サポート

Workplaceをご利用のお客様のためのサポートについて、詳しくご紹介します。サポートリクエストを送信する準備ができていない場合は、Workplaceの学習・トレーニング用リソースにアクセスして、詳しい説明をご覧ください。

Workplaceのお客様はオンラインのヘルプリソースにアクセスできます。お客様のWorkplaceプランで利用可能なサポートについては、以下をご覧ください。
利用可能な追加サポート
さらにサポートが必要な場合、管理者はメッセージかチャットで直接Workplaceサポートチームに問い合わせることができます。サポート受信箱から新しいリクエストを送信するには、以下の手順に従います。
  1. Workplaceのナビゲーションバーから、[管理者パネル]を開きます。
  2. [サポートへのお問い合わせ]をクリックします。
    • [サポートへのお問い合わせ]セクションには、こちらからもアクセスできます。
  3. [質問する]をクリックして、Workplaceサポートにメッセージを送信します。
  4. インスタントメッセージでサポートを受けるには、[チャットで尋ねる]をクリックします。チャットサポートは現在展開中のため、まだご利用いただけない場合があります。
この画面には、Workplaceのナビゲーションバーで をクリックし [Workplaceサポートへの問い合わせ]を選択してアクセスすることもできます。
サポート受信箱では、過去のサポートリクエストを参照したり、ステータス別にサポートリクエストを絞り込んだり、Workplaceの機能に影響を及ぼす可能性があるサービス障害の有無を確認したりできます。
ヘルプが必要な場合は、
以下をご参照ください。
  • 開発者サポート。開発者サポートでは、Workplaceの統合機能を利用するのに必要な技術情報を得ることができます。
  • カスタマーリソースセンター。Workplaceのベストプラクティスやリソースを蓄積した一元的なハブです。Workplaceの運用をスムーズに開始し、短期間で成果を上げるのに役立ちます。
この情報は役に立ちましたか?
ダイレクトサポートを使用することで、いくつかのメリットが得られます。
  • 管理者は、会社の管理者が作成したすべてのサポートリクエストを見ることができます。
  • ダイレクトサポートは製品内で使用できます。つまり、管理者はサポートを利用するためにWorkplaceから離れる必要はありません。
  • 管理者は、送信したチケットのステータスを確認して、進捗状況を把握できます。
この情報は役に立ちましたか?
優先度は、問題や質問がビジネスに与える影響やその緊急性に関する情報をWorkplaceサポートに提供するために使用されます。各優先度に関するガイドラインを以下に示します。
高優先度: ビジネスへの影響が重大
ビジネスに重大な影響があります。この問題が原因で、利用者が業務を行うことができません。至急対応が必要です。回避策はありません。
例:
  • すべての利用者がWorkplaceにログインできない。
  • すべての利用者について、Workplaceの主要なコンポーネント(グループ作成など)が機能していない。
  • 企業のCEOなど重要な関係者が、Workplaceの主要な機能(ライブ配信など)を使用できない。
中優先度: ビジネスへの影響が中程度
ビジネスにある程度の影響があります。この問題が原因で、一部の利用者が業務を行うことができません。回避策による対応が可能です。メイン以外の機能を利用者が使用できない状態です。
例:
  • 一部の利用者がライブ配信を開始できない。
  • Workplaceのメイン以外のコンポーネントが通常どおりに機能していない(例: Macユーザーが動画をダウンロードできない)。
低優先度: ビジネスへの影響が低い
ビジネスへの影響は低いです。一時的な問題です。回避策による対応が可能です。影響を受けるのは全利用者の5%未満で、Workplaceの主要なコンポーネントに関わる問題ではありません。
例:
  • 1人の利用者が、グループにリンクしているチャットスレッドを確認できないことがある。
  • 一部の利用者が、Android携帯では動画をダウンロードできないが、ラップトップやiOSデバイスではダウンロードできる。
  • APIの使用や開発者サポートに関する比較的重要度の低い問題。
注: 優先度を設定する主な目的は、問題がビジネスに与える影響やその緊急性をWorkplaceサポートチームに伝えることです。優先度の設定によって問題解決までの時間が短縮または延長されるとは限りませんが、より影響の大きい問題や緊急性の高い問題にチームが集中できるようになります。
この情報は役に立ちましたか?
その他のサポート
カスタマーリソースセンターには、Workplaceのベストプラクティスやリソースがすべて集められています。Workplaceを導入する際や、組織内で迅速に結果を出すためにお役立てください。
この情報は役に立ちましたか?
ステータスページは、workplace.com/statusで公開されています。Workplaceのウェブサイトのフッターにも、ステータスページへのリンクが表示されています。
問題が特定された時点、問題のステータスに変更があった時点、問題が解決された時点で、ステータスページにエントリーが追加されます。
アップデートをフォロー
Workplaceステータスパブリッシャー統合をWorkplaceグループに追加できます。問題の発生や解決がWorkplaceステータスページに表示されると、この統合によってグループにも表示され、メンバーにプッシュ通知やお知らせメールが届きます。
統合を追加するには:
  1. 管理者になっているグループで、[その他]をクリックし、[統合]を選択します。
  2. [Workplaceステータス]をクリックします。
  3. [追加]を選択します。
お使いのRSSリーダーでWorkplaceステータスのRSSフィードをフォローすることもできます。
この情報は役に立ちましたか?
問題を報告する
Workplaceで問題が発生していると思われる場合は、その問題が他の利用者に影響を及ぼしているどうかをworkplace.com/statusで確認できます。Workplaceのステータスページに表示されるのは、Workplaceの主要な機能に影響する問題に限られます。主要機能はステータスページの上部に掲載されています。
Workplace管理者は、主要機能に発生している問題がステータスページに表示されていないことを発見した場合、サポートチームにサポートチケットを送信できます。
この情報は役に立ちましたか?