドメイン>を右クリックし、[Create GPO in this domain and Link it here...](このドメインにGPOを作成し、このコンテナーにリンクする...)を選択します。
  6. グループポリシーに適切な名前を付け、[OK]をクリックします。
  7. 作成したグループポリシーを右クリックし、[Edit](編集)をクリックします。
  8. [コンピューターの構成] > [ポリシー] > [ソフトウェアの設定] > [ソフトウェアインストール]の順に移動します。
  9. [Software installation](ソフトウェアのインストール)を右クリックし、[New](新規) > [Package](パッケージ)の順に選択します。
  10. 共有フォルダーを検索し、WorkplaceチャットMSIを選択して[Open](開く)をクリックします。
  11. [Group Policy Management Editor](グループポリシー管理エディター)を閉じます。
  12. グループポリシーをもう一度右クリックし、[Enforced](強制)を選択します。
  13. コマンドラインプロンプトを開き、「gpupdate/force」と入力してグループポリシーを更新します。
  14. コマンドラインで要求される場合は、サーバーを再起動します。
注:WorkplaceチャットMSIの展開機能について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
MSI (マイクロソフトインストーラー)は、Windowsでプログラムをインストール、保存、削除するためのインストールパッケージのファイル形式です。
Workplaceチャットのインストーラーには、次のような展開機能があります。
  • プログラムファイルにインストーラーをインストールする。
  • ログイン時にインストーラーを実行するレジストリを設定する。
  • 必要に応じて、インストーラーを実行する。この手順を使用しない場合(例: 多くのPCではMSIはプロビジョニングシステムによって実行されています)は、msiexec /i WorkplaceChat.msi START=N などの「START=N」で実行します。
  • デフォルトで、最初の起動時にFacebookが推奨するアプリを実行する。これは、サイレントモードでインストーラーを実行する msiexec /i WorkplaceChat.msi INSTALLEROPTS="/S" を使用すると、無効にできます。
この情報は役に立ちましたか?