セーフティセンター

セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。

セーフティセンターは、災害イベント時にWorkplaceコミュニティのメンバーの状態を確認できる機能です。セーフティオペレーターを割り当てセーフティセンターのインシデントを作成し、影響を受けている可能性がある同僚に迅速にメッセージを送ります

セーフティセンターのインシデントを作成する
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターを使用するには、セーフティオペレーターである必要があります。セーフティオペレーターはWorkplaceのシステム管理者が指名します。
企業・組織のセーフティセンターを有効にするには:
  1. [管理者用パネル]に移動します。
  2. [セーフティセンター]をクリックします。
  3. [セーフティオペレーターを追加]をクリックして、自分をセーフティオペレーターに追加します。セーフティオペレーターは、セーフティセンターでメッセージを作成できます。
  4. [完了]をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
Workplaceでセーフティセンターのインシデントを作成できるのは、セーフティオペレーターのみです。
セーフティオペレーターはシステム管理者が指名します。セーフティオペレーターを追加する方法は次のとおりです。
  1. ホームページの左上にある[管理者用パネル]をクリックします。
  2. [アドバンスプランの機能]の下で、[セーフティセンター]をクリックします。
  3. [セーフティオペレーターを追加]をクリックし、追加する人の名前を入力します。
  4. [完了]をクリックします。
セーフティセンターにアクセスする権限は、システム管理者に自動的に付与されているわけではありません。まず、自分をセーフティオペレーターに指名する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターには[発見]メニューからアクセスできます。メッセージを送信する前に、インシデントを作成する必要があります。
セーフティセンターのインシデントを作成するには:
  1. [管理者用パネル]から[セーフティセンター]に移動し、[インシデントを追加]を選択します。
  2. 状況に応じてインシデントの種類を選択します。
    1. [システムテスト]: 機能をレビューし、自分と、インシデントへの対応が必要な利用者にテストメッセージを送信します。お知らせには「TEST」と表示されます。
    2. [災害訓練]: シミュレーションの予定を立てて実施し、利用者の対応を管理するなどして、緊急事態に備えます。お知らせには「DRILL」と表示されます。
    3. [実際のインシデント]: 実際にインシデントが発生した場合にはこのオプションを選択して、詳細を記録し、社員にメッセージを送信します。
  3. [タイトル]、[位置情報]、[セーフティオペレーター]を指定します。
これでインシデントが作成されました。インシデントが有効な間は、メッセージを追加できます。メッセージを送信するには:
  1. [メッセージを作成]をクリックします。
  2. メッセージの種類を選択します。オプションをクリックすると、詳しい情報が表示されます。[次へ]をクリックします。
  3. メッセージの内容を追加します。画面の右側に、各種メッセージのプレビューが表示されます。完了したら、[次へ]をクリックします。
  4. [他の人を追加]をクリックして、このメッセージの受信者を選択します。次の方法で受信者を追加できます。
    1. 個別に追加する(イベントに手動で追加する)
    2. Workplaceグループを追加して、現在のグループメンバー全員を追加する
    3. Workplaceプロフィールの勤務地から追加する
    4. CSVファイルを追加する(社員のメールアドレスのみが必要)
    5. 過去のアラートから追加する(過去のアラートを検索して、同じ受信者リストを使用する)
  5. メッセージの送信に使用するチャネルを選択します。以下のチャネルから選択できます。
    1. Workplaceチャット
    2. Workplaceのお知らせ
    3. メール
    4. すべてのチャネル
  6. [メッセージを送信]をクリックして確定します。
  7. これで、このメッセージの状況を追跡して、返信を管理できます。受信者ごとに複数のメッセージを送信できます。
利用者の最新の返信に基づいて、返信ステータスがリアルタイムで更新されます。フォローアップアクションは、各企業・組織の判断で決めることができます。
注: システムで生成されたセーフティセンターのメッセージの内容は、ユーザーのWorkplaceアカウントの言語に翻訳されますが、セーフティオペレーターが作成したカスタムコンテンツは翻訳されません。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターのインシデントでは、リアルタイムのレポートを確認できます。セーフティセンターのホームページから、すべてのインシデントと、返信・応答および既読率を確認できます。
さらに詳しい情報を確認するには:
  1. インシデントをクリックします。
  2. 右の列から、インシデントのインサイトを確認できます。いずれかのメッセージをクリックすると、そのメッセージのレポートが表示されます。
