Workplaceのシングルサインオン(SSO)の概要

この記事は、WorkplaceアドバンスまたはWorkplaceエンタープライズの利用者のみを対象としています。
Workplaceは、ユーザー認証を管理するためにアイデンティティプロバイダー(IdP)と統合できます。統合すると、他のシステムで使用されているのと同じシングルサインオン(SSO)認証情報を使って、Workplaceに簡単にログインできるようになります。
また、複数のSSOプロバイダーをWorkplaceに追加して、複数のIdPを同時に利用することもできます。
WorkplaceのSSOを直接サポートしているIdPは以下のとおりです。
上記のパートナーは、認証用のSSOに加えて、アカウントの自動プロビジョニングと利用者管理もサポートしています。
注: Workplaceは、SSO用にSAML (Security Assertion Markup Language) 2.0をサポートしています。上記のIdPのほか、SAML 2.0プロトコルに対応しているIdPをご利用いただけます。
この情報は役に立ちましたか?