  3. [受信者リスト]で、メッセージのすべての受信者と、受信者がメッセージを読んだかどうか、または返信したかどうかを確認できます。
  4. どの受信者についても、以下の操作が可能です。
    1. [通話]: 受信者名の横にある電話のアイコンをクリックすると、受信者がWorkplaceのプロフィールに設定している電話番号に電話をかけることができます。
    2. [メッセージを送信]: 紙飛行機のアイコンをクリックすると、相手にメッセージを再送信できます。
    3. [ステータスを更新]: このボタンをクリックすると、受信者の返信のステータスを手動で変更できます。例えば、受信者の1人と話して安全を確認した場合に、その受信者が無事であることを設定できます。
  5. [受信者リスト]の一部またはすべての受信者にメッセージを再送信する場合は、[メッセージを送信]をクリックします。
  6. 受信者を追加する場合は、[他の人を追加]をクリックします。受信者を追加したら、[メッセージを送信]をクリックして手順を完了します。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティオペレーターは、セーフティインシデント内でメッセージを送る利用者を次の方法で追加できます。
  • 個別に追加する(イベントに手動で追加する)。
  • Workplaceグループを追加する。現在のグループメンバー全員が追加されます。
  • 勤務地から追加する。
  • CSVファイルを追加する(社員のメールアドレスのみが必要)。
  • 過去のアラートから追加する(過去のアラートを検索して、同じ受信者リストを使用する)。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
インシデントを設定するとき、[位置情報]フィールドはインシデントのおおよその位置を特定する目的のみに使用され、その情報は送信するすべてのメッセージに表示されます。
メッセージの本文に、さらに具体的な位置情報を追加できます。この情報によって、インシデントのメッセージに追加される利用者が決まることはありません。勤務地に応じてメッセージに社員を追加する場合は、利用者の追加の際に[プロフィールの勤務地から追加]オプションを使用します。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティオペレーターに追加されると、他のセーフティオペレーターが作成したすべてのインシデントを含む、セーフティセンターのすべての機能にアクセスできるようになります。
セーフティセンターについて、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターのメッセージを編集する
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターのインシデントを作成した後に詳細を編集するには:
  1. 管理者用パネルから、[セーフティセンター]をクリックします。
  2. 編集するインシデントをクリックします。
  3. 右上にある[インシデントを編集]をクリックします。
ここから[タイトル][位置情報][有事ヘルパー]を変更できます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
まだメッセージを送信していない状態であれば、セーフティセンターのインシデントから利用者を削除できます。インシデントから利用者を削除するには、セーフティセンターの[他の人を追加]ページに移動して、該当する名前の横にある[削除]をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
[受信者リスト]で、メッセージのすべての受信者と、受信者がメッセージを読んだかどうか、または返信したかどうかを確認できます。
受信者の返信ステータスを手動でアップデートするには、[ステータスを更新]ボタンをクリックします。例えば、受信者の1人と話して安全を確認した場合に、その受信者が無事であることを手動で設定できます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターのインシデントで[有事ヘルパー]に利用者を追加すると、その人はインシデントページでセーフティチームの一員として表示されます。
[有事ヘルパー]として追加できるのはセーフティオペレーターのみであるため、有事ヘルパーはインシデントを確認し、管理できます。
セーフティオペレーターがインシデントでアクションを実行すると、自動的にそのインシデントの有事ヘルパーに追加されます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターのインシデントを終了するには、インシデントページの右上にある[インシデントを終了]をクリックします。[インシデントを再開]をクリックすれば、いつでもインシデントを再開できます。
: セーフティセンターのインシデントが終了していても、社員はいつでもお知らせに返信できます。新しいメッセージを送信するには、インシデントを再開する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
お知らせ
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
はい。セーフティセンターは安全に関する情報のアップデートに使用されることを想定しているため、この種の通知は、Workplaceのユーザーのメール通知設定や、[通知をミュート]の設定にかかわらず送信されます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティセンターでメッセージを送信するときには、次のチャネルを使用して利用者に連絡できます。
  1. Workplaceのお知らせ - ニュースフィードのトップと通知によって表示されます。
  2. Workplaceチャット - ユーザーにチャットを送信します。
  3. メール - プロフィールに記載されたメールアドレスにメールを送信します。
上記の通知用チャネルのいずれか1つ、またはすべてを使ってメッセージを送信できます。
ユーザーがいずれかのチャネルで確認または返信すると、セーフティセンターでそのアクションが記録されます。メッセージに返信する必要がある場合、ユーザーはいつでも自分の返信を変更できます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
返信がない受信者にもう一度メッセージを送信する場合は、再送信したいメッセージに移動します。
  1. 複数の受信者を指定して再送信する場合は、対象の受信者名の横にあるボックスを選択します。
  2. [受信者リスト]セクションの[メッセージを送信]をクリックします。
  3. メッセージの送信に使用するチャネルを選択します。
  4. 対象の受信者を選択します。受信者全員を選択することも、未返信の受信者のみを選択することもできます。
  5. [送信]をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターについての詳しい情報
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
Workplaceのセーフティチェックは、Facebookのセーフティチェックとはまったく別物です。
Workplaceのセーフティチェックとセーフティセンターでは、セーフティインシデントが特定された際に、指定されたセーフティオペレーターのチームが、企業・組織の社員のセーフティチェックを作成、送信、管理できます。Workplaceのセーフティチェックに対する返信を確認して管理できるのは、セーフティオペレーターのみです。
FacebookのセーフティチェックはFacebookコミュニティによって有効になり、セーフティチェックの返信はFacebookの友達にシェアされます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
セーフティチェックへの返信には、次の2つのうち、いずれかを使用できます。
  • 自分の無事を報告
  • ヘルプが必要
返信は、メッセージの詳細ページで即時アップデートされます。返信の種類に基づいて、このページをフィルターで絞り込むことができます。ヘルプが必要であることをユーザーが返信した場合、該当するインシデントに追加されているすべてのセーフティオペレーターにメールで通知されます。システム管理者はセーフティセンターの設定ページから、この通知用にチーム宛てのカスタムメールを設定することもできます。
ヘルプが必要であることをユーザーが返信した場合に、その人の名前の横にある電話またはチャットのアイコンをクリックすると、直接連絡を取ることができます。
この情報は役に立ちましたか?
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
インシデントの作成時には、[システムテスト]、[災害訓練]、または[実際のインシデント]を作成するオプションがあります。
  • テストを使用すると、機能をレビューして、テストメッセージを送信できます。お知らせには「TEST」と表示されます。
  • 訓練を使用すると、シミュレーションの予定を立てて実施し、利用者の対応を管理できます。お知らせには「DRILL」と表示されます。
  • セーフティセンターで実際のインシデントを作成すると、選択された全社員にアラートが送信されます。このイベントは、災害が実際に発生している場合にのみ作成してください。
イベントが訓練またはテストである場合は、社員に送信されるお知らせにそのことが明記されます。テストと訓練のイベントは、実際のインシデントと同じように動作します。
この情報は役に立ちましたか?
トラブルシューティング
セーフティセンターはセーフティチェックの後継となる機能です。ご使用のWorkplaceで現在もセーフティチェックが使われている場合は、こちらをクリックして関連のあるヘルプの内容を確認してください。新しいセーフティセンターのご利用をいち早く始めたい場合は、workplacesafetycheckteam@fb.comにお問い合わせください。
メッセージの作成時、セーフティセンターに利用者をインポートすると、正常にインポートされた人数、インポートされなかった人数、重複している人数が結果ページに表示されます。
エラー画面では、インポートできなかった人のリストをダウンロードして、再度インポートを試みることができます。社員のインポートで最もよくある問題として、コミュニティ内に対応するユーザーがいない、無効な社員IDやメールアドレスを入力していることが挙げられます。
IDやメールアドレスが正しいにもかかわらず、複数回試しても社員をインポートできない場合は、Workplaceサポートにお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